第30回九鼎会九州漢方合宿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開催時期

2008年10月18・19日

開催地

ホテルサンクラウン大阿蘇(熊本県阿蘇市)

#alpslab_slide

参加校(太字は主幹校)

  • 大分大学(4名)
  • 熊本大学 (12名)
  • 鹿児島大学(6名)
  • 佐賀大学(7名)
  • 宮崎大学(9名)
  • 韓国・暻園大学校韓医科大学(2名)

参加者総数44名(医師3名・韓医師1名を含む)


内容

  • 研究発表(基礎)「傷寒」
    • 傷寒総論(大分大学)
    • 傷寒の歴史(佐賀大学)
    • 傷寒の弁証(鹿児島大学)
    • 傷寒と温病(宮崎大学)
    • 傷寒の症例(熊本大学)

  • 研究発表(臨床)「傷寒」
    • 花粉症(鹿児島大学)
    • 感冒様症状(熊本大学)
    • めまい(大分大学)
    • 耳鳴り(佐賀大学)


  • 薬草観察
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
添付ファイル





あなたは
- 人目の
お客様です

メニュー


九鼎会アーカイブス

一般の方向け

医学生・医療関係者向け


QRコード