ペリュトン(R)
基本情報
名前 ペリュトン
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 50
<タイプ> 聖魔
タイプ アトランティオイ
HP 500
ATK 80
DEF 80
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 トランスコストアップW
自身にトランスした使い魔の召喚コストに応じて、攻撃力と防御力が上がる。
TRANCE 超覚醒時、範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 80/80
覚醒 550 100/100
超覚醒 600 180/180〔通常時〕
210/210〔トランス時〕
220/220〔10コストトランス時〕
240/240〔20コストトランス時〕
250/250〔30コストトランス時〕
260/260〔50コストトランス時〕

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
海種に新しく追加された50コストのアタッカー。
超覚醒のアビリティであるトランスコストアップWは、トランスの素材にした使い魔のコストによって自身のスペックを上げる効果を持つ。
手軽な10コストをトランスした場合+10、20コストで+30……といった具合である。

同じ種族に居る雪の女王がトランスで210/200+アビリティ2つになる事を思えば、10コストトランスの実質220/220+アビリティ1つは少し物足りないか。
基本は20コスト以上とのトランスを狙い、10コストをサブに備えておくような形が望ましい。
20コストをトランスした時の240/240はアローンアップ発動中のジャバウォックと同値である。
また、同じく30コストをトランスする場合においての250/250はコストが上のヤツフサと同じATK・DEFかつHPが上回る。
これよりも上のスペックになりうるペリュトンとコストの近いアタッカーではアンフィスバエナとハクタクが居るが、彼らは特定条件下でのスペックである。
当然根元にどのようなアーツ持ちを入れられるかなどといった種族との兼ね合いもあるが、Re:3で追加されたアンジェラなど特定条件下でステータスが上がるトランス元とは相性がいい。

ペリュトン自身をトランスの素材にした場合トランス先のATK・DEFを+50するが、これは流石に重いか。
また、先にペリュトンを作ってからトランスさせる使い魔を作る展開になった時ペリュトンはトランスするまでずっと180/180であるというのは、タワー戦をする上で心細いと言えば心細い。
50コストの召喚80/80自体はトランス関係なく悪くはないスペックなのだが、初手出しする使い魔と考えるのは厳しいものがある。
荒業になってしまうが魔種のオルトロスをトランスさせると255/255。その後に50コストが存在すると305/305と謎の物体になってしまう。
海種50コストだとヴァルナが存在するので弱体化と合わせると高い攻撃力を生かせるが、やはり重い。

キャラクター説明
伝説上に登場する鹿の姿をした幻獣。アトランティス大陸に棲んでいたと言い伝えられている。
自分の影を持たない為、影を求めて人を襲う獰猛な幻獣。人間を食い殺すとしばらくの間だけ大人しくなり、足元に人の形をした影が現れるという。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • ペリュトンに、フッキをつけたらいくら上昇しますか??? -- (ʕ•̀ω•́ʔ✧) 2016-02-20 18:12:11
  • トランスコストアップの上昇値は50以降は+50と聞きました、試したことはないので恐らくフッキについても30+50だと… -- (名無しさん) 2016-02-20 19:58:36
  • トリスタンとやったら強い感じかなwww -- (名無しさん) 2016-02-22 23:49:55
  • 50コス上限ならハスターでいいやになるのか… -- (名無しさん) 2016-03-28 19:04:29
  • ハスターはないでしょ… -- (名無しさん) 2016-04-05 07:57:27
  • フッキにつけるならでしょ -- (名無しさん) 2016-04-29 18:58:47
  • トランスコストアップWの上昇値は、コスト50が上限ではありません。
    コスト40以降、コスト10ごとに上昇値プラス5です。
    ペリュトン+フッキであれば、275/275となります。 -- (名無しさん) 2016-06-30 01:38:28
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル