アエロ(C)
基本情報
名前 アエロ
種族 人獣
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 20
<タイプ> 大戦士
タイプ ハーピー
HP 350
ATK 20
DEF 25
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 水野 マリコ

アビリティ
召喚 トライブサポートD
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の自ユニットのDEFが増加する。
ただし、自身は効果を受けない。
覚醒 トライブサポートD
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の自ユニットのDEFが増加する。
ただし、自身は効果を受けない。
超覚醒 トライブサポートA
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の自ユニットのATKが増加する。
ただし、自身は効果を受けない。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 20/25
覚醒 400 30/35
超覚醒 450 90/95

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.0
Ver3.0
身長 1.5[meter] 突然、疾風をまとい現れた彼女は、金糸雀色の翼を翻し、旅人に
災いを告げた――しかし、彼は意に介さず旅を続けた。
悔しそうに頬を膨らませた彼女は、風の妹を呼んだ。
妹は、どんなに逃げても風のように追いすがり、旅人に不幸を囁
き続けた――しかし、彼の歩みは止まらなかった。
怒ったように顔を歪ませた彼女は、雲の妹を呼んだ。
妹は、嵐のように飛び去って、旅人の行き先に陰鬱な暗雲を呼ん
だ――しかし、彼の目はしっかりと未来を向いていた。
彼女はため息をつき、少し笑って、旅人の前に虹を呼んだ。
体重 26[kg]
最高速度 120[km/h](飛行時)
生息域 サルミデス島
姉妹 四人
仕事 弱き魂の運搬
イラストレーター 藤ちょこ
+Ver3.1
Ver3.1
身長 1.5[meter] 金糸雀色の翼を広げ 疾風をまとって彼女は飛ぶ
弱き魂を見つけ出し 黄泉の国へといざない続ける

この人間も違ったか 中の妹は悲しげにつぶやく
いつか死を告げてやった戦士も 不幸を告げた旅人も
強き魂の輝きをはなち まばゆい明日へと消え去った

それは いつのことだったか
彼らの輝きに恥じ入りながら 末の妹は飛び去った
自らの 黒い心を恐れたか 嵐の力を恐れたか

金糸雀色の翼を広げ 疾風をまとって彼女は飛ぶ
弱き魂を見つけ出し その耳元でささやき続ける
その魂の傷こそが あの子の不幸のかぎ爪に
削りとられた跡なのではと
体重 26[kg]
最高速度 120[km/h](飛行時)
別名 疾風をまとう者
主人 ハデス
尋ね人 ケラウノー
イラストレーター 四々九
+Ver3.5
Ver3.5
身長 1.5[meter]
special past episode 1
◆『砂漠の風』◆

霞のように揺れ薄らぐ意識の中、少年は、自分を背負う男の横顔をぼんやりと見つめていた。時折、男の首筋に大きくこびりついた赤い固まりがザリっと少年の頬をひっかき、その度に、遠のく意識が呼び戻される。
――団長…こんなに血が…。
「しっかし頑丈だなお前、普通なら死んでるぞ。さすがは我らヘルマン傭兵団の一員ってとこか? なぁバルド」
冗談めかした調子で少年に語りかける男。その言葉に少年は力なく笑い返すが、意識が戻る度、その心は自分の軽率な行動で男を傷つけてしまった後悔でつぶれそうになる。
この人に認められたい、喜んでもらいたい、そうじゃなくても、少しでいいからこの人の役に立ちたい――そんな思いが強すぎたのか、少年は、団長であるこの男の指示以上に敵陣に近づき、結果、砲撃が集中する只中へと追いつめられ、こうして満身創痍の状態で助け出された。
「ま、帰ったら説教だがな。いってぇ拳骨、覚悟しとけよ?」
戦線を抜けて二日。とっくに撤退した友軍とは遠く離れ、男と少年の前には何もない平原が広がるのみ。このままでは二人とも――。
男は明るく少年に話しかけるが、その顔色は悪く、無理をしているのは明らかだった。
結局、またこうして自分はこの人に迷惑をかけている――この人は、見ず知らずの自分を戦場で拾い、育ててくれた。そして今回も、命令無視の結果孤立した自分を、死を顧みず砲撃の嵐の中に飛び込み、助け出してくれた。
この人はいつも自分を助けてくれて、自分はいつもこの人の足を引っ張ってばかり… 何も返すことができない――男の背で、少年の心は暗く沈んだ。

ふと、風が吹いた。
まだ、頭がぼやけているのか、その風は少年の片方の紅い瞳に、見たこともない金糸雀色に映った。
少年が風のことを告げると、男は「色がついた風なぁ… お前、面白れぇもん見えるんだなぁ」と笑った後、「風… あぁ、そうか… クソ…」と気色ばんだ。
風は、暫く何かを調べているかのように二人の周囲を回った後、突然、体を押し戻す程の向かい風となり二人に立ちはだかった。
進むな、これ以上生きようとするな、先には災いが待つだけだ――そう告げるように、風は、強く強く吹いた。あまりの風に男の体がガクンと沈む。
「…団長!」
力なく呼び掛ける少年。男はニヤリと笑顔を浮かべて言った。
「すげぇなこりゃ、やっぱりか… こいつはハルピューイだ」
心が弱ると、それを見透かしたハルピューイがやって来て、魂を冥界に連れ去ってしまう――戦場を渡り、戦う者達に伝わる風の伝説――。
「だからよ、戦士はハルピューイが吹いた時こそ心を引き締めるのさ。魂を持って行かれねぇようにな。弱気になるんじゃねぇぞバルド、お前は助かる 」
強風は二人に襲いかかり続けたが、暫くすると、決して歩みを止めない男に呆れたように吹き止んだ。
ハルピューイは諦めたのだろうか――しかし、今度は二人の後ろから碧玉色の突風が吹き荒れた。
災いに立ち向かおうというのか、いいだろう、ならば災いの向こうにある不幸へと、疾く招き入れてやる――そう言っているかのように、風は二人を追い立てる。
しかし、男は背から少年をおろして抱きかかえると、しっかりと足を踏みしめ、その風にも好きにはさせないとばかりに抗った。
「うはは! 今日のハルピューイはしつこいぜ!」
団長は気づいていないのだろうか… この風はおかしい… 伝説やお伽話なんかじゃない――。
暫く二人が耐えていると、吹き疲れたように風が止んだ。
今度こそ終わり――違う、この不気味な静けさは――二人に緊張が走る。
来た――フッと二人の頬をなでる風。これはさっきの金糸雀色の――いや、それよりは少し赤みがかった――風は次第に強くなり、雲を呼び、凄まじい嵐となって二人を取り囲んだ。
「まいったな、どうあっても俺らの魂をもって行きたいらしいや」
おどけつつも必死の表情を浮かべる男。
ダメだ… このままじゃ団長が――少年は、男に自分を置いていくように叫ぶ。しかし、それを聞いた男は、さらに力を込めて少年を抱え込み、
「おまえ、このヘルマン団長を舐めてんのか? かわいそうにな。帰ったときの拳骨が増えちまったみてぇだぞ」
と笑って見せた。
その笑顔に怒ったのか、風は更に強く吹きすさび、二人の体を締め上げる。
ハルピューイ! オレの魂をやる! だから、この人は連れて行かないで!――少年が叫ぶ。しかし暴風はその声を飲みこみ、更に更に強く、風自身が千切れそうな程に吹き荒れる。風に混ざった石や砂が、男の傷ついた体を更に削り、皮膚を、肉を刻み続ける。しかしどれ程傷つこうとも、いや、傷つく程に、男は少年を強く抱え、少年を傷つけさせまいと大きく覆いかぶさった。
もういい… もう放してよ… お願い…だよ――次第に意識が遠のく少年。
ぼんやりとした視界の中で、金糸雀色の風と碧玉色の風が、猛り狂う仄赤い嵐に混ざりあい吹いていた――いや、あれは、嵐を止めようとしているのだろうか――団長…

「おい 起きろバルド」
男に呼ばれ、少年は目覚めた。嵐はすっかり止んでおり、空は先ほどまでの事が嘘だったかのように晴れ渡っている。少年を背負う男が、満面の笑顔で言った。
「ほれ、あきらめなかった俺たちに、ハルピューイ達から贈り物だぜ」
男が指差す先には、見たこともない大きな虹、そしてその下には味方の野営地が――。
「さぁもうひと踏ん張りだ、気張れよ!」
やっぱり、この人はすごい。いつか自分もこの人みたいに――そしていつか、この人の助けになる男に――少年はドロドロの顔に輝かんばかりの笑顔を浮かべ、大きく頷いた。

* * * *

少年は、再びあの平原を歩いていた。あの頃より少し背が高くなった少年は、懐かしそうに平原を見渡す。しかしその目の輝きは、霧掛かったように失われ、何かに怒りを燃やしているようでもあり、何かを諦めてしまっているようでもあり――。
ふと、風が吹いた。
「いたいた、やっと見つけた。久しぶりだね」
少年の前に現れる金糸雀色の風をまとった少女。
「…あんた、言葉が話せるんだな」
「なにそれ、驚かないの? 子供の癖にずいぶん落ち着いちゃってさ」
少女は宙を舞い、美しい翼を広げて笑う。
「今日はひとりなんだ。前に一緒にいた男は?」
「死んだよ」
「へぇ、あの時はがんばったのにね。で、アンタはここで何してるの?」
「あの時… 渡しそびれた魂を返しにきたんだ」
不思議そうな顔をする少女に、少年は真剣な眼差しで語りかけた。
「あんたらハルピューイは、戦士の魂を冥界に運ぶんだろ? オレの魂を渡す、だから――あの人の魂を戻してくれないか?」
少女は、初め言葉の意味が解らないといった様子できょとんとしていたが、その意味を悟ると、くるりと一度宙を回って答えた。
「無理ね。できない」
「…なんとか、ならないか?」
「ならないかな」
食い下がっては見たものの、少年はそのようなことは初めから解っていたとでも言うように自嘲気味に笑い、更に少女に告げた。
「なら… ならオレの魂をあの人のところへ連れて行ってくれ」
少年の言葉に、首を傾げる少女。
「オレはあの人に命を拾ってもらった。だからあの人の為に生きなきゃと思ってた。けど、それももうできない… できた事なんて…なかったかな… この世界で、あの人だけがオレに生きてもいいと言ってくれたんだ… でも… なぁ、あの時連れ去ろうとしてた魂だ。それならできるだろ?」
少女は、何か考えるようなそぶりをした後、宙を二回まわって笑った。
「アハハ、アンタの魂なんかいらないよ。アタシは弱った戦士や旅人の魂を運ぶのが仕事なの」
「なら…」
「アンタ、何か勘違いしてるんじゃない? アタシ達はあの時、アンタじゃなくてあの男の魂を奪いに来たの」
予想外の少女の言葉に、戸惑う少年。
「あの男の魂はとっくに死んでた。戦いで、命を奪うことでしか生をつなぐことができない自分に疲れ果てていたの。アタシ達はね、そういう戦士の魂をつれていくのよ」
そんな――少年は驚いたように目を見開いた。
「でもね、あの時、あの男の魂はどうやっても連れて行くことができなかった。アンタのせいよ。あの男はアンタを見る度、アンタが傷つく度に、魂の輝きを取り戻して生きようとしてた。つまり逆――」
少女は言った――
「――アンタがね あの男を生かしてたの」
――立ちすくむ少年。
「…オレが…」
少年は、両手で顔を覆い、下を向いた。
「…そっか… オレが、団長の…」
顔を覆い、崩れ、膝をつく少年を、少女はバツが悪そうに見下ろしていたが、ふと何かを思い出したように言った。
「そうそう、そんなことよりさ、アタシ、アンタを探してたの。アンタのせいで、アタシの下の妹がどっかいっちゃったんだよね。あの時、アンタ達の魂が輝きだして――特にアンタが気を失いながら出した紅い光を見たとたん、あの子おかしくなっちゃったのよ」
「紅い…」
少しだけ顔を上げる少年。
「アタシはあの紅い光を知ってる… でも、良く似てるけど、アンタのは少しそれとは違うみたい… なんにせよね、アンタのその光を追ってけば、あの子に会える気がするの。だから一緒にいさせてもらおうと思って。できるんでしょ? 契約」
「…契約…? 一緒にって… けど、オレは…」
「けど、何よ」
少女は宙を舞いながら、歌うように言った。
「あればなんでもいいんじゃない? 生きる意味なんてさ。復讐でも、なんでも」
少年は暫く下を向いたままじっとしていたが、ゆっくりと立ち上がり、涙で汚れた顔を隠すように少女に背を向けて宙に語りかけた。
「なぁ、あの時の虹…あれ、あんたらが見せてくれたのか?」
「あぁ、アレ? アレはアタシ達の大姉ちゃんがやったの」
「…あれ、また見られるかな」
「どうかなぁ、大姉ちゃん気まぐれだから… でも見れるかもね。あれさ、“暗闇を抜けた魂へのご褒美”なんだって。アンタが今の闇を抜ければ、機会はあるんじゃない? アタシもいるしね」
少女は笑いながら、くるくると楽しそうに宙を飛びあがる。
「…なら、いいよ」
目をつむる少年――
「団長のことを覚えててくれるやつが側にいるってのは、オレも嬉しいしさ」
そう言って、少年は来た道を逆に歩き始めた。
「そ、じゃ、そうさせてもらうね。あとアタシ、“ハルピューイ”じゃなくて“ハーピー”だから。ハーピーのアエロね」
わかったよ――そう言う代わりに、少年は頭の上に手をあげて振った。
金糸雀色の風は、そんな少年をからかうように、その周りをくるりと回ると、少年の目にかかっていた霧を吹き散らすかのように、金色の軌跡を引いて勢いよく空へと吹き上がった。
――fin

special episode 2
◆『砂漠の虹』◆

「どうだ、まだやるか?」
片方の目に赤い光を宿した青年が、余裕の笑みを浮かべ、こともなげに言う。三十はいたであろう仲間たちが、青年により、ほんの数分足らずで半数近く戦えぬ体にされた――圧倒的な力の差に、ゴブリンファイター達が後ずさる。
「行けよ。無駄に死ぬこともないだろ」
青年は、戦斧を構えたまま告げる。リーダーらしき者が何やら、引くな、戦え! とばかりに残った仲間たちに解らぬ声を上げているが、後方の数体が緊張に耐えられず、奇声をあげて逃げ出したことをきっかけに、集団はバラバラと崩れていく。
「あ~らら、引くときに引けない指揮官ってのは嫌われるぞ? じゃあな」
そう言って敵に背を向ける青年。
しかし、それをみたリーダー格は、いたく誇りを傷つけられたのか、癇癪を起こしたようにすぐ横で逃げようとするゴブリンアーチャーを殴り飛ばし、その弓を奪う。そして、青年に狙いをつけ、やけくそに次々と矢を放つ。
ほとんどの矢は明後日の方向へと飛んで行ったが、その中の数本が青年へと吸い込まれるように飛んでいく。
青年は気付いていないのか、矢がその首元へ届こうとしたその時――ビュオウと金糸雀色の風が吹き上がり、全ての矢を宙高く舞い上げた。
うち一本が弧を描くようにリーダー格の元へと翻り、その角にガツンと音を立てて突き刺さる。驚いて尻餅をついたゴブリンファイターは、怖気づき、奇声を上げて逃げていった。その様子を見ていた青年は、宙に向かって微笑んだ。
「アエロ、いい風だ」
すると、青年の声に答えるように金糸雀色の風が舞った。
「んもう、バルドは甘いなー」
風と共に、金糸雀色の羽を優雅に羽ばたかせた少女が姿を現し、青年に笑いかける。
「――いい風、か…」
しかし、その笑顔とは裏腹に、少女の目には、どこか憂いを秘めた光が湛えられていた。
――今日、打ち明けよう。
そう、少女は心に決めていた。
――言うなら、戦いが終わった今だ。またいつ敵に会うかわからないし、それに――これ以上待つと揺らいでしまいそうだ――。
昨日も、その前の日も言えなかった。今日こそは――しかし、いざ口にしようとすると、言葉が詰まってうまく出てこない。そう、少女が逡巡していると、青年が言った。
「――すまん、嘘をついた」
「…?」
「最近のオマエの風、少しおかしいぞ。なんかこう――綺麗な色じゃない」
そうだった、こいつは風が“見える”んだった――油断してた。ずっと一緒にいるのに――そんなことにも気が回らない程に動揺していた自分に驚いた。少女はすいっと滑空し、青年の横を飛び越して正面に回り込む。
「なんだよ、失礼だなぁ」
心とは裏腹に、いつものように明るく口をとがらせる少女。その様子を見て、青年は目を閉じ、ふぅ、とひとつ息を吐くと少女に言った。
「――行きたいんだろ?」
青年はまっすぐに少女の目を見る。
「――え?」
思いがけない青年の言葉に、少女は羽ばたきを忘れ、地上へ降りる。
「――妹の手がかり、見つかったんだろ?」
「……わかってたんだ。アンタ、風、見えるもんね」
「それよか、お喋りなお前にしては口数が少なかったからな“らしく”ないんだよ」
少女は見透かされていたような気恥ずかしさと同時に、ほんの少しの安堵感を覚えて、気が抜けたように笑った。
「アハハ、付き合いが長くなると隠しごとはできないもんだねぇ」
そう言うと、少女は軽やかに再び飛び上がり、くるりと輪を描いて宙に止まる。
「――そう、“あの子”の居場所が分かったの。それに、どうやらあまり状況は良くないみたい… だから、助けに行かなきゃならないんだ」
少女はひと呼吸置くと、青年の目を真っ直ぐに見つめ、ずっとここ数日考え続けていた言葉を告げた。
「――だから、ここでさよならね」 
その言葉を予想していなかったのか、青年は驚いたように目を見開いた。
「1人で…大丈夫なのか? なんならオレも――」
――ほら、やっぱり。
「何言ってんの! アンタにはレムギアを解放するって大事な使命があるんでんしょ? アタシは初めっからそうするつもりだったし、目指す先が全く違うんだもの、仕方ない仕方ない!」
少女は少し早口に、いつもの明るい調子でそう言うと、くるりと回って飛び上がり、青年に背中をむける。
「アタシは、アンタの邪魔になりたくはないよ」
「アエロ…オレは――」
青年は、何かを告げようと手を伸ばして口を開くが、どのような言葉をかけるべきか迷っているのか、その口はただ言葉無く動くのみ――その空気を察したのか、少女は大きくひとつ羽ばたいて、背中越しに振り向き、
「今まで、ありがとね」
そう、最後の言葉を贈った。
少女の言葉に思考を遮られ、立ちすくむ青年。そして少女が飛び去ろうとした、その時――
「きゃっ!」
強い“西風”が吹き、少女を押し戻した。
その様子を見て、ハッとしたように我にかえった青年は、下を向き、
「――ダメだなオレは… またそうやって、誰かに背中を押してもらってやっと…か」
と、つぶやいた。
少女が気を取り直し、今度こそと飛びさろうとする――
「ああーーー!!」
突然、青年がガシガシ頭をかきながら、大声を出した。さすがに何事かと思ったのか、少女は空中でとまり振り返る。すると青年は、さらに大声で叫んだ。
「虹いいいい!!!」
「……へ?」
「まだ、“虹”を見せてもらってないぞ!!」
少女は、何のことかと目をぱちくりさせ、そして――青年と出会った時のことを思いだした。
――あぁ、そんな約束したっけ。
「あれ? 見せなかったっけ?」
「見てない!」
「そっか――アンタ、意外としつこいもんね」
「物覚えがいいんだよ」
「でもさ…」
「気にするな――あいつらだって、わかってくれる」
青年は、決して気持ちは曲げないとばかりに、強い意志を秘めた視線を少女に向ける。こうなっちゃうとねぇ――と、少女はハァーと長い溜息をついて言った。
「前にも言ったけど、大姉ちゃん気まぐれだから、見れるかわかんないよ?」
「あの虹は、“暗闇を抜けた魂へのご褒美”なんだろ? なら、今度こそ見れるんじゃないか?」
少女は「どうかなぁ… どうなのかなぁ?」と、うんうん悩むように、宙をしばらくくるりくるりと回り、
「――うん、バルドにしては上出来かな!」
と、金糸雀色に輝く笑顔を浮かべた。
少女の言葉を聞いた青年は、何を言われたのか分からなかったのか、少しの間唖然として少女を見つめていたが、突然ぷりぷりとした様子で、「じゃあ行くぞ! どこに行けばいいんだ!」と叫びながら、耳を赤くして、どこへ行くでもなく歩き出す。
その後ろ姿を見ながら、金糸雀色の風をまとった少女は、くるりと宙を回り、鈴のような声でコロコロと笑った。
――fin
体重 26[kg]
好きなこと たわいのない会話
消し続けたもの 弱き魂の光
追い求めたもの 強く、優しい魂の光
今、共にあるもの 赤眼の青年
イラストレーター 麻谷 知世

考察
人獣の20コストトライブサポート3種系担当。
他の同型カードと同じく単種族デッキ向け。
ディフェンダーなのでアタッカーの荒らしに対する役割は持てる。

スピーディに作れば荒らしに行く事も可能だが、サボテンダー等と違って足が遅いので長居はできない。
トライブサポート持ちはどれもそうだが、タワーの使い魔を強化する事で荒らし対応力が上がると言う面もある。
地味だがママリリやラプンツェルの大戦士サポートを受ける事ができるので、人獣大戦士トップが追加されたら出番も増えるか。

キャラクター説明
アエロは空気、空中、風を意味する言葉。
半鳥半人の怪物ハーピーとして描かれている。

ストーリーモードでは、バルドのパートナー使い魔として登場する。

関連カード


+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント:

添付ファイル