ライヒハート(C)
基本情報
名前 ライヒハート
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 断罪者
タイプ エクスキューショナー
HP 400
ATK 30
DEF 50
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 喜山 茂雄

アビリティ
召喚 なし
覚醒 モノアップD
デッキ登録した自ユニットが全て同じ種族のとき、自身の防御力が上がる。
超覚醒 グラッジアタック
スロウアタックの速度低下効果が上がる。
さらに、同じ敵ユニットに連続で攻撃を当てると、一定回数目の攻撃を当てたときに敵ユニットに与えるダメージが上がる。


ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 30/50
覚醒 450 50/110
超覚醒 500 110/170

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.4(VerRe:3.0)
Ver3.4(VerRe:3.0)
身長 2.4[meter]
体重 160[kg]
年齢 享年不明
出身 処刑執行人の家系
刎ねた首の数 三千を超える
捨てたもの 人としての心と体
イラストレーター 小城 崇志
フレーバーテキスト
――恐怖は斧を振るう手を震わせる
        躊躇いは首を刎ねる刃を鈍らせる
        心を閉ざし、感情を捨てよ
        機械となって、ただ厳粛にその刃を振り下ろせ

父さん…この台に立つたびに、昔あなたが僕に言った言葉を思い出すよ。でもね…僕は機械にはなれなかった。あそこに立てば手足はひどく震えたし、石を投げつけられれば心はいたく傷ついた。
…そうだ、父さんが…僕ら家族が壊れたきっかけも、こんな小さな石ころだったね。その小さな石ころ一つのせいで、姉さんは死に、母さんは気の病に倒れ、そして父さんは正気を失った。そして、僕はここに立つことになったんだ。

あの日から、僕の地獄は始まったんだよ。…でも、その地獄もこの斧を振り下ろせば、きっと終わる。ほら、僕の心も体も、もう震えてなんかいない。やっと、父さんの言ってたように、心を無くした機械に……ううん、きっと僕はもっとおぞましいモノになれるんだ。
これが父さんからの最後の贈り物だったんだね。ありがとう、父さん。早く姉さんのもとへ送ってあげるね。
一撃で終わらせるから。…さよなら、父さん。

――怪物と化した男の、ある日の追憶

考察

何とも癖の強いカードが多い不死30コスに新たに追加されたディフェンダー。
素のステータスはDEF型で覚醒でモノアップD、超覚醒でスロウブーストに少々特殊な固定値ダメージを得る。基本的には人獣のST鳴上 悠を小型化した様な使い魔。


「グラッジアタック」は自身のスロウアタックによる速度低下が60コスト並に強化され、同じ敵ユニットを3回連続で攻撃する毎に80の固定ダメージを与えるもの
この効果は敵ユニットの状態に関わらず計算されており、例えば主人公を2回目の攻撃で撃破した場合、再召喚された主人公を攻撃した際に固定値が発生する。相手が帰還、駐留した場合も同様。
逆に自身が帰還、駐留するとカウントがリセットされる為、「攻撃→駐留→再出撃して攻撃」というパターンでは固定値が発生しない。


敵荒らし、主力に対してのタワー防衛が非常に優秀で、そのスロウの強さから同コスト帯の荒らしをほぼシャットアウトする事が可能
マジシャン以外が相手であれば、多少格上が相手であっても強めのスロウと固定値で対抗できるのは強み
またST鳴上 悠と違いスロウアタックを当てずとも、とにかく3回攻撃すれば固定ダメージが発生する為、場合によってはガーディアンで耐えながら固定ダメージを与えるといった小技も可能


終盤においてもスロウブースト、固定ダメージ共に腐る事が無く中々に強力な1枚なのだが、問題はデッキの組み方。
このユニットを採用する以上、ペルセポネやエレシュキガルといったデマナ勢の投入は難しく、マナ加速手段が乏しい不死にとって先手を取れないというのはかなりの痛手。
高いDEFを活かして敵タワーを荒らす事も不可能ではないが、ウリである固定値が発動し辛い上にATK自体は110止まりと貧弱の一言。
また防衛から主力使い魔を育てるにしても、ライヒハートに90マナを使っている以上、完成はデマナ型の不死デッキより大幅に遅れる為、中盤は相方頼りの形になってしまいやすい。
ライヒハートで守るならば、相方に何を作ってもらうのか、よく相談した方が良いだろう


デッキの組み合わせ方は難しいものの、タワー防衛に関しては同コスト帯トップクラスの性能を誇る強力な使い魔である事は確か。
迂闊に近寄った敵を逃さず処刑台送りにしてやろう。

キャラクター説明
元ネタはドイツの死刑執行人家系であるライヒハート家。
ドイツでは死刑執行人は世襲制であり、担当となった家は代々執行人を輩出し死刑を執り行ってきた。

LoVのライヒハートは、ライヒハート家の長男にあたる。
前作のフレーバーでは、姉が誰かに殺害されたのをきっかけに、父は犯人探しで家を留守に、
母は自室に篭り放心状態、弟たちは親戚に引き取られ、死刑執行人の家業を継いだという内容が書かれている。
今回のフレーバーでは、自分の父が死刑囚になってしまい、自分の手で執行する様子が描かれている。
初仕事のときから、人殺しの家系と石をぶつけられながらも、生真面目な彼は仕事を続け年月が経ち
自分が死んでもなお不死として仕事を続けているのだろう。

イラストでもわかるように執行人がつけるマスクは、縦に細く伸びた兜のようなもの
初登場時にはその赤いマスクが某静岡ゲームの赤い三角頭に似ていると言われ、
向こうと同じく「△様」という渾名が付いたこともある。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 何とも癖の強いカードが多い不死30コスに新たに追加されたディフェンダー。
    素のステータスはDEF型で覚醒でモノアップD、超覚醒でスロウブーストに少々特殊な固定値ダメージを得る。基本的には人獣のST鳴上 悠を小型化した様な使い魔

    超覚醒アビリティ「グラッジアタック」は自身のスロウアタックによる速度低下が60コスト並みに強化され、3回攻撃する毎に60の固定ダメージを与えるもの
    アビリティでATKが上がらず、3回攻撃しなければ固定値も発生しない為にタワー荒らしとしての性能は他に一歩譲る

    本領は敵荒らし、主力に対してのタワー防衛で、そのスロウの強さから同コスト帯の荒らしをほぼシャットアウトする事が可能
    ジョブ相性を覆す程の力は無いが、マジシャン以外であれば多少格上が相手であっても高めのDEFを活かして圧迫できるのは強み
    またST鳴上 悠と違いスロウアタックを当てずとも、とにかく3回攻撃すれば固定ダメージが発生する為、場合によってはガーディアンで耐えながら固定ダメージを与えるといった小技も可能

    終盤においてもスロウブースト、固定ダメージ共に腐る事が無く中々に強力な1枚。


    一応モノアップDを発動させずともDEF130と最低限のDEFは確保できる為、混種での運用もできなくはない -- (名無しさん) 2015-12-11 12:39:18
  • △様なのに□(ディフェンダー)とはこれ如何に -- (名無しさん) 2015-12-12 16:55:05
  • コメント欄の解説を反映させておきました。 -- (名無しさん) 2015-12-26 23:27:20
  • 元々単種前提のアビリティなのに単種にするメリットができたというのは
    言い回しとして不自然じゃないですか? -- (名無しさん) 2016-04-01 00:30:59
  • 混種での運用もできなくはない。ってのに対する事じゃね? -- (名無しさん) 2016-04-02 00:05:09
  • 固定値が米だと60、考察分だと80でごっちゃになってるぞ -- (名無しさん) 2016-04-25 08:31:45
  • 最初のコメントは上方修正された2016/04/07以前のものですしおすし -- (名無しさん) 2016-04-25 15:14:32
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル