ワング(C)
基本情報
名前 ワング
種族 人獣
ジョブ アタッカー
召喚コスト 40
<タイプ> 狂戦士
タイプ ワーウルフ
HP 450
ATK 60
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 今村 卓博

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 エヴォルメルトW
攻撃力と防御力が上がる。ただし、一定時間が経過すると、覚醒状態に戻る。
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 60/40
覚醒 500 80/60
超覚醒 550 150/130〔通常時〕
230/210〔アビリティ発動時〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.2
+ Ver3.3

考察
3.2で実装された「超覚醒するとグラフィックが変わる」を生かしたデザインのカード。
召喚スペックは平均的だが超覚醒すると大きく能力が上がる。ただし時限で覚醒状態に戻ってしまう。
戻るだけなのでマナさえあれば再度超覚醒できる。

超覚醒時230/210は強いが、時間経過で覚醒に戻ってしまうのがネック。
…とは言え三度にわたる上方修正を受け、100秒とかなり長い時間を貰っているので気にするレベルではない。
2回超覚醒する前提で考えても160マナでアビリティ込み超覚醒50コス並みのスペックで200秒暴れられるので消費マナに対する効果は良い。
一応ペルセポネなどを噛ませた場合、間髪入れず繋げられるアタッカーの中では最大スペックである。

召喚スペック的に初手で出すのは非常に躊躇われるので、召喚スペックが高い2枚と組み合わせた3ジョブデッキや軽い荒らしから繋ぐ二手目が適している。
どちらにしてもペルセポネやベドラムと優秀なディフェンダー及びマジシャンを有する不死との組み合わせは相性がいい。
また、カードが追加されるに従い凛やアイギスなど早くから高い数値を出せるマジシャンが増えてきているため、
完成時のスペックの高さを見越して、相手にそれらマジシャンを初手で出させないための保険としての用途も出てきた。
最大のライバルであるソエルはステラという相棒を得てさらに強化されたが、こちらは単体で完結しているという点に活路を見出したい。

Ver3.504 [2016.09.08]にて、「エヴォルメルトW」の攻撃力上昇値、防御力上昇値が+60から+70へ上方、効果時間が120秒から100秒へ下方修正された。
Ver3.511 [2017.03.07]にて、「エヴォルメルトW」の攻撃力上昇値、防御力上昇値が+70から+80へ上方修正された。

キャラクター説明
狼男、人狼を英語読みで「ワーウルフ」という。
主に半人半狼の姿、あるいは全身が狼そのものに変身した人間の男性の事を指す。

かつての"偉大な魔女の一行"の一員だった存在。
現在はバーバ・ヤーガ一行の一員となり、マルグリッド(ウィッチ)を探している。
過去作では常に狼の姿で登場していたが、LoV1の頃から既に人の姿をカードイラストで披露している。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい

添付ファイル