※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非生産的な人が陥る8つの習慣


 誰でも生産性を高める方法や、もっと時間を作るために効率的に働く方法を探していると思います。もし、仕事をもっと効率的にこなせるようになれば、実際にもっと人生を楽しむための時間を持つことができるようになるはずです。しかし、私たちは生産性を低める失敗をしてしまうこともあります。ここでは、非生産的な人が陥りがちな8つの習慣を紹介します。

(1)食事を抜く

 これは明らかなミスです!適切な栄養がなければ、エネルギーが枯渇して、生産性がひどく低下することになってしまいます。

(2)休憩を取らずに1日働き続ける

 人の精神は、休息の時というものを必要とします。朝とお昼には休憩を取るように努めましょう。デスクから離れて、数分でも心を休めることのできる時間を持ちましょう。

(3)無計画に生活する

 何か体系だったことやスケジュールを実行することは、今しなければならないタスクに意識を集中させるのに役立ちます。他の仕事は1日の中で別の時間にできると分かっていると、今取り掛かっているプロジェクトへの集中力を失わずに完成させることができます。

(4)電話やメールなどに気を取られる

 何かのプロジェクトに取り掛かっている時、そのプロジェクトを完成させることにすべての関心を向ける必要があります。電話やメールの応対にエネルギーを使うと、集中を途切れさせてしまうことになり、生産性が低くなってしまいます。

(5)一つ一つのプロジェクトに部分的にしか集中しない

 プロジェクトの一つ一つに十分な焦点とエネルギーを注ぐべきです。中途半端な努力だけを注ぐと質の低い仕事をしてしまうことになります。

(6)人生の細かな事を行うのに必要な時間を考えない

 体系的でよく管理された生活を送るには時間とコミットメントが必要だということを覚えなければなりません。ライフスタイルの一部となっている様々なことを行うのに必要な時間を1日の中で割り当てておかなければ、すぐに生活がやっていけなくなるでしょう。

(7)マルチタスク

 一度に複数の事をこなすのは当たり前のように思われていますが、複数の重要なタスクに集中しようとすると仕事の質は低下するという結果がいくつもの研究によって繰り返し示されています。

(8)目標を立てない

 目標は、私たちの原動力です!現実離れしていない(しかし時には非常に高い)目標を設定し、それを達成するために働きましょう。自分自身をプッシュしなければ、生産性や成功が停滞するようになります。

 もしこのようなトラップにはまっていると感じたら、その習慣をどのように変えることができるかじっくりと考えて見ましょう。それが人生でもっと成功を得るためのシンプルな第一歩です。

非生産的な人が陥る8つの習慣 - IBTimes(アイビータイムズ)
http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090930/41336.html