スプンタ・マンユ(SR)
基本情報
名前 スプンタ・マンユ
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 70
<タイプ> 大神
タイプ ゾロアスト
HP 600
ATK 100
DEF 100
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 クリティカルアタック
攻撃力が上がる。さらに、自身が攻撃した敵ユニットにクリティカルダメージを与える。
超覚醒 【白】ハイクリティカルカット
防御力が上がる。
さらに、自身が受けるクリティカルのダメージを一定量減らす。
超覚醒 【黒】クリティカルペインT
攻撃力と防御力と移動速度が上がる。
ただし、自身が受けるクリティカルのダメージが上がる。
CHANGE 超覚醒時、自身のフォーム【白】と【黒】を切り替える。
消費マナ 10

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 600 100/100
覚醒 650 150/130
超覚醒【白】 700 220/250
超覚醒【黒】 260/230

+ エラッタ前のステータス


DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.4(VerRe:3.0)
+ Ver3.4(VR)


考察
2016年10月27日のエラッタを受けて生まれ変わった使い魔。
70コストなのでエリスのハイエヴォルカットの対象でもある。
まず、ステータスが110/80から100/100へ変更された。
次に、覚醒時に固定値15が追加されるクリティカルアタックというアビリティが付与され、攻撃力が上がり固定値が高くなり実質ATKが数値より高くなった。
また、超覚醒時のアビリティ、黒のクリティカルペインがWからTに変更され、白のクリティカルガードがハイクリティカルカットになった。黒のアビリティがTに変わったことで、移動速度も上がるようになった。この移動速度が曲者で最近まで話題となったクリシュナリスタートまでとは行かないがクイックドライブを使用したアタッカーより早い。アマイモンを使用した高坂甚内より少し遅いくらい。

さらに、このユニットの恐るべき所は白状態によるアタッカーとは思えないほどの耐久力である。
超覚醒時の白状態でATK220/DEF250。さらにディフェンダーからのクリティカルダメージを減らす。
ATK220とマジシャン相手には通り易い数値であり神族なのでDEFサポートを与えやすい。
ハイクリティカルガードの効果によりディフェンダーからのダメージ及び制圧のクリティカルダメージをカットするので神族のお家芸であるDEF盛りすればするほど受けるダメージが目に見えて低くなり根本ディフェンダーからの数の暴力にも耐性がある。
特にアタッカーの弱点である高コストディフェンダーに捕まってもクリティカルダメージを減らすので、無理をしなければ死滅する前に帰還できることも多い。
その為キュオのフィールドアーツやエヴァンスールのマテリアルによるリジェネとは相性がいい。
ベロボーグを搭載するのであれば考えてもいいだろう。
また【】アストレイアのトライブHPでHPを200上げると90コスト並の耐久力を持つ。

神族ボーナス、ヘラ、オズマ姫(白)だけでもDEFが+40される。ここに紅欄の女王のカルマ2を入れるとDEFが+75されて総DEFが325になり、ディフェンダー相手にも強気に立ち回れる。
DEF335で大型ディフェンダーのプルート(ATK270)からの受ける通常ダメージが34だった。
2対1などの複数体や大きな固定値ダメージを持った相手にはいくら堅いとはいえHPの減りが非常に速い。



キャラクター説明
ゾロアスター教における善の神の一柱であり、邪神アンラ・マンユの宿敵。
かつてアンラ・マンユと共に世界を創造した創造神でもあり、作られたばかりの無垢な世界に「悪」を蔓延させようとしたアンラ・マンユに対抗し「善」を広める事を選んだ。
人間の暮らす世界が争いに満ちているのは、アンラ・マンユが広めた「悪」とスプンタ・マンユが広めた「善」がせめぎあい拮抗している為と言い伝えられている。

現在はイラン神話の最高神であるアフラ・マズダー(ヴァルナ)と同一視されている。

関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい