プルートー (UR)
基本情報
種族 不死
名前 プルートー
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 90
<タイプ> 黒冥神
タイプ コンセンテス
HP 700
ATK 100
DEF 110
覚醒
超覚醒
アーツ
CV

アビリティ
召喚 なし
覚醒 キルリバースカースA
攻撃力が上がる。さらに、自身が撃破した敵ユニットの復活時間が延びる。
超覚醒 蒼き死獣
攻撃力・防御力・移動速度が上がる。さらに、自身が敵ユニットを撃破したとき一定時間効果が上がり、HPが回復する。

+エラッタ前のステータス
閉じる
Ver3.000~Ver3.013
種族 不死
名前 プルートー
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 90
<タイプ> 黒冥神
タイプ コンセンテス
HP 700
ATK 110
DEF 100
覚醒
超覚醒
アーツ
CV

アビリティ
召喚 アローンアップA
覚醒 アローンアップA
超覚醒 キルヒール

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 700 100/110
覚醒 750 180/160〔アビリティ発動時〕
超覚醒 800 260/240〔アビリティ発動時〕
280/260〔敵ユニット撃破時〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.0
Ver3.0
画像
全長 28[meter] 冥府の奥底、死が渦巻く闇淵で死獣は目を覚ました。
地上に漂い始めた懐かしい気配を感じ取ったのだ。
かつて冥府を拡げんとして、
死を撒き散らしていた時に出会った紅蓮の輝き…
あの日と同じ、魂を焦がす紅蓮の気配を。
死獣の躍動を感じ取り、冥府を漂う死霊達は蠢いた。
それは新たに撒き散らされるであろう死への悲嘆か、
それを成す死獣への賛美か…幾多の死を纏い、
蒼き死獣が無数の骨を踏み砕き立ち上がる…
また始まるのだ。あらゆる命を死へと誘う戦乱が!
広がり始めた死の気配に、冥府の死獣は咆哮をあげた。
重量 42[t]
生息域 死の洞
一食 死者の魂10万人分
目的 冥府の拡張
更なる目的 紅蓮との死闘
イラストレーター タカヤマトシアキ
+Ver3.1
Ver3.1
画像
全長 28[meter] 死の洞より侵攻を始めた死獣は、地上への出口を目前にして足を止めた。
出口を塞ぐようにして幾人かの、不可思議な文様を身に刻んだ人間達がこちらを見ていたのだ。
本来、死獣は矮小な人間など意に介さず踏み潰す。
足を止めたのは、その人間達からある匂いを嗅ぎ取ったからだ。
人間達は一斉に話し出した。
[[[死獣よ、光栄に思え。貴様を我ら『教会』が作りし”疑似アルカナ”の器としてやろう。さぁ、我ら『教会』の使い魔となるがよい]]]
人間達から感じた匂い。それは「紅蓮」の気配だった。
何故、目の前の人間達から自身の知る「紅蓮」の気配がするのか、もしや、この者達は、あの「王たる者」の…
死獣は徐々に自身を浸食する紅蓮の光りに眼を細めーー人間達を装置ごと薙ぎ払った。
死獣にとって目の前の「紅蓮」が本物であろうと偽物であろうと、どうでも良い事なのだ。
死獣にとって大事なのは「紅蓮」を蹂躙しつくして、己の冥府の一部とする事のみ。
死獣は目の前の「紅蓮」の気配を残さず踏み砕く為、何の感慨も無く、人間達に無慈悲な爪を振るった。
重量 42[t]
生息域 死の洞
好きなもの 死者の魂
嫌いなもの 生けるもの全て
趣味 死者の骨を踏み砕く
イラストレーター 日田 慶治
+Ver3.2
Ver3.2
画像
全長 28[meter] 幾多の死霊を纏い、ついに蒼き死獣は地上に姿を現した。
彼方に見える未だ清浄な大地を睨み、死獣は咆哮とともに行軍を開始した。己の後に冥府という名の傷痕を刻みながら。
その息は毒を撒き散らし、踏みしめる足は地から命を吸い上げ、大地を腐敗させる。
死獣が通りすぎた後、森は枯れ果て、川は腐り、全ての生き物が息絶える。こうして死獣は恐怖と苦痛と死を撒き散らしながら、
冥府の領土を拡げていくのだ。そしていずれは、あの「紅蓮の輝き」をも――
蒼き死獣は遥か彼方から確かに感じる「紅蓮の気配」に向かって、その足を速めた。
かつて、己がものすることの叶わなかった「紅蓮の輝き」…あの力を今度こそ手に入れる為に。
世界の全てを冥府と化すまで、蒼き死獣の行軍は止まらない。己の進む先にいるであろう
「紅蓮の輝き」への期待に震え、死獣はひときわ大きな咆哮をあげた。
重量 42[t]
生息域 死の洞
特技 一呼吸でたくさん殺す
最高記録 2600人
目標 3000人超え
イラストレーター 吉村 正人
+Ver3.3
Ver3.3
画像
全長 28[meter] まばゆい星の明かりに照らされ蒼き死獣の姿が夜の闇に浮
かび上がる。地上の空気は清純であり、あまねく命に満ちて
いた。
死獣はそれらを嫌ったが命を奪う快楽はそれに勝る。星の
数ほどに引き裂き吸い尽くしてもまた生まれてくる。ま
た増えていく。まるで死獣のもたらす死に抗うかのようだ。
悪くない----死獣は愉しんでいた。やはり、只々死を受け入れる命を摘み取っても楽しくはない。
必死に抗い、命を燃やし、輝かせたその瞬間の死こそが良い
のだ。今もまた大きな戦乱に出くわし、人、神、魔関係なく、その
ような暗い輝きを見せる、全ての命を奪い尽くした。
思えば、あの者の命は、何よりも眩い紅蓮の輝きを発していた。
そしてこの先、すぐそこに「紅蓮」の気配がある。
----クク・・・先ほどの乱戦も、そのものが起こしたのかも知れぬな。
死獣は昂ぶる心を落ち着かせるように、芳醇な死の匂いを
ゆっくり吸い込んだ。
----さぁ、今度こそ「紅蓮」をわが冥府の一部に。
底より追い求めたその「気配」の主を目に映した。
----これが、そうだというのか・・・。
死獣の目に映ったもの----それはぼろぼろに傷つき倒れている、一人の少女だった。
重量 42[t]
最高速度 20[km/h]
現在の生息域 異界の地上
支配 死者の国
「死」以外の興味 紅蓮の輝き
イラストレーター kera


考察
エラッタにより生まれ変わった不死の初代90コストディフェンダー。
素のステータスが攻守入れ替わってDEFが高くなり、召喚時のアビリティは消滅した。べドラム投げのプレッシャーは落ちているが、主人公や相方と共に荒らすことでフォローできる。
覚醒でキルリバースカースAが発動してATK180となり、撃破したユニットの復活時間を延長する。このアビリティのおかげでタワー防衛も頼れるようになった。
超覚醒でアビリティ込260/240と移動速度上昇。90コストとしては及第点ステータスに加えて、敵ユニットを撃破することでHP200回復と一定時間攻防+20&移動速度がさらにアップする(30カウント?未確認)。
この効果時間中はさすがに強く、べドラムのアーツをかけることで並程度のアタッカーには追い付いて撃破することができる。
リバースカースも地味にいやらしく、序盤で覚醒できたときに根本使い魔を撃破することでマナ差を広げられる。200カウント前後のタワーを攻める展開で敵主人公を喰えれば長時間魔神化や降魔を封印できるので、積極的に狙いたい。
敵にマジシャンがいない場合、多少無理をしても撃破さえできればHP回復効果があるので、混戦でも敵アタッカーは逃がさない覚悟で運用しよう。

問題はDEFで、敵を撃破していなければ240と平均的な数値であること。低くはないが、試合後半は根本と降魔で簡単に火力を盛れるため、中コストマジシャン相手でも油断できない。
HP回復の数値も下がっているため、火力のあるマジシャンがいる場面ではどれほど餌が居ようと回復が追いつかず致命傷を負う。
だが死滅を恐れ根本しか狙わないようでは最高コストとして本末転倒でありポイントも稼げない。プルートーの性能を理解している相手は根本も投げないので、以前と同じように撤退すべき時は撤退すること。

突き詰めると刺さる相手には強く、刺さらない相手にはとことん弱い、という性能に変更はない。以前と同じように味方と協力して役割分担するのが重要になる。
良くも悪くも存在感はあるので、場合によってはおとり役を引き受け、後半は味方のアタッカーを護衛するように動くと安定する。

今回はタワー防衛もこなせるので自力超覚醒できる場面もあるが、高コストで早く作るほど活躍できる時間が増えるのでリザレクションによる運用が無難か。転生でごまかして試合後半の降魔を狙うのもあり。
降魔はプルートーの転生も視野に入れるとアタッカーでカルマFASTの~背徳の騎士~、もしくはメルトの~異端の至高神~などが厄介なマジシャンを追い払えるため良いと思われる。

+エラッタ前の考察
閉じる
不死の90コスト担当。素のスペックはやや低くアビリティではATKしか上がらないのでDEFは90コスト最低値。
マジシャンであればコストとしてはサブクラスの紅蓮やシェラハ相手に一方的にやられる程なので扱いには注意を要する。
それを超覚醒のキルヒールで補いながらATK260を活かして行こう。
ただし火力のあるマジシャンがいる場面ではどれほど餌が居ようと回復は追いつかないので、撤退すべき時は素直に撤退する事。
足が遅く帰還拠点からあまり離れすぎてもいけないので、ジョブ相性を考えてきちんと立ち回りたい。
90コストゆえスマッシュの性能は最高を誇り、スピードアップ持ちも迂闊に近寄れない。


相手からすると簡単に食われる事がない大型でなければプルートー退治に向かわせられないので、多くの場合主人公や10コスの最低保障を受け続けずに済む。
アルカナ防衛でも石狙いの小物がいればそれを処理する事で回復と防衛を両立できるので、回り始めると恐ろしい継戦能力を発揮する。
ディフェンダーでさえ苦労しやすいアタッカー単の全突に対しても、1体をスマッシュでひっ捕らえて回復するループができるので相性が良い。
ただし相手もそんな事は百も承知、的確にマジシャンや大型の軍勢を差し向けての処理を狙ってくるので安心はできない。
逆に言うと状況を確保してしまえば完全にその場を掌握してしまうのがプルートーだ。視野は広く持ちたい。


スマッシュの性能ゆえ、召喚時点からでもタワー戦で決定力になるのが隠れた強さである。
相手の荒らしに対してスマッシュをぶつけるとそのまま逃がさない事が出来るので、そのまま荒らしを食いつつ敵タワーに突撃して死滅し、
リザレクションで軽量化して呼び戻す…といった戦術は定番であり、扱うならば吟味しておきたい。
リザレクLv2でも覚醒時にアローンアップAを発動させれば210/150と悪くないスペックを誇るので、自身でタワーを守ればすぐ超覚醒まで行ける。


大型ディフェンダーの中でも単純にアンチアタッカーを務めるなら定番。
ディフェンダー同士でも力負けしないのは嬉しいがサイズのあるマジシャンを出すだけでほぼメタられるのでくれぐれも注意が必要。
わだつみと違って多少の相性は覆せるタイプではなく、強い相手にこそ滅法強いというタイプである。
「足が遅い90コスト」というピーキーさは常に付いて回るので、細心かつ大胆な運用が重要。

キャラクター説明
過去作ではLoV2とLoVRe:2に登場していた。
前作LoV2では最大の30コストで、2速Wシールド持ちと制圧力が高いカードであったが、攻撃と硬さも半端でひき殺すには頼りないスペックだった。
Re:2のエラッタで改善されるものの、当時のドラキュラとは住み分けはあるもののほぼ上位互換で立場無しの扱い。
Re:2.2では新たにUC【咆哮】プルートーとして登場するも、2~3速メインの不死に合わぬ4速ノースキル。
このように微妙なカードのイメージが強く、「プル犬」と呼ばれ苦節数年、LoV3でついに不死の大御所としての地位を得た...のか?

プルートーの原典はハデスであり、ギリシア神話からローマ神話に取り入れられた姿である。
つまりハデスは本家と仮の姿で不死のUR独占の偉業を成し遂げた。
弟…から妹に性転換したポセイドンは泣いていい。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • プル犬はどんなに頑張ってもプル犬だったよ… -- (名無しさん) 2016-06-16 18:26:15
  • 今では40コストマジシャンとタイマンしても負ける90コスト。
    キルヒールがほぼガラクの下位互換と化してる上に90コストで260/200は開いた口が塞がらないどころか顎が外れるレベル。
    やたら排出続投して不死のUR枠潰してたんだからエラッタしてでもまともな性能にしてあげて欲しい。
    -- (名無しさん) 2016-06-16 19:41:42
  • ついにエラッタが来たぞ! -- (名無しさん) 2016-08-08 15:24:23
  • エラッタ後
    超覚醒でA250D230でした。
    キル後のステとヒール値は確認する余裕ありませんでした。
    -- (名無しさん) 2016-09-10 18:44:21
  • 召喚100/110、覚醒180/160、超覚醒250/230。キルで+20/+20、速度上昇は詳しくはわかりません、速くなってるのは体感出来ます -- (名無しさん) 2016-09-10 21:20:04
  • 考察以外を修正しました。間違ってたら報告お願いします。 -- (名無しさん) 2016-09-23 21:37:54
  • アビは常時発動だし、通常時の表記は消してもいいんじゃないかな -- (名無しさん) 2016-09-23 21:56:10
  • 確かにこれだと見にくかったですね
    ご指摘ありがとうございます -- (名無しさん) 2016-09-23 22:20:43
  • エラッタ後の考察書きました。
    突っ込みどころが多々あると思うので加筆修正お願いします。 -- (名無しさん) 2016-09-27 22:18:18
  • ↑ お疲れ様です。
    アローンが無くなったおかげでまとめて動かせるのは大きいけど、90コスト故に添えれる戦力が限られる上に複数攻撃もないので寡兵気味なのは相変わらず。
    キルブレイク持ちのニャルのように多少の危険を冒してでも遊撃隊をやる旨味もないので、相方のムーブに合わせてエラッタ後の強みである追撃戦での強さを活かしていきたいところ。 -- (名無しさん) 2016-09-28 02:19:47
  • 降魔のところはあえて書く必要がないような。
    特別相性が良いわけでもないし、マーリンの方がいい気もする。 -- (名無しさん) 2016-09-28 16:39:59
  • 相手次第で歩く撃破ポイントになりかねないマーリンをプルートと組ませるのは中々にシビアだと思うが。
    高速&範囲持ちな高坂や苦手ジョブにも多少無理が利く小角の時のようにマーリンをゲート前で待機させるにも、前述の2体のような強みがなく先制とれないとイマイチ弱いプルートしかまともな戦力がいない状態になりかねない。
    プルートでマーリンを守りながらのムーブでも、一定のサイズの△ならプルートに痛打を与えられる終盤ではそれらに対してある程度の抑止力になり得る○降魔の方が安定すると思うが。 -- (名無しさん) 2016-09-28 23:29:35
  • 上方後の蒼き死獣の効果時間、結構長くなってる。
    以前は気が付いたら効果切れてるって事が多かったけど、以前が20カウントなら今回は30くらいあるかも。 -- (名無しさん) 2016-09-30 11:01:58
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る