megane530000

合計: -
今日: -
昨日: -



基本情報

名前 megane530000またの名をジンベエザメ、ダイオウイカの手先、タイラントの股間
ジャンル 雑談、花占い代行
性別
年齢 29
Webカメラ あり
マイク あり、タイソンや眞木も所持
配信時間帯 不定期 20時~22:30くらいでやっていることが多い
配信者ページ http://livetube.cc/megane530000/
配信通知設定
避難所
Twitter
アゴ:megane530000_

実況作品名など

  • アゴ雑談

特徴

  • あごとアゴと顎が目立つ
  • 基本的にコメントはちゃんと反応するいいアゴ
  • ツッコミに定評がある
  • 某モノマネがおもしろい
  • 現在家主ことショタ好きがヨダレものの中1宅に居候中
  • 嫌われる勇気という本を毎日欠かさず愛読
  • 小説書きながら配信したりするがあくまでもメインはR状のしゃくれたアゴと中1
  • 配信の人気の8割近くを中1のおかげでたもっていると噂だが、決して中1の配信ではない
  • 基本アゴをいじる配信だが、たまに真面目な話になる。ただアゴること(バッファ)が多く建て直しするとすぐ流れが変わる
  • リスナーの中には研修医、教師などがいる事もあるが大半は無職童貞
  • たまにゲイガチホモリスナーが湧くが、アゴは女以外愛せません
  • 最近はキャプ職人が登場し、くしゃみをする顔が撮影される
  • 2010/10くらいに吉野家を辞め、掛け持っていた自転車屋さん一本になる
  • 2011/4/3からは正式に社長の会社に就職し、人生初の正社員となる

以下、2017年4月の更新分

  • 2015年以降はアゴの彼女との同棲に伴い、配信されずにいたが、2017年3月末の破局に伴い再開された。
  • 口コミと古参リスナーによって支えられるジジイのやってる豆腐屋のような配信(アゴ談)

中1とは

  • アゴと友達になったり、居候させてあげたりするとってもいい人
  • アゴと同級生だが、同じ24歳である。顔が中1っぽいから中1
  • アゴもそうだが年齢詐称もいいところ。あだ名は他に、かわうそ、青木、若林、勝見などなど
  • ジャージを着ている確立が高い。特に緑がお気に入り
  • 将棋が得意で、過去に将棋配信をしていた
  • 見た目があまりにも24歳ではないためタバコを買う際、行きつけの店なのに二回に一回は年齢確認される
  • 一見配信に無関心に見えるがかなり緻密な計算を立てている
  • たまにサプライズで面白いことしてくれる(そのせいでLAN抜ける事件発生)
  • アイスが好き(スーパーカップのバニラ味)
  • 左利きから右利きに矯正したため箸の持ち方が下手
  • 初体験は高2。中3の子とネットで知り合ってしたらしい
  • とある配信者と交際していたが別れてしまい、アル中になってしまった。

以下、2017年4月の更新分

  • 配信のない間もアゴとは月に1度ほど会い遊んでいた。
  • アゴの鬱病が復調して来た頃、アゴは不眠の改善の為に3日ほど入院する事になっていたが、その前日に「齊藤くんの誕生日と隔離病棟出発及びロボトミー手術を祝う会」を催し、夜通し桃鉄をして遊んだ。
(実際は検査の入院だったのでサナトリウムにも入ってないし、頭も開いていない)
  • 3月にアゴが破局した直後にも会っており、夜通しの桃鉄→朝飯にラーメン→一緒にスーパー銭湯へ行って遊んだ。
その際にアゴは中1のお下がりのパンツ(洗濯済み)をもらっており、自身の所持するダルダルのパンツより程度がいいと、よく履くようになる。

※以下は「最近の中1情報」としてアゴが配信中で公開できるギリギリの事として発言したものである

  • ボリビア人の彼女がいる
  • カンボジアを始め、海外で地雷を撤去するNPOに参加している
  • 2時間セーブなしでやっていたパワプロ(PS3)が途中で止まってしまいイラついてコントローラを投げてしまった際、海外出身でDVに敏感な彼女に取り押さえられ腕を骨折した


アゴとは


  • アゴは芸能人でいうと光浦、土田、もたいまさこ、ジャイアント白田、TOSHI
  • 北海道生まれ(貧乏で母親の耳カチカチ事件)
  • 大阪の西成で暮らしていた時期あり(関西弁に多少のトラウマできる)
  • 元大阪のラジオADをやっていたが週一のペース、バイトメインのため、小説家の夢を追いかけることに
  • 現在は吉野家と自転車屋でバイトしており多忙な日々を送っている
  • 座右の銘は「生まれてごめん」、好きな四文字熟語「他力本願」、好きなことわざ「百害あって一利なし」
  • アイスが好き(スーパーカップのチョコクッキー味)
  • キラキラの黒い服が好き
  • ちなみにアゴの小説置き場はここ
  • 2010/6/17~6/18 24時間配信達成
  • Megumixを視姦している
  • 一時期ネオナチにかぶれ、多数のリスナーをガス室に送った
  • 高校時代はセンター分けの髪型。中1いわく「毎日がお盆。気持ち悪い」
  • 専門学校時代はhideに憧れピンクヘアーとなり、宮村優子にコレ地毛?と言われながら引っ張られた
  • 糖尿病であり、足が壊死しているが本人は気づいてない
  • 彼女に送った一番恥ずかしいメール内容は「あいちてゆ♥」
  • その昔the pillowsの山中さわおとAKB48のメンバーに会ったことがある模様。
  • 2010/8/10 第1回オフ会開催 参加者はアゴを抜いて3名
  • 2010/11/27 社長によるドッキリでアゴ、中1、風都君、あきひろさん、ナボナの5人による突発配信者オフ会が開かれる
  (その模様はナボナのツイキャスで観られるが、ほとんどナボナの顔しか映っていない)
  • 2010/11/28 アゴ、中1、cimesyou、ナボナの4人で中1宅から配信。cimesyouのおかげでリスナー200人以上を動員。ありがとうございました
  • 2010/12/7 第2回オフ会開催 参加者はアゴ、中1を抜いて6名に膨れ上がる
  • 2011/1/2 新春スペシャル配信にてアゴ、中1ともに女装を公開。メイキャップはまゆさんによるもの
  • 2011年現在、バンド活動も視野に入れている
  • 2011/1/25 IQが「110」である事が判明。友人でありリスナーのかっぱに負けている
  • 2011/2/22 らいつべ全土を巻き込んだ「第1回 Livetube統一デカチン王決定戦」において初代チャンピオンに認定される(キング、お袋様の異名を得る)
  • 2011/3/3 風都君、中1の両名が遥々片道3時間の道のりを越え長野まで出向き、ロイヤルアントラーを拉致しに行くという作戦を決行する。この時アゴは自宅でいつもどおり配信をしていたが決行中の「恐怖のロイ登場、寝起きドッキリ代作戦」の事は一切知らず、中1のいないまま就寝した。しかしその日の未明、ロイヤルアントラーに左肩を掴まれ、「You BAN(ゆぅぅぅぅぅうう~~ぶぁぁぁぁああ~~~~ん!!!!!!!!!!)」の怒声でおきた時に、全てを悟った。その後megane530000名義でアゴ、中1、風都君、ロイヤルアントラーによる奇跡の4人配信が行われた
  • 2011/4/3 社長の会社に就職する。
  • 2011/5/6~2011/5/20の間、千葉の自動車学校に合宿で入る。2011/5/23 本免試験に合格し、その30分後には首都高に乗り金玉が縮みあがる。
  • 社長レイアウトによる一人暮らしの自宅からの配信が不定期で始まる。
  • 2011/6/2 中1配信にてらいつべキングに襲名する


以下、2017年4月の更新分

  • 鍵師になってから2015年後半までは仕事と彼女との同棲が始まり配信をほとんどしなくなる。
  • が、2015年末に鍵師を退職、その後は印刷工場で勤めるも重度の帯状疱疹を発症し仕事を休んでいると1週間でクビの通知が届いてしまい退職。
  • その後すぐにSEIYUと公民館の受付のアルバイトを掛け持ちで始める。
  • SEIYUのアルバイトが1年を迎える頃、アゴがお客さんに「傷んだトマトがあったので交換してほしい」と頼まれ、品出し担当で権限のないアゴは当時の店長に取り次いだ、が、後から呼び出され「あんな事で俺を呼ばないでくれる?」と言われ「はぁ?俺だってタイムカード押して1歩外出たらここの客だぞ?」と店に対して義憤にかられ退職する。その後は1度もそのSEIYUに行っていない。
  • その後はもう1つしていたアルバイトに集中し勤労に精を出す。
  • 2016年8月をもってアルバイト先の正社員となり、ガスや水道の工事、リフォーム等を行う部署での勤務となる。
  • しかし3ヶ月ほど経過した2016年11月頃、食事や入浴などの記憶が飛び始め「身に覚えのないパンのゴミが部屋にある」や、頭にドライヤーを当てながら「風呂入ったっけ?」と言ってしまうなど、笑えない状態になる。
  • ほどなくして眠る事が出来なくなり、日常生活がほとんど行えず、仕事も無断で欠勤してしまうようになる。
  • 無断での欠勤は1ヶ月ほど続き、その間は「寝ているのか起きているのかわからない」「立っているのか座っているのかわからず、移動時に転ぶ」「時間の感覚がなくなる」「食べると吐く」「味覚、色覚が薄まる」「テレビからの音や声が理解できない」「文字が書けない」「声が出ない」「眠れない」という状態であった。
  • そういった生活の中、勤め先の会社の方がアゴ宅を訪問、アゴはその時泣くしかできなかったものの疲弊ぶりを目の当たりにした会社の方はすぐに病院を手配し、診断を受けさせる。
  • 診断の結果「鬱病であり、休養が必用」とされる。
  • 診断が出た際、医師からは「北海道の実家に帰るべき、北海道の病院にも紹介状を書く」とされるも、事実上は帰れる状態でなかった為、勤め先の会社でアゴ宅を訪問した方と他愛ない会話をする事でカウンセリングのような事を続ける。
  • 医師や会社の方との相談により鬱病の原因が「どうしても性格が合わない」且つ「重度の栃木訛りで何を言っているかわからない」人と常に居続ける業務にあるとされ、別部署の移動と水道高熱費の立て替えなど親身な対応をしてもらう。
  • その甲斐あって徐々に体調は改善され、上記の様々な症状に「治ってから気が付く」事になる。
  • 最も病状の酷い時の記憶はあまり残っていないがテレビの中で「爆笑問題の太田が一番何言ってんのかわかんなかった」のは覚えている。
  • 2月から以前と別の部署で職場復帰を果たし、学校用務の仕事に就く。
  • 3月末、彼女と別れてしまい、配信に没頭するようになる。
  • 別れた原因はアゴが結婚に漕ぎ着けられず時間がかかり過ぎてしまった事。



配信名物・無茶モノマネ振り 雪崩式、アゴ系統全般


配信中の名言・迷言

  • 「あ・・・あの・・・ああああああああああ」
  • 「でぃすってないです。」
  • 「汚な臭っ! くさくさっ!」
  • 「お前と(ベッドの上で)疲れたい」(バイト先のかわいい娘に「お疲れ様です」と言われた際の返し言葉)
  • 「Flagship」
  • 「オメェ、バァカじゃネイノー?」
  • アゴ「俺、浮気した事ないし」
   →リスナー「お前がそれ言うってホームレスがワイロもらった事ないって言うのと同じだろ」
  • アゴ「俺、職場の女の子とかめんどくさくなりそうだから手出した事ないし」
   →リスナー「お前がそれ言うってホームレスが焼肉は服に臭いつくからちょっと・・・って言うのと同じだろ」
  • サムライうさぎの話に熱の入ったアゴの「しのがねぇ」といううっかり中尾彬発言
  • 自分の顔についてのっぺらぼうと比較され「のっぺらぼうは真っ白なキャンパス、なんとでもできるだろ」としたうえで、
   「キャンパスにウンコがぶちまけられててカサカサに乾いてんだよこっちは」 と自己評価した。


主が行ったネ申プレイ・m9プレイ

  • アゴキツツキ(脳に悪いらしいのでリクエストは一日3回までにしてあげると本人が喜ぶらしい)
  • どや顔(みるともれなくウゼェwwwwwってなるので気をつけるといい)
  • No メガネ(言わずもがな)
  • アゴ土下座
  •  へ      へ
    。     。

       J


           3

  • アゴアゴパニック(略称:アゴパ)を求められた際の対応
  • 「アゴちゃん好きだよ」的なコメントの後に「ちな童貞ww」と暴露するリスナーとのやりとり
  • 「自遊する」という言葉の発明(シコる事の暗喩、リスナー考案)
  • リスナーによる稲J(稲川淳二)口調への誘導の対応
  • リスナーによるアウトレイジネタ(ビートたけし)への誘導への対応 (後述の「アウトレイジネタとは」を参照のこと)
  • リスナーによる刃牙ネタ(オイオイオイ)への誘導への対応 (後述の「刃牙ネタとは」を参照のこと)
  • ナンダカンダ/藤井隆 のチャージと爆発 (後述の「ナンダカンダとは」を参照のこと)
  • 「小学生みたいなやり取りだな!」というコメントをキレたカンニング竹山風に過剰な大音量で読み上げ、その後コメントの流れを再現し「何をそんなに怒ってるの・・・こわいよ」と引くくだり




ゲーム配信クリア履歴

  • スーパーマリオ2(D-4まで)
  • スーパーマリオ3
  • スーパーマリオUSA
  • スーパードンキーコング
  • スーパードンキーコング2
  • Megaman X

配信中の流れの解説



►ナンダカンダとは

この項目では、アゴ配信において発生する現象について説明しています。藤井隆の楽曲「ナンダカンダ」についてはWikipediaをご覧ください。

「ナンダカンダ」「藤井隆」「隆」とは、アゴ配信においてしばしば発生する一連の超自然的現象の総称である。

概要


「ナンダカンダ」は、アゴ配信の雑談に 「タカシミナル」 (藤井隆及びその楽曲「ナンダカンダ」の歌詞を潜在意識レベルでわずかに感じさせるようなコメント)を紛れ込ませることにより始まる。
 タカシミナルによって藤井隆の幻影を追い求めるようになったアゴ、リスナーの両者は 「隆過敏」 (世界の全てが藤井隆と関連しているかのように知覚してしまう状態)と呼ばれる境地へと至り、その通常とは異なった意識状態(トランス状態)から、藤井隆の楽曲「ナンダカンダ」を聴くことを 強く希求するようになる。
 一般的にこの隆過敏の状態が長ければ長いほど、アゴによって楽曲「ナンダカンダ」が流された際のカタルシス (カタカシス) が高まると言われており(要出典)精神のさらなる浄化を求めるナンダカンダ経験者たちが、直接的なコメントで早々にカタカシスを得ようとするリスナーを「まだ早い」とたしなめる場面もしばしば見られ、”やりがいあふれるレースのジレンマ”として知られる(要出典)
 配信者(預言者)であるアゴが隆過敏の極致に達しついに楽曲「ナンダカンダ」が流され始めるとリスナーたちは何の曲か分かっていながらも 「ナンダナンダ?」 というコメントと共にイントロを聴き、歌詞を書き込み、Aメロからアウトロに至るまで 歓喜と浄化の涙を流し続ける。


聖典


自分よりツイてない 誰か見て安心かい?
自分だけは"例外" 思いたくて勝手言った

いつからか昼と夜が 行き違った生活で
ふさぎこまないでどうか 目を覚ませ 道を探せ

なんだかんだ叫んだって やりたいことやるべきです
あんたなんだ次の番は やりがいあふれるレースです

寝不足にて疲労 疲れすぎてどうしようと
うかがう顔色も 気にしすぎてこの行動

はみ出す勇気をどうか 絞り出して立ち上がれ
ほんの少しの気合いだ 目を覚ませ 泣くな 笑え

なんだかんだ夢見たって 問題ない世の中です
あんたなんだ次の番は みんなに愛呼びかけて

あるべきはずメリハリが なさすぎるTVの前
平和ボケしてませんか? 目を覚ませ 今だここで

なんだかんだ叫んだって やりたいことやるべきです
あんたなんだ次の番は みんなに愛呼びかけて
なんだかんだ夢見たって 問題ない世の中です
旦那さんが次の番だ 夢が叶う来世紀です

評価


ナンダカンダ経験者の歓喜の声(抜粋)

”このちょっとでも引っかかるワードをみんなで探る感じ大好き”

"すごいなこの放送。全てのフラグを回収していく邦画を見た後の心地よさが全身を波打ってるわ"

"この気持ちでセックスしたい"


►アウトレイジネタとは

 映画「アウトレイジビヨンド」の動画がコメント欄に貼られた事をきっかけに、そのシーンの全員悪人ぶりからアゴのモノマネ、リスナーの改変コメントが盛り上がり、以降定番ネタと化す(予定)。

よく使われるフレーズ

  • ビート(北野武)
木村、もういいよ、帰ろう 」「なめてねえよバカヤロウ」
「時間の無駄だっつってんだコノヤロウ」「タダじゃおかねえならどうすんだよコノヤロウ」
「やれよコノヤロウ、早くやれっ、 オモチャかそれっ
「だからやってみろっつってんだろコノヤロウ、 チンピラッ、やれっ
野球やろうか!

  • 西田敏行
「会長がわざわざ忙しいのに会ってくださってるっちゅーのに、おん? 帰るやと、コラ? お前らが帰るか帰らんかは、こっちが決めるんじゃい、ボケェ!」
詰めるゆうたら道具いるやろ、何が欲しいんや、何が欲しいゆうてるやろ、ドスか、包丁か、出してやろうか

  • 木村(中野 英雄)
「これでいいんスか」(小指を噛み千切りながら)

元ネタはこちら


►刃牙ネタとは

 人気コミック「グラップラー刃牙」第1巻の超名シーンを引用したネタのこと。
ネット上にて数多のコラが制作され、アゴ配信においてもセリフの改変がコメントによってよく行われている。
以下に元ネタであるセリフを列挙する。

「オイオイオイ」「死ぬわアイツ」「ほう炭酸抜きコーラですか・・・たいしたものですね」
「炭酸を抜いたコーラはエネルギーの効率がきわめて高いらしく レース直前に愛飲するマラソンランナーもいるくらいです」
「なんでもいいけどよォ」 「相手はあの末堂先輩だぜ」
「それに特大タッパのおじやとバナナ これも即効性のエネルギー食です  しかもウメボシもそえて栄養バランスもいい
「それにしても試合直前というのにあれだけ補給できるのは超人的な消化力というほかはない」

配信においてはリスナーの「オイオイオイ○○するわアイツ」「ほう○○ですか・・・たいしたものですね」というコメントに対し、アゴが「○○もそえてバランスもいい」と返したり、話題がひと段落したところで「なんでもいいけどよォ」というコメントをはさみ、流れをまとめることで配信にリズムをつける役割を担っている。


アゴ以外の登場人物



※この項目は、過去に登場した人物とアゴの関係がほぼ断絶してしまった為、2017年4月以降の更新分が上に来るようになっています。

►ドタ袋キャン太郎
最近、ギターを練習し始めたというリスナー。
名前の由来は、元々趣味でベースを弾いているアゴ(下手)に「一緒にスタジオ行って合わせてみん?」と連絡をくれ、話は進んでいたが間近になって「スマホ壊れるし歯ぁボロボロんなるしガチャガチャですわ」とドタキャンせざるを得なくなってしまった事からリスナーが命名。

アゴはドタキャンに対して、その理由が面白かった為まったく気にしていなかったが、キャン太郎本人からお詫びとして「猫の為だけの物リスト」より「猫草育成キット」が、そしてリスト外からも「なんか健康にすごく良さそうな猫の餌」がアゴの元に届けられ、同封されたギフトメッセージにも、堂々と「ドタ袋キャン太郎」と記載されていた。 

►俺女さん
アゴにカーテンを送ってくれた人。
実は7年ほど前にアゴが中1宅で配信を始めた頃からの古参リスナーで、現時点では恐らく最古参のリスナーである。

名前の由来は、当時から「女性が同席するとどうしていいかわからず緊張のあまり全身から発汗し、呼吸のリズムも整わず舌を噛みきって死んでしまうのでとにかく女性を攻撃する童貞リスナー」ばかりだったアゴ配信において、気を遣って一人称を「俺」としていてくれた事から。

女性と発覚したのは、7年前当時から様々なチンコの話で白熱していたアゴ及び中1、そしてリスナー達の中で唯一、女性目線のチンコに対する見解を披露し議論に深みを持たせてくれた際、上記の理由を説明してくれた。

カーテンを送ってくれたのは、ゴールデンウィークに入る直前、部屋に差し込む直射日光により発狂し煮え死にそうになっていたアゴのツイートを見かね、現在使っていないカーテンを送るという菩薩的な計らいで実現した。

他にも同封された物は、カーテンの他にも特大ジップロックに入ったうどん(乾麺)とダシ醤油、これは速効性のエネルギー食であり、汗拭きシートや団扇も添えられ暑くなる時期でのバランスも大変良い組み合わせである。



►Webカメラをくれた人
あまりにも明度が低く低解像度の配信環境に業を煮やしWebカメラを送ってくれた人物。

LINE@というアゴのLINEサブアカウントで友達登録となっており、そこを経由しアゴの本当の住所を知る人物。

LINEを通じてすらわかる出来た人間性からアゴは住所を伝える事に全く抵抗なく、滞りなくWebカメラの受け渡しは行われる・・・
はずであったが、郵便局側のミスにより荷物の到着が大きく遅れ、その頃にやっと「もしかしたら悪い人だったのではないか」とアゴは不安に駆られた。

しかしその後、荷物はシレっとアゴ宅の宅配ボックスに入れられ、信頼関係及びアゴの精神状態も事なきをを得た。
郵便局からの確認やお詫び等は一切ないままである。

また、発送の際にWebカメラを包む緩衝材としてチャオチュールが使われていた事は、超人的な気遣い力と言うより他はない。


  • LINEコテ
アゴの配信再開後にすぐさまTwitterフォロー、そしてLINE交換を済ませたリスナー。
アゴとはLINE交換を済ませた次の日に会うというアゴリスナーには珍しく積極的な人間。
北千住でのタイマンオフから確認された情報は「見た目からしてヒップホップ好き」「北海道出身」「高校の頃にネットポーカーで稼いでいた」「このあと秋葉原に水タバコを買いに行く」など本来であればアゴとは決して交わることのない世界線で、クラブのトイレで隣の個室から回ってきたドラッグでもキメいるようなスタイルであるが、実は5年ほど前からアゴ配信を見ている古参リスナーらしい。

よし---と。


►ジェロニモ
アゴが鍵師の時代にツイッターで知り合った人物。
名前の由来はツイッターアカウントそのまま(現在は変更されている)
京都在住

初の顔合わせはアゴが気軽に中1の誕生日に呼んでみたら京都から駆けつけ、アゴ中1両名ともヒいた状態だった。
しかしその日の内に「上野動物園行くってのに3人ともパンダを無視してゴリラを見たがる」「同い歳」「北国生まれ」「バカ」「よく歩く」など多数の共通点が露呈し、意気投合した末に約12時間ほど飲み交わした。
その中で「岩手から京都への旅行中に3.11があり帰れなくなり、車中泊をしている間に車のタイヤが前後対角線にパンク、途方に暮れながらも通ってもいない大学の新歓花見に紛れ込んで飢えをしのぎそのまま京都に住む事になった」というオシャレなエピソードを披露し、同じく3.11時に世田谷でスーパーの食品買い占めに合い遠隔被災したアゴが共鳴した。

その後、岩手に帰らず京都に住み着いたジェロニモに、アゴの方からは2度会いにも行っている。 

1度目には京都に到着したジェロニモにアゴから連絡をするも繋がらず、不信に思いつつ京都タワーの写真をインスタグラムにアップした所、なんとそこにジェロニモからのコメントが付き「お前、連絡したんだから出ろや!」「はぁ?来てない来てない、もしかして君、旅きっかけでアドレス変えるタイプ?」など見苦しいやりとりをネット世界に晒す事になった。
結果的に原因はジェロニモがケータイ料金を払い忘れていた事であり、京都駅前の喫煙所でアゴが「やっぱ止まってんじゃねぇか!!」と叫び、近くにいた知らねぇおっさんの笑顔で終劇となった。
2度目のアゴ京都遠征では、せっかくの京都をジェロニモ宅と近所とリサイクルショップのみで過ごし、はんなり感のない地元で過ごすマイルドヤンキーのように楽しんだ。
が、アゴの帰路は深夜バスだったので京都駅まで見送りに来たジェロニモは「何年も住んでる京都のバスを間違え自宅とは全く違う方向に向かう」というマジボケをかましてくれた。
ちなみにその時のジェロニモの所持品は「100kgの重さに耐えるライトニングケーブル」と映画「チャッピー」のDVDのみである。

現在はアゴと「架空のカンフー映画の話で盛り上がる」や「自作の新ダジャレを飛ばし合う」など、LINEやツイッターで無駄なパケット消費を繰り返している。

配信中にアゴへ直接LINEを飛ばすリスナーの1人。

そして2017年6月、配信活動をスタートさせる。


2017年8月20日~22日には東京へ来訪し、アゴ宅に2泊している。
以下はその間のアゴとジェロニモの行動となる。

  • 8月20日 
この日、前々から打合せを交わしジェロニモの東京襲来は決まっていたが、アゴにはジェロニモのスケジュール(京都から岩手へ行き帰省兼物件探しをし東京へ向かう)次第で20日の東京着時間が前後すると伝えられ、ジェロニモからはわかり次第連絡するというままであった。

しかし、19日夜の時点でもアゴに連絡はなく「何時にどこで集合」という待ち合わせにおいて最も必要な情報が秘匿されたままとなっていた。

平時よりジェロニモのツイートは全て通知設定し監視しているアゴは、当然19日時点でもジェロニモの行動を追っていたが、そこにも「東京にはいつくらいに着く」という記載はなく、痺れを切らしたアゴが自身の配信を開いた後にLINEでジェロニモに問い合わせし、なんとか「12時頃に東京駅に着く」事が確認され、配信を閉じた後にアゴは自前のホワイトボードに起床から東京駅着までのスケジュールを書き込み就寝した。

が、翌朝になってジェロニモから「新幹線混みすぎてて乗れなかったから、13時に上野駅にしてもらっていい?ガハハw」とのLINEがアゴのスマホに入電し、前日に立てたアゴ時刻表は完全に破綻した。

しかしアゴにとっては「時間も遅くなり待ち合わせ場所も近くなる」という好条件だったため、アゴは前日に職場でした忘れ物(水道代の支払い用紙、電気代の支払い用紙、スマホの充電器)を回収し、尚且つ、その足で水道・電気代の支払いまで完了する人間離れした神業的待ち合わせ場所集合に成功する。

上記の神業で、結局ジェロニモの到着より40分ほど早く着いてしまったアゴは、自身の「調子よくて30%、調子悪くて50%のバッテリー残量を切ると電源が落ちて充電しながらじゃないと起動出来ないスマホ」の為に必死で充電スポットを探し、シアー・ハート・アタックに追われる康一くんと同じ「下痢腹かかえて公衆トイレ捜しているほうがズっと幸せ」な気分でなんとか上野駅前のプロントに飛び込んだ。

結論から言うと、プロントに充電コンセントはなく、地下で電波が入りにくい為、スマホのバッテリー消費はますます加速することになってしまったが、外があまりにも暑かったためこの問題は無視する事にし、ジェロニモへ上野駅到着をLINEした。

するとジェロニモから「居眠りしてたらもう着きそうだわ、あそこいてもらっていい?不忍池、両津がお堂燃やしそうになったとこ」と返信があり、了解したアゴはプロントを出たが、その瞬間に再度ジェロLINEが入電、今度は「やっぱ西郷隆盛像の前でいいでゴワスかね?ガハモハンww」と長い階段をわざわざ登らなければならない上に修学旅行生すらしないであろうベタな待ち合わせ指示に従った。

土地勘のあるアゴは難なく西郷隆盛像の前に到着しタカちゃん(西郷隆盛)の愛犬である「ツン」の写真をツイートしてジェロニモを待ち構えたが、土地勘のないジェロニモは中々来ず、アゴは炎天下に25分ほどトンボを追っかけたり花壇に座り込んで待つ事を余儀なくされてしまう。

さすがにトンボ追いにも飽きた頃、小型冷蔵庫ほどの大きさのリュック(ジェロニモ命名:ベッソン)を背負ったジェロニモが到着。
久々の再会にアゴは「あれ?ジェロニモってこんな背ぇ低かった?」という言葉を飲み込み笑顔で迎え、喫煙所に向かった。

喫煙所までの道中で、ジェロニモの12年来の友達だという「山田氏」と合流する手筈だと知らされたアゴは、山田という名字から勝手に「赤い着物着て座布団抱えた天パのマンション経営ボロ儲けチビジジイ」を想像し探していたが、実際に現れたのは身長180cm以上はある痩せ型で色白の青年で、パッと見がモロに量産型ヱヴァあることに衝撃を受ける(ファーストインパクト)

そして自己紹介を済ませたときにアゴは「この人の声、マンボウやしろにそっくりじゃんッッ!!」と内心衝撃を受けた(セカンドインパクト)

3人がそろいタバコも吸い終え、昼食の為にジェロニモが予約した店へと移動を開始した矢先、あまりにも大きなジェロニモの荷物を見たアゴと山田氏が「そんなもん担いで東京の街ウロついてたら移動しづらい、下手したら店に入れてもらえないだろ」とボヤき初め、上野駅のコインロッカーへジェロニモのリュック(ジェロニモ命名:ベッソン)を詰めてからの移動となった。

その後は足取りも軽く店へ向かい、ジェロニモから店の名前が「肉の国」だと明かされた際には3人の足取りはさらに加速した。
※「肉の国」という言葉はアラサー男性にとって「ラ・ラ・ランド」や「ザ・ワールド」更には「セブンスヘブン」と同義な為

無事に「肉の国」に入国を果たした3人は、それぞれが全員お喋りクソ野郎(オシャクソ)であるため会話も途切れず、ジェロニモからは「食べる為の口と喋る為の口が2つ欲しい」との言葉も飛び出るほど盛り上がり、会計は大金を手にしたジェロニモが行った。

その後続けて、この日は二軒目となる居酒屋「一軒目」に流れ込み、通算6時間ほど飲み食いを続け、〆には3人でクレープを食べるほどであった。

その後山田氏を見送った後、アゴ宅に向かったアゴとジェロニモは、重度の配信依存症らしく堂々の2人配信を行う・・・予定であったが「ジェロニモのポケットWi-Fiルーターで配信すると何度やってもバッファする」という謎現象に襲われ立て直しを余儀なくされる事となった。
(アゴのルーターでやると1発で何の不具合もなくスムーズに成功した)

Wi-Fiルーターの性能の差はさておき、ジェロニモが普段の配信で使用している高性能マイク(ジェロニモ命名:タイソン)のお陰でいつもとは違うクリアな音声で配信できるはず・・・と思いきや、ジェロニモがマイク(ジェロニモ:命名タイソン)の配線を間違えるという凡ミスをカマして一時音声のない配信であった。

その後、問題は全て解消し2人での雑談や「クジでランダムに決めた架空の映画タイトルについて語る」ゲームで楽しんだ。
(ゲーム中最高傑作だったタイトルは『ゾンビに向かって撃て!!』で、次点は『スワン・クロスボウ』)

雑談の終盤では、ジェロニモにあげたお土産(アゴからはジェロニモが配信で使うマグカップ←これも前日職場に忘れて来てた物 山田氏からは『ツナ缶の薄い本』)の紹介があり、逆にジェロニモからアゴへのお土産(秋田名物:いぶりがっこ、青森名物:気になるリンゴ、三重名物:赤福)の紹介も行われたが、そのときに赤福の消費期限が「8月19日」で既に過ぎており、尚且つ購入後は1度も冷蔵庫に入れられていない事が判明した。
(折しもポテトサラダからO-157が検出されたニュースが全国を駆け巡った時期である)

  • 8月21日
この日はアゴが仕事の休みを取った為、2人で朝からの行動となった。

前日に「カメラ配置変えの為に秋葉原でケーブルを買い、上野動物園にゴリラを見に行こう!!ウホホ!ウホウホ!!」と予定を立てていた2人であったが、アゴがなかなか起きなかった為、ジェロニモは苦心の末「アウトレイジ・ビヨンドから『大友(北野武)と花菱会の幹部(西田敏行・塩見三省)が大声で罵倒し合うシーン』の動画」を爆音で再生しアゴの耳に近付けるという方法でアゴを起こした。

そしてノソノソと準備を進める際、何となく点けていたテレビでやっていたビジネス英会話の番組を見ながら、ジェロニモは「ふぅん、ビジネスでもその文法でいいんだ」や「transferったらアレよ、送金の事よ」など、さすが大学入試をclearしたbrightな一面をアゴにlookさせた。

準備が整い秋葉原に行く際は、電車内で荒川を越えたときにジェロニモが「ふぅん、広い川だね、これ隅田川?」とわりと大きな声で発言した意外は問題なく、2人で「映画のタイトル・役名・俳優・監督の名前しりとり」をしながら到着しお目当ての物を購入。
更にはアゴの欲しがっているカメラCanonのEOS m6(アゴの欲しいものリスト参照)も見る事ができ、本気で欲しくなったりもした。

その後、クレミアソフトクリームを食べながら踵を返し一路上野駅へ。

上野駅到着後、ジェロニモに触発されたアゴはポケモンGoを再インストールし、2人はロケット団ばりにゴースを乱獲しながら上野動物園前に到着、しかし上野動物園は完全に休園日でありゴリラどころかゴリラの飼育員さんすら見られない状況であった。

この状況を直視出来なかった2人はなるべく動物園を視界に入れないよう逃げ出し、途中の喫茶店でアイスコーヒーを飲みながらポケモンGoの話をしてなんとか精神的なHPを回復した。

が、アゴのスマホはポケモンGoのプレイに耐えられず電源からシャットダウンしてしまう。

さすがに心にキたアゴは、ジェロニモにスマホの機種変をしたいと持ちかけ、上野のauショップを調べてもらい、機種変更に臨んだ。

auショップ到着の後は、2人で店頭においてあったタブレットを無断使用しビデオパスから「それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い」を視聴しつつ待ち時間を消費し、アゴが呼ばれた後は、機種変途中で滞りがあったり、その間にジェロニモにはドトールで待ってもらったり、機種変直後に連絡先の移行がうまく出来ずアゴが泣きそうになりながらなんとかジェロニモに連絡を繋げたりとナンダカンダありながら2時間ほどかかってしまった。

その後は配信の事も考え2人でアゴ宅に帰投したが、道中でソフトクリームだのアイスコーヒーだのを摂取したせいか、どうもお腹の減りが微妙であり夕飯を食べるか否か判断に迷うところであった。

しかしアゴの「実に美味しいお店がある」という提案にジェロニモも気が乗らないまま従う事になり、夕飯へ向かう。
(気が乗らなかったのは、大して空腹ではないのにアゴの提示した店がトンカツ屋だった為である)

そして到着したトンカツ屋「とんとん亭」ではアゴの熱烈プッシュにより2人ともロースカツ定食を注文。

これが近年希に見る大当たりロースカツ定食だった為、気が乗らなかったジェロニモも「お盆の上の何を食っても美味い」「味噌汁まで美味い、絶対に味の素使ってる」「美味さの5.1chサラウンドシステムじゃん」等と大満足で普通にバクバク平らげた。
(アゴはご飯をお代わりした)

また、ジェロニモは帰り際に「とんとん亭」がお持ち帰りまで出来る事を知ると「攻守隙がないじゃん」と評するほどでもあった。

帰宅後、2回目の2人配信を行い、今度はジェロニモのアカウントを使用、ジェロニモの配信画角を取り入れるなどして行われた。

配信では第2回の「クジでランダムに決めた架空の映画タイトルについて語る」ゲームが開催され、最高傑作は「ジャンピング大作戦」となった。

その後、雑談配信を続けジェロニモが持ってきた「青森名物:気になるリンゴ」を2人で試食した。
(ジェロニモの評価は「一口食べたらもう気にならない」 アゴの評価は「お土産だからありがとうって言う味」であった)

楽しく配信は進んだが、楽しく進み過ぎたために時刻は2:30を回っており、翌日仕事で5:30起きのアゴのために配信は終了、その後ジェロニモの洗濯物を乾かす為に2人でコインランドリーに向かい寝たのは3:30頃となった。

  • 8月22日
アゴが仕事の為にほとんど寝ていない状態で起きるのを余儀なくされる中、ジェロニモはサポートとして「『ナンダカンダ/藤井隆』を誰か知らない奴がうたってみてる動画」を爆音で流し、それを受けたアゴも「ナンダナンダ!?」となり無事に起床した。

その後アゴは出勤しジェロニモはアゴ宅で二度寝に入ったが、ジェロニモを閉じ込めておく訳にはいかないので、アゴはアゴ宅のドアに付いている電子キーの暗証番号を伝えた。

そして昼過ぎ頃、職場のアゴにジェロニモから「きびすけがお布団のシーツに小便コキよったで!!ガハハ!!」とLINEが入り、続けて「しゃあないから洗って来るでしかし!!」とアゴ宅を出て前日に行ったコインランドリーへ向かう旨が伝えられる。

しかしアゴは仕事中だった為、リアルタイムでLINEを確認出来ておらず、ジェロニモがコインランドリーに行き待ち時間に「とんとん亭」で昼食を摂っている事も知らず、LINEを確認したのはジェロニモから入った「家に入れない・・・」いう絶望的な文面だった。

これに対してアゴは慌てたが、内心では「どうせ電子キーの扱いに慣れてないだけだろ~」とタカを括っており、のんびり返信しようとした矢先、ジェロニモから「無事入室出来ました!」とLINEが入る。

アゴは「ほらな~」と思いつつ詳細を聞くと、ジェロニモからはLINEで「どうやっても開かないから、昨日風呂入ったときに窓開けといたの思い出して、そっから入ったわ!!そんで引き戸のつっかえ棒(アゴ宅には猫侵入防止のつっかえ棒がしてある)も、隙間から包丁入れて外した!!そんときの猫達の顔見せてやりたかったよ!!ガハハ!!」と空き巣かどうしても開けられない時の鍵師しかやらないやり方での侵入経路を返信され、愕然とした。
(また、ドアが開かなかったのはアゴが伝えた暗証番号が完全に間違えていたからであることも判明した)

上記の通り、ジェロニモが逆脱出ゲームに挑戦してる間も続いていたアゴの勤務が終わる頃、ジェロニモのツイート(アゴは全て通知設定にしている)を確認するとジェロニモが東京駅まで移動してきている事を知り、東京駅前のルノアールで合流した。

ルノアールではジェロニモが乗る予定の新幹線発車までの3時間、何か飯でも食おうという話になり、ジェロニモが検索した「悟大」というラム肉料理店に決定した。
(アゴ、ジェロニモとも『肉の臭み』というものを今まで1度も知覚した事がないため全く抵抗なく決定した)

「悟大」では強烈なラムチョップを4本食らいつつビールを飲み、またもやジェロニモから「この『山本さんのタレ』って美味い、絶対味の素入ってる」と高い評価も飛び出した。

そしていよいよ、グランドフィナーレとも言える新幹線搭乗時、ホームに喫煙所がある事に気付いた2人はそこを「ヴァルハラ」と称しタバコを吸いながら時間調整し、機種変をして新しいカメラアプリを入れたばかりのアゴはここぞとばかりにジェロニモの撮影を始めた。

このとき撮影に熱が入ったアゴは、わざわざ全く知らない人の席にジェロニモを座らせてまで撮影している。
(アゴのツイート参照窓際の席のジェロニモ写真)

ジェロニモが本当の自分の席に付き、座ったままの姿勢を取って時速270kmで射出されて行くのを見届けて、今回の邂逅は終了となった。

アゴが自宅に帰ると、部屋の中がジェロニモ到来以前のように綺麗に現状復帰されており、普段のアゴでもやらないくらいまでのゴミ分別までなされていたが、分別に使ったペットボトル用のゴミ袋に穴が開いており判別不可能な汁が垂れ出していた。

また、アゴのパソコンはジェロニモの配信アカウントでログインされたままであったため、アゴはその気になればいつでもジェロニモのアカウントを使用する事が出来るのは余談である。



►ごまのすけ
アゴが拾ってきた野良猫。
バットマン柄でしっぽがおはぎのように短い。
愛称はゴマちゃん、ちゃんゴマ、チャゴマン、マンチャゴ、ごましお、ゴマ太郎、ごまじろう、などなどイッパイアッテナ。
現在4才。

アゴが鍵師だった時代、通勤時に差し掛かった五叉路の横断歩道で行き交う人の足下に何か動いているのを発見する。
よく見ると生き物であることが判明。
誰かの飼う小型犬かと思っていたが信号が赤になり人々が捌けても横断歩道に取り残され、車道まで出てきた所でアゴに仔猫だと確認された。
が、アゴのいた場所からは五叉路の中心を挟み反対側の横断歩道だった為、その時点では様子を伺うに留まっていた。
しかし、足立区の人間は人間を辞めてしまっている為、仔猫は放置され五叉路の中心まで歩いて来てしまい、進入してきた車(ワゴンR)が眼前まで迫って来てしまう。
幸いにも車(ワゴンR)の運転手であった女性は足立区出身でなかったらしく、その場でアクセルを踏み込む事はなかったが、後続ドライバー達は足立区生まれマリファナ育ちと見られクラクションを鳴らし先頭の車(ワゴンR)を煽り続ける事となる。
「さすがにこれはマズい」と思ったアゴだったが、自分の後ろには交番があることを思い出し警官に伝えようと振り返った。
が、そこにいたのは「なぜかその状況をヘラヘラしながら見ている警官2人」だった。
アゴは瞬間的に「こいつらは警官の服を着せられた大きなウンコの塊だ」と判断し、五叉路から仔猫を歩道まで移送した。
歩道ではウンコの塊に何か話かけられたが「便所のネズミですらヘドを吐くようなドス黒い気分」だった為無視してしまったので内容は不明。
歩道で仔猫を確認すると想像以上に汚く、鳴こうとしても声は出ず、毛は抜け皮膚にはシワが寄り、目ヤニの付いた目は瞬幕が閉じ濁っていた。
一旦は野良猫として生きる自由を奪うことなかれと安全な植え込みに放したものの、全く身体の自由が効かない仔猫をアゴは「あ、こいつ明日死ぬじゃん」と判断しその足で病院へ運んだ。
病院では「この猫は疥癬を持っているので素手で触れてはいけない」とされたが、既に両手で掴んでいたので気にしてもムダだと思い適当に「ハイ」と答えた。
その後何度か病院行き、ケツに巨大な注射を打たれても全く動じない仔猫に尊敬を覚えつつも「仔猫は健康でも急に死ぬ」と名前を付けずに面倒を見る。

1週間ほど経過し、状態がよくなったところで、ごまのすけと命名される。

過酷な生活を経たせいかシャンプー、水、タバコの煙、知らないオッサンなど猫が苦手なものに驚くほど耐性があり、大型犬のような性格である。

現在は後輩猫のきびすけと共にアゴ配信ではアゴ本人よりも高い人気を得ており、主にシャンプー直後の頭にかじりつこうとする姿が見られる。


►むぎじろう
アゴが拾ってきた2匹目の野良猫
真っ黒で猫らしく長いしっぽ。

ごまのすけ来訪のほぼ丸1年後に登場し、仔猫の状態で警戒心が薄すぎた為アゴに「こんなだとごまのすけみたくなるか保健所に連れてかれる」と判断され連行される。

成長するにつれごまのすけよりも身体は大きくなり、野性的なフォルムに成長していった。
気性もごまのすけよりも勇敢で、野良猫が窓辺に来た時や、真夜中に突然、何者かがアゴ宅の窓を開けようとした際にも率先して唸り声を上げるなど立ち向かう姿勢を見せていた。
(ごまのすけはそんなときいつも寝ている)
しかし、ごまのすけや後述のきびすけには穏やかに接し、ケンカになると自分が圧倒的に勝ってしまう事をわかっていたような節もある。

が、その余りにも野性的且つワイルドな性格が外界で名を上げたいという衝動を抑えられず、アゴの隙を見て外に旅立ってしまった。
(ごまのすけはその時寝ていた)
その為、現在は配信には出て来ず名前だけが聞かれる。
実際に見たことがあるのは中1しかいない。

現在はごくたまにアゴ宅の付近をウロついているのを見かける。
去勢済み。


►きびすけ
アゴが拾ってきた3匹目の野良猫。
真っ黒でボールのような丸いしっぽ。
現在1才

ごまのすけの爆誕から2年後、むぎじろうに続いて現れた黒猫。

アゴにが帰宅中、仔猫の鳴き声が聞こえそちらを見ると黒い仔猫が女性に泣き付いている所であったが、女性は仔猫を置いて行ってしまった。
これに「こいつwww仔猫なんて一番可愛い時期にwwフラれるとかwwwwダwwダサwダサすぎwwwww」と気をよくしたアゴが撫でてみるとそのまま素直に撫でられていたので、鷲掴みにして家へ持ち帰られた。

帰宅後すぐさまごまのすけに面通しさせ、愛称が悪ければ里親を探すつもりだったアゴだが、きびすけを見せるやいなや頭を舐めたごまのすけを見て、そのまま飼うことにした。

甘ったれでビビりまくりでムダ鳴きが多い性格の為、アゴはきびすけを「一生を赤ん坊で居ることを選択した猫」と説明する。

現在は、動き回ったりアゴの膝にいたりと配信にはあまり写らないものの、突如として画面中央で動きを止め「アス比の違うプーマ」のような姿を見せ付ける事がある。
実はGLAYのベーシストとしても活動している。



►亀ちゃん
初期のアゴ配信でガチホモヤクザコメを繰り返し、スカイプ凸したところ亀田興毅であることが判明、以降この名を名乗る。存在がBAN。

►岸田
アゴと中1の古くからの友人。天然というか高齢者に近いキャラであり、北海道で徘徊したり寝たりする仕事をしている。

►ゆにくろ
アゴ史上初のオフ相手。アゴとは2010/8/17現在で2回タイマンオフをしている。2回目のオフ時に家賃25万の家に住んでいる事が判明し、同時にアゴには不釣り合いな高額な服を大量に支給した。黒コテの由来は1回目のオフ時にアゴと服を見にユニクロへ行った事から。因みにその時はアゴ、ゆにくろ共に無職。
※後にゆにくろ側からあごが嫌われ、音信不通に。

►ろっきんおん
アゴにとって二人目のタイマンオフ相手。過去に暗い過去を背負っており、その話を吐露する様はまさにワンピース(著作:尾田栄一郎)で麦わら海賊団に新しい一員が増えるフラグが立つときのそれ。黒コテの由来はROCK IN ON JAPAN FESでアルバイトをしていた事から。

►社長=タトバコンボ=ナギー=風都君
第1回、第2回オフ会に参加した鍵開けを生業とする代表取締役。見た目はイカツイが、妻子有る良きお父さん。無類の仮面ライダー好き。気軽に「ちょっと行ってくる」と、北は仙台南は宮崎まで出かける中田英俊ばりの旅人。配信中にアゴがチラッと見せた部屋の鍵から中1宅をプロファイリングする。その的中率は90%を越えており、プロの観察眼の恐ろしさを見せしめる。頻繁にアゴ、中1と遊んでくれる。2011/1/11には温泉と鳥もつ煮を求めアゴと中1を山梨まで拉致した。因みに社長は会社でアゴ達の配信を観るため社員の方々には完全にアゴ、中1、ナボナなどの顔は割れている。
配信をする際の名前は風都君。2011/4/3からはなんとアゴを自分の会社の社員にするというリスキーな判断をしたため、アゴにとって本当の社長となる。アゴを雇用した理由としては「直感」「おもちゃは近いところにあったほうがいい」と諸説ある。

►cimesyou:シメショウ
第1回、第2回オフ会に参加した元モデルの美人。名前の由来を聞くと「シメ」と「ショウ」をくっつけただけと答えるお方。 現在大学でロボットを研究する未来の天馬博士確定科学の子リスナー。アゴの熱烈な愛情指導により自らも配信者となる。なお第一回目のテスト配信では白魚のような可憐な指先でアゴリスナーを虜にした。社長ほどではないにしろ、よくアゴ、中1と遊んでくれる。2011/1/2に行われた新春スペシャルでアゴが着用した巫女服を貸してくれた際に、アゴと中1から「服がめちゃくちゃいい匂い」「ウエストが細すぎる」などを暴露される。美人。たまに配信もしているらしいが、右下狙いの技巧派ピッチャーのようなスタンスなので配信者名は秘密。そもそもこのWikiを最初に作ってくれた人。可愛い。

►文学部
第1回オフ会参加者。第1回オフ以前にもアゴとタイマンオフをしており、その際10着近くのTシャツとジーンズをアゴの支給した。茨城出身のゆるふわ愛され系イケメン。黒コテの由来は大学で文学部に在籍していることから。

►オーロング
黒コテも緑コテも出さないが、Twitter上の名前がこれであったが、アゴのヘビーリスナーでありながら中1や社長、cimesyouに尻尾を振って回るとアゴに毒付かれてしまってかTwitterを辞めてしまった。しかし、まだアゴの配信は観ているらしく、2011/1/2の新春スペシャルにはSkypeで出演した。

►セクハラサイコロ=セクサイ
第2回オフ会に参加したリスナー。オフ会の集合時、なんと呼べばいいかわからないアゴが、「塾講師をしている」との情報のみから命名。オフ会のときはアゴや中1に対し敬語だったが、なぜかそれ以降のコメ欄やSkypeでの通話などは完全にタメ口になっていた。非常にチャラく、チャラサイとも呼ばれる。おそらく本気でcimesyouを狙っているが、いままでcimesyouを目にした男性全員がそれを許さない。

►ノスタルジック武本=ノス武=やまら
もともとアゴのリスナーで、「やまら」という黒コテをもっていた(黒コテ初登場は第一回デカチン王決定戦)が、中1とアゴが別居した後の中1単独配信で中1リスナーから「ノスタルジック武本」と命名される。ノス武はその略称。ノス武時にはアゴ配信で完全に高いところ目線でアゴに対し暴言を吐き散らかしているが、アゴの配信に被せてテスト配信を行った際にSkypeでアゴと話したときは敬語しか喋らなかった。配信スタイルは顔出し雑談。オーロングのようにすべり気味のマスクを着用することもなく、その石川遼似のイケメンを上から目線で披露した。


ゆかりの配信者の皆様

►ナボナ
言わずと知れたナボナチャンネル配信者。元々、よくアゴと中1におちょくられていたが、2010/11/27~2010/11/29まで東京に来た際、社長の手引きでアゴ、中1と念願の合流。28日にはcimesyouとも合流し常に勃起していた。アゴ、中1の友達。

►あきひろさん
2010/11/27の突発配信者オフに参加。アゴ、中1がいることは直前まで知らなかった。その日13年ぶりの飲み会、カラオケ、電車移動をしてくれた。最近事故にあわれたのが非常に心配であるが配信からは元気な様子が伝わってきている。

►呼吸困難さん
第2回オフ会参加者。アゴがオフ会前日に関わらず朝までドンキーコング2をクリアまで配信し、クリア後の余韻でネット上のかわいい娘の画像を閲覧しているのに釣られ、コメ欄に登場。その場でアゴが当日のオフ会に誘ったところ快諾してくれて参加に至った。当日は冷え込んだにも関わらず相当の薄着で登場したり、オフ会の最中も全員の爆笑をかっさらい、抱腹絶倒配信者の威厳を見せ付けた。尚、カラオケで披露した歌はかなりの腕前。

►Megumixさん
前々からアゴ、中1、及びアゴリスナーによる配信を介するセクハラ(サイバーレイプ)の被害に苦しめられる程の人気女性配信者。あご曰く、「どこにでもいいから顔を埋めたいほど可愛い。好きです。」らしい。2011/1/2の新春スペシャルでも、新年のご挨拶という名目でアゴ、中1両名からSkypeでセクハラを受けた。(このときアゴも中1もMegumixさんとは初会話だった)
普段はゲーム配信、カラオケ配信、料理配信などをされている。どれも非常に可愛く、アゴ曰く、ふとももにしか目が行かないとの評判。

►Royal Antlerさん
Livetube内で唯一無二の存在感を誇る最強の右下ガーディアン配信者。身長173cm、体重48kg。2011/3/3に決行された「恐怖のロイ登場、寝起きドッキリ大作戦」にて中1と風都君に長野から連れて来られ、アゴに寝起きドッキリを仕掛けた。その際の衝撃はアゴ曰く、「捕まれた左肩から伝わった痛みが左半身全体に広がり、起きてから数分は全身の震えが止まらなかった」程だった。その後アゴ、中1、風都君、ロイヤルアントラーの4人配信をmegane530000名義で行った。その更に後には風都君名義での配信にアゴ、ロイヤルアントラーが同席2度同席した。因みにその風都君配信の中でMegumixさんからコメントを頂いたが、ロイヤルアントラーの余りの気持ち悪さを目の当たりにしてしまったMegumixさんはその後二度とコメントしてくれることは無かった。そして2011/3/4 午前2時。今度はアゴがロイヤルアントラーと風都君の運転する車に同乗し、3人で長野まで帰って行った。因みにアゴ、ロイヤルアントラーは配信スタイルの違い、顔面偏差値の格差、学歴格差、視聴リスナー数の差、同席した焼肉での食事会でロイヤルアントラーが灰皿に鼻息を噴射してアゴの取り皿に灰を撒き散らせた事、人間性の違いなどでお互いにいがみ合っており、犬猿の仲とも言える間柄である。

主のステータス

喋り SSS
思考力 ・・・・・

配信環境

パソコン ASUS UL20A
OS Windows7
CPU 本人がわからない
Memory 本人がわかってない
VGA 本人が把握できてない
Sound アゴにはわからなかった


コメント

  • アゴ崇拝 -- てす
  • 終了ー -- 齋藤
  • 糞リスナー死ねよ。俺のアゴを返してくれ・・・ -- アゴファン
  • 君の配信はとても興味深いムードが漂う今日この頃 -- 中間
  • 元気してるか? -- 名無しさん
  • お前の頑張ってる姿を見ているから安心せい!! -- わしじゃ
  • 何か遠い存在になっちゃったな~ -- 名無しさん
  • 人生とは何なんだ?メガネさんよ -- 名無しさん
  • 頑張ろう斎藤ちゃん・・・・・・・・と中一 -- 名無しさん
  • 斎藤じゃなくて齊藤じゃね? -- 名無しさん
  • あごあごあごーん -- 名無しさん
  • まっこれからや -- な
  • 復活配信なんて待ってねーし寂しくねーし -- 名無しさん
  • いつもくだらないコメント書き込んでゴメン -- 7743
  • うんこまん -- 名無しさん
  • 困難しねしねしねしね -- 名無しさん
  • 呼吸困難はこの世からいなくなれ -- 名無しさん
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。