特殊な紹介文



偉大なる魔女のサーガ

以下に偉大なる魔女のサーガを記載。序章~11章までがLov1のカード。外伝以降はLov2のカード。

◆序章 015/Cウィッチ

ほほう、この偉大なる魔女に目をつけるとはさすがじゃな。
よかろう、そこまで頼まれては我も… え? 森の出口?
あたしへの用事ってそんだけ? ま、待ちなさいよ!
やん! このホウキちっとも言う事聞きやしない!
お…お婆ちゃん、見ていてね…あたしきっとあいつの
アルカナを奪って、この大陸全土を支配して見せるから…

◆序章 その2 159/SR【魅惑】ウィッチ

12年前。覚えているのは火の匂い。人のなく声。燃えてる町。
父さんも母さんもいなくなり、ひとりぼっちで泣いていた私。
助けてくれたのがおばあちゃん。黒き森の黒き魔女。
どうしたらみんな泣かないですむ世界になるのかな?
おばあちゃんは私に言った。魔法使いにおなりなさい。
闇だけでなく光すらも統べる、偉大な魔女におなりなさい。

◆1章 042/SRギガス

我が言葉に耳を貸すがよい! 大いなる巨人どもよ!
我は偉大なる魔女! 汝らに福音を与える大賢者なるぞ!
汝らはこれより我が下僕となるのじゃ 太古に神々と戦
いし汝らの力があらばこの大陸に覇を唱えるも夢ではない!
我が言葉がその足りぬ脳味噌に届いたなら行動で示せ!
さあ、まずは我を煮ているこの大鍋の火を消すのじゃ!
お願いだから…! 早くおし…! この間抜けっ!

◆2章 035/Cユニコーン

本当にいたのね。神聖と純潔の守護獣。なんて綺麗なの?
いい子ね? そう、怖くないわ。 どうどうどう。
お婆ちゃんが言ってたとおりだわ。
ユニコーンが心を許すのは心の綺麗な汚れなき乙女だけ…
素敵! この子がいれば大陸全土があたしのものに…
え? なに睨んで…痛い痛い痛い!やめてぇ~~~!

◆3章 147/Cシャドゥナイト

いい?あいつの鎧の中身があなたの想像してるような
そこらの不死の怪物や死霊だなんて思わないことね。
あいつの中身はもっとおぞましくて、怖気をふるう物なの
これはおばあちゃんから聞いた話なんだけど、あいつは…
あら?外でヒヅメの音? こんな時間に誰かしら?

◆4章 043/R酒呑童子

気に入ったぜよ。『紅蓮の瞳の戦士』とやら。この酒呑童子、
おまんの『使い魔』とやらになってもいいぜよ。ただし条件が
二つあるきに。一つは強い酒を一日三升。もう一つは酒の肴。
ほれ、さっきは大口叩いちょったのに、今はおまんの後でがた
がた震えちょる魔女の小娘。肉づきは悪いが、いい出汁が取れ
そうじゃのう!

◆4章 その2 174/R【蛮】酒呑童子

殺せ! 奪え! 喰らい尽くせ! それが鬼の鬼たる証!
いずれ神に導かれた英雄が、わしを殺しにやってくる!
わしはそやつの影として生まれ、そやつに討たれるが宿命!
知っていたか? 魔とは神の栄光の為の食い物なんぜよ。
どうした、なぜ泣くんじゃ? 魔女の小娘?
お前は本当に妙なやつじゃのう…?

◆5章 007/Cワーウルフ

大丈夫だってば! ワーウルフって最強の獣人格闘家ってい
うけど、あんまオツムの方は回らないのよね!
お婆ちゃんが言ってたけど、狼ってプライドがやたら高いか
ら、そこをくすぐってやれば子犬みたいにシッポ振って・・・
あれ?みんな黙っちゃってどうしたの?
あたしの後ろに誰かいるの?

◆5章 その2 009/PRワーウルフ

最高の満月だぜ! ああ、吸血鬼どもの城を襲いてえな!
奴らがさらったとびきりの美女をかっさらうのさ!
狼は誇り高いんだ! 奴らみてえに催眠術なんざ使わねえ!
口説いて惚れさせてこそ美女ってもんさ! なあ!
「はいはい、綺麗な満月よ。落とし穴の外でならもっと綺麗
だと思うわ。だから早く私の上からおどき、このワン公!」

◆6章 185/SR死神

ク・ク・ク… この我を『使い魔』にしたいと?
生と死の境界の番人であり、魂を刈り取る使徒たる我を?
良かろう… 「死」を前に怖じぬその豪胆さが気に入った…
無知で非力で小さな魔女よ… 我は汝に従おう…
その代わり汝に訪れる「死」は常ならぬものであると知れ…
おや、逃げたか… 契約は完了したから無駄だというのに…

◆7章 253/Cクールマ

見つけたわ! 神々が不死の霊薬を作る時、ヴィシュヌ神
が化身した大いなる亀! お婆ちゃんが言ってたとおりね!
背中にそびえるマンダラ山岳まで何日かかるかしら?
この亀を下僕にすれば世界を支配するなんて簡単よ!
でもこの亀、背中がかゆくなったらどうするのかしら?
あら、陽がかげったわ? 変ね、ここは雲の上なのに・・・

◆8章 207/Cアッシュール

大いなる昔、大いなる河のほとり、大いなる都市に
大いなる神がまつられていたという。
今はもう大いなる河のほとりに大いなる都市はなく、
守るべき者を失った神だけが誰かを待っているという…
「もうついてこないで!キモいわよ!あんた何者?
どうしてあたしってこう変なのになつかれるのかしら…」

◆9章 218/Cアルラウネ

あたし、恋しちゃったんです。いつも森で会う精悍で知的
なマンドラゴラの殿方に。彼ったら森に陣を張ったロードの
軍団の勇者なんですって。でも今朝いつもの場所に居たら…
「見て! アルラウネよ! 貴重な魔法植物だってお婆ちゃ
んが言ってたわ! しかも根っこ抜けてるなんて最高よ!」
あたし、びっくりして大声で叫んじゃったんです…

◆10章 238/Cドラゴンマミー

かつて砂漠を支配した王の墓を守る呪われたドラゴンよ!
目覚めなさい! そなたは新たな覇王に仕えるのよ!
あら? お婆ちゃんの呪文書、ページが破れてるわ?
じゃあなんでこいつ目覚めたの?
なんで私を見て舌舐めずりしているの?
なんかすごい地響きが聞こえるんだけど…

◆11章 278/Rバーバ・ヤーガ

あーら、相変わらず貧乏くさいホウキに乗ってますのね?
あなた大陸の支配を目指してるんですって? お笑いね!
偉大なバーバ・ヤーガの名を継ぐこの私ならともかく!
あなた方もさっさと私に乗り換えた方が… あら? ちょっ
と話は最後まで… ヒッ! あなた何に追われてるの!
信じらんない! アレを『使い魔』にしようとしたなんて!


偉大なる魔女のサーガ 外伝

外伝以降はLov2のカードである。

◆外伝1 LoV2 海種026/Cカロン

そうかそうか。ここのところお客も少なくてのう・・・
わしも話し相手がいなくて退屈しとったところじゃよ。
まぁ、その若さでこの川を渡らにゃならんとは気の毒に・・・
え?銅貨1枚?それは片道分で、往復はできんなあ。
そう気を落とすな。「冥府」もなかなか住み良い所じゃて・・・
おい、そうわめくな! 暴れるな! ふ、船が引っ繰り・・・!

◆外伝2 LoV2 不死021/C死神

ク・ク・ク… 魔女の小娘め… つくづく油断ならぬ…
よもや生きた身で「冥府」に迷い込もうとは…
「軍団」の連中め、連れ戻さんとタダじゃすまさんだと?
まったく「死の使い」をいったい何だと… む?
この地響き… 「冥府」の更に下の「タルタロス」からか!
封じ込められていたあれが目覚めた…? まさか… のう…


続 偉大なる魔女のサーガ

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第1章 Lov2 人獣043/Rウィッチ

あー、本当に死ぬかと思ったわ! まさかタルタロスにあん
なのいるなんてお婆ちゃんも言ってなかったわよ!
ま、いっか! こうやって地上に帰って来れたんだもの!
これはきっとあたしに全世界を支配しろって思し召しよね!
ねぇ、みんなもそう思っ… え? あたしのお尻の下?
あら、バーバ・ヤーガ。なんでそんなところで潰れてるの?

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第2章 Lov2 人獣034/UCアースドラゴン

大地の力を受けて何万年も生きてる凄いドラゴンなのよ!
怒りっぽくて、暴れ出したら誰の手にも負えないんだって!
見かけても絶対に近づくなっておばあちゃんも言ってたの!
え? そんなヤツをどうやって「使い魔」にするかって?
まっかせなさーい! あいつをだますいい手があるの!
あら? この岩山、なんだか揺れてない? 地震かしら?

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第3章 Lov2 魔種037/Cフルフル

「聖なる真実を知る大天使の召喚ですって?あの子にしては
まあまあね。ま、このバーバ・ヤーガほどじゃないけど…
あ! あの子、召喚陣をミスってる! じゃ現れるのは…
決して真実を語らず、雷や嵐を操る地獄の大伯爵よ!
なんかすごく怒ってて私を睨んでるんだけど?
え? ちょっと! なんでみんなもう逃げてるわけ!?」

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第4章 Lov2 神族049/Cブリジット

「どうしよ! どう見ても格の高い女神様よ! 召喚陣から
こんなの出てくるなんておばあちゃんも言ってなかった!」
「逃げますわよ! 私たちが魔女って知れたら… きゃ!」
 目覚めた女神は腰を抜かした魔女たちを見て微笑んだ。
「「亜人の子」と「冥府の女王」と「人形遣い」も来ると「
夢の管理人」が言ってたわ。 そしたらみんなでお茶しましょ?

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第5章 Lov2 人獣/C061ロック鳥

お婆ちゃんが言ってたわ。物事の明るい面を見なさいって。
私たち、伝説に語られる幻の巨鳥をついに見つけたのよ?
それに比べたら、とても些細なことだと思うの。
卵があなたの目の前で孵化しちゃったことなんて・・・
ほら、バーバ・ヤーガ! またゾウを捕まえてきたわ!
よかったじゃない! ママ思いのとってもいい子よ!

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第6章 Lov2 不死062/Cバーバ・ヤーガ

『大崩壊』の日、魔物の群に襲われて幼い私は死んだ。
禁じられた屍霊術で私を黄泉返らせたのがお母さま。
その代償に死神たちに「永遠の牢獄」に連れ去られた…
どうすればお母さまを救えるの?泣く私に執事は言った。
「魔女におなりください、お嬢さま。どんな悪魔も死神も
従えた我らが祖の名を継ぐ偉大な魔女におなりください」

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第7章 Lov:Re2 人獣071/R【魔導】ウィッチ

みんなお願い! 私は行かなきゃならないの!
かつて私はあのドラゴンを救えなかった…
その悲しさと悔しさこそが、私の旅路の大事な始まり…
だから、今度こそ救いたいの!
二度と差し伸べた手を引っ込めて逃げたくないの!
そうでなきゃ大陸の支配者になるなんて言えるもんですか!

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第8章 Lov:Re2 不死072/UC【餓】スカルドラゴン

分からぬ!我は何者で、なぜ蘇ったのか?
分からぬ!我が空洞の体を突き刺すこの飢餓は何だ?
ああ!分からぬ!小さき者よ…
なぜお前は我が前に立ちふさがりその手を差し出すのか?
教えてくれ… 小さき魔女よ…

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第8章その2 Lov:Re2 SP040【餓】スカルドラゴン

何を喰らおうと骨の体に道はせぬ!
それでも喰わずにおれぬ!それでも貪らずにおれぬ!
去れ、小娘!さもなくば我はそなたを喰らってしまう!
「いいのよ。私をお食べなさい」
竜の王の暴走を初めて止めたのはその言葉だった。
自分の飢えは魂の飢えだったことを竜の王は悟った。

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第9章 Lov:Re2 魔種072/UCギガス

壊すことが好きな巨人たちの群に利口者と愚か者がいた。
利口者は「世界のために神を壊そう」と群に呼びかけた。
愚か者は「神のために世界を壊そう」と群に呼びかけた。
「それであんたは利口者と愚か者、どっちなの?」
魔女が問うと、巨人は鼻をほじりながら首を振った。
「メシ横取りされた。ふたりとも壊した」

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第10章 Lov:Re2.1 不死086/UCシャドウナイト

「見ちゃったの…」魔女が呆然とつぶやいた。
「何を見たって?」人狼が首を傾げた。
「あいつの鎧の中身… 留め金がはずれてたから…」
「それでどうなってた?」
魔女は血の気の引いた顔でぶるぶる震え出した。
「何も見てないわ… そうよ、私は何も見なかったの…」

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第11章 Lov2:Re2.1 不死082/R【禁呪】バーバ・ヤーガ

馬鹿な娘… この私が既に死の世界の住人と知りもせず…
この身こそは始祖たる〈冬の妖婆〉復活のための器。
馬鹿な娘… この私が近づいた真の理由を知りもせず…
その身こそは時が来たらこの手で捧げられる血の生贄。
ああ、馬鹿な娘! 馬鹿な娘! 私は魂無き死者なのに…
なぜあの娘の微笑みを見ると胸が痛むのですか、お母さま?

◆「続 偉大なる魔女のサーガ」第12章 Lov2:Re2.1 人獣084/Rワーウルフ

なんで武闘家になったって? 自由でいるためさ!
俺を縛るあらゆるものをぶっちぎって生きるための牙だ!
自由は力ある者だけが仕留められる最高の獲物なんだぜ!
「ねえ、ワンちゃん。私の秘薬どこしまったか知らない?」
「ちょっと! 私のホウキの手入れはまだですの?」
……ま、何であれ例外ってのはあるもんだがな……


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • LoV2 「人獣:034 アースドラゴン」「魔種:037 フルフル」に続・偉大なる魔女のサーガが載っています。 -- (名無しさん) 2010-04-09 13:20:29
  • 続・偉大なる魔女のサーガ 追加しました -- (名無しさん) 2010-08-05 09:13:42
  • ロック鳥の後ろに5章が・・・ -- (名無しさん) 2011-02-28 11:56:14
  • ロック鳥更新しておきました -- (名無しさん) 2011-06-20 19:58:39
  • 餓スカルドラゴン ギガス 魔道ウィッチ で7 8 9章 -- (名無しさん) 2011-07-29 08:10:35
  • 7 8 9章更新しました -- (名無しさん) 2011-08-11 22:45:40
  • 乙です。 -- (名無しさん) 2012-01-28 12:02:31
  • ワーウルフ、安定のツンデレですなwww画集でも良いツンデレですし、ワンちゃん可愛いです。 -- (名無しさん) 2012-01-30 11:36:56
  • アマゾネスなんかはヘラクレスも載せてるのになんでこっちは不死012のスカルドラゴンとか載せないんだ -- (名無しさん) 2012-07-27 02:40:42
  • カスドラ仲間になってればなぁ -- (名無しさん) 2012-12-28 02:03:00
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る