ベル(ST)
基本情報
名前 ベル
種族 人獣
ジョブ アタッカー
召喚コスト 20
<タイプ> 純真者
タイプ ダンまち
HP 350
ATK 20
DEF 30
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 松岡 禎丞

アビリティ
召喚 なし
覚醒 憧憬一途(リアリス・フレーゼ)
自身の超覚醒に必要なコストが下がる。
ただし、一定コスト以下にはならない。
超覚醒 未完の少年(リトル・ルーキー)
自身が敵ユニットを攻撃するたびに、自身の攻撃力が上がる。
ただし、この効果はゲートへ帰還、またはマナタワーへ駐留するとリセットされる。
アーツ 英雄の一撃
範囲内にいるターゲット中の敵ユニット1体に80ダメージを与える。
このアーツは、自身の攻撃力がATK120以上でないと使用できない。
消費マナ 20
効果時間 なし
wait時間 ?秒
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 20/30
覚醒 400 30/40
超覚醒 450 90/100〔0回攻撃〕
95/100〔1回攻撃〕
120/100〔6回攻撃・上限〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
覚醒アビリティの憧憬一途は、超覚醒に必要なコストを10下げるという効果。
召喚から超覚醒までに50マナの消費で済むという完成速度。
超覚醒アビリティの未完の少年は、通常攻撃をするだけでATKが上がるというキルアップ持ちが怒りそうな効果
ただし、1回当たりの増加量は5と控えめで上限もATK120で抑えられている。
そして、ATKが120に到達するとは敵ユニットに固定ダメージを与えるアーツが使用可能となる。
風間仁やビューネイがその強さをプレイヤーに知らしめているが、ダメージは80とそこそこなので過信は禁物。

Ver3.4稼動前に初公開されたときから強そうな使い魔と注目されており、稼動後は予想通り大流行した。
一度下方修正を受け、最大スペックやアーツのダメージを下げたことで、中型ユニットには敵わなくなってきたが
得意の完成速度は変わらず荒らす分には性能が高いため、人獣デッキにおける20荒らし枠として見たときにベルの採用率は高い方である。

当時は流行カードということもあったので、ベルを使わないプレイヤーもベルの対策は考えておかなければならなかった。
ベル対策でコスト10ディフェンダーを多く入れた根本のデッキが増え、対策に巻き込まれた他のコスト20アタッカーが活躍しづらい環境となった。
そしてVer3.406にてエラッタされ、召喚アビリティを剥奪された。
また俗にタワービームと呼ばれる開幕速攻戦法対策のシステムが実装され、開幕に10コスト1枚とベルのみを出し速攻を仕掛け安全な自タワーでホケが高コスト使い魔相当の速度でマナを吸う、通称ホケベルと呼ばれる戦法は幕を閉じた。

キャラクター説明
コラボレーション『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』より参戦。
本名はベル・クラネルであり、神族のヘスティアの眷属【ヘスティア・ファミリア】の団長。
ある出来事でLOVAの方で参戦したアイズ・ヴァレンシュタインに、間一髪で助けられ彼女に追いつきたいという
強い意志により【憧憬一途】という成長に影響する史上初のレアスキルを発現。だが、ヘスティアによって【憧憬一途】は隠蔽されベル自身はこのスキルの事は知らない。
覚醒・超覚醒のコストを下げるのは早熟成長という意味としては理に適っている。
【未完の少年】はランクアップした際に付けられる神々により与えられる二つ名。本人は普通の二つ名と思っているが一部の二つ名以外は基本的に痛すぎる二つ名が多い。だが子供達には好評である。
【英雄の一撃】はスキル【英雄願望】の効果により、圧倒的な力の不条理に対してたった一つのちっぽけな力で逆らう一撃。
使用するのにチャージが必要となるためATKが一定値にならなければ使用できないのはその条件からだと思われる。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい