• ジャンヌ・ダルクのフレーバーの末尾ですが、[レッドラプソディ] ではなく[レッドデッドラプソディ]では? -- (名無しさん) 2014-11-07 05:44:02
  • ネルガルフレーバー
    いやぁ、にぎやかだねェ。酒がうまいねェ。ところで、おまえさんはネルガルって神様を知ってるかい?いや、おまえさん余所からきたばかりだから、知ってるかな?と思ってよ。
    ネルガル様はよ。冥界の神で、天界の神でもあるのよ。
    かつては天界の住人だったらしいんだが、冥界の女王をたらし込んでよ、今じゃすっかり冥界の支配者になっちまったって話だ。
    そんなわけで普段は冥界でよろしくやってるわけだが、こい
    つがたまーに天に戻ってくる。なんでも、冥界に篭りっぱなしじゃ地上の実りが止まっちまうんだとよ。
    ネルガル様が天に戻ったときはすぐわかる、作物が一気に育って、赤ん坊がたくさん生まれて、みんな豊かになるんだよ。
    だが、こっからが怖ぇ話でな、つい命を増やしすぎた時には、
    従者と一緒に地上に疫病を撒き散らして命を奪うってんだ。
    何事もバランスが大事だってことなのかねえ。
    …そんなわけで、収穫祭で気分いいとこ悪いがよ、おらぁ隣国へ引っ越すわ。こんな大豊作、見たことねェからよ。 -- (名無しさん) 2014-11-11 17:13:20
  • チェザーレ、ペイルライダーの基本情報追加しました。
    前作情報や詳細フレーバーなどお持ちの方いましたら追記お願いします。 -- (名無しさん) 2014-11-23 10:24:12
  • ミキストリのフレーバーをモバイルから適当にコピーしてきた。改行は読みやすいに変えてもらっても大丈夫です。

    死神はその夜も、いつものように戦場にいた。三々五々に散らばった死体を眺め、その中から、めそめそしている死にぞこないの魂を見つけては、指先でちょいと摘み取ってやる。
    だいぶ穢れてしまったな。この戦争が終わったら、血と肉がこびりついた大地を終わらぬ嵐で洗ってやらねば――そんなことを考えていた。
    少し先に、苦しげに息をする死にぞこないを、また一人見つけた。死神が近づくと、人間は穏やかな笑みをうかべて言った。
    「そこの者…敵か味方か知らないが…
    悪いが少しそこをどいてくれないか?…もう目はぼやけて
    いるのだが…最後まで月を見ていたいんだ…先の見えない
    暗がりを照らす…月は私の希望なんだ…民の為に戦い…
    月を見ながら死ねるなら…悪くない幕引きだよ……」
    死にぞこないの癖に嘆きもせず、沈着な人間よ。その傷から
    解き放ち、楽にしてやろうというのに――死神は少しだけ迷
    うと、やがて闇に溶けるように静かに消えるのだった。



    身長 最大12[meter]
    体重 最大4.5[t]
    司るもの 戦争と嵐
    別名 月神テクシステカトル
    その姿 死に際に見えることがある
    敬意 誇り高い者に


    イラストレーター 高村 英彰

    -- (名無しさん) 2014-12-06 01:41:44
  • 再起動された無機の王は、まだはっきりしない視界に目をこらした。体には、大小様々なケーブルが取り付けられ、その先には巨大な機甲装置らしきものがつながっていた。それら機甲装置を、体中にびっしりと紋様が刻まれ男たちがせわしなく操作している。
    ――私は、生を取り戻したのか…?
    無機の王は、未だおぼつかぬ意識を思考に集中させた。
    ――私…… 私…!? そうだ私は……!
    淀む思考の中、無機の王は、自身の意識が、いや、この体のもととなった“人間の頃”の意識がはっきりとあることに驚いた。
    ――これは…いったい… 私はどうなって…
    無機の王は、体に力を籠め動かそうとした。しかし、指ひとつ、ピクリとも動かすことができなかった。
    「よぉ 陛下 意識がお戻りになったみてぇだなぁ」
    気付くと、フードを目深にかぶった紋章の男が視界に立っていた。
    「残念だがよ あんたの意識とその体の接続は切れてる あんたはコイツを起動する『鍵』だったからなぁ オレらがあんたの魂だけ呼び戻したってわけだ ……さあ 稼働実験だ」
    男が手を挙げると、周囲の機甲装置が唸りを上げた。そして、ゆっくりと無機の王が立ち上がる。
    ――やめろ… やめてくれ……!
    「ハハ 動いた動いた さぁて アルカナ集め 始めようか」 -- (名無しさん) 2015-10-21 18:10:21
  • ミキストリのハイスマッシュ上方修正かかってたはず -- (名無しさん) 2016-05-07 13:40:44