ラスプーチン (C)
基本情報
名前 ラスプーチン
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 20
<タイプ> 英雄
タイプ プリースト
HP 350
ATK 20
DEF 20
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 北沢 力

アビリティ
召喚 タイプサポートD
自身が戦場に出ている間、自身を除くタイプ<英雄>の自ユニットのDEFを上げる。
覚醒 タイプサポートD
自身が戦場に出ている間、自身を除くタイプ<英雄>の自ユニットのDEFを上げる。
超覚醒 タイプサポートA
自身が戦場に出ている間、自身を除くタイプ<英雄>の自ユニットのATKを上げる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 20/20
覚醒 400 30/30
超覚醒 450 90/90

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+Ver3.0
Ver3.0
画像
身長 1.93[meter] 陛下 あの者は危険です・・・
宮廷の女中どもは皆、もはやあの男の信望者・・・
何の疑念も抱かず、かような怪しき教義に従うほど骨抜きに
され・・・ あの男の望みどおりに動く傀儡と化しています・・・
残念ながら、お后様もすでに・・・
・・・ご覧下さい。 あの男を囲む女どもも恍惚の表情を。
曰く、錫杖を用いた神秘の祈祷であらゆる病、不幸、不安を
祓い、至上の幸福を授かったが故に、とのことですが・・・
真実、いったい何が起こっているのやら・・・
体重 84[kg]
出身地 シベリア
異名 神の人
錫杖 至上の幸福を与えるとか
錫杖の威力 それはもう凄まじいらしい
イラストレーター 高村 英彰

考察
三つのタイプサポートを持った20コストマジシャン。
<英雄>のタイプサポートは影響範囲が大きいが、不死を軸にした<英雄>デッキの場合、
不死全てに恩恵を与えることができ、DEFが5高いバーバ・ヤーガがいるため、
こちらは他種族メインの<英雄>デッキで採用が検討できるか。

キャラクター説明
ロシア帝国時代末期に突如現れた怪僧。
宮廷に取り入り、そこの女性たちを虜にして宮廷を支配した。
最終的に宮廷の人間に危険視され暗殺される。
この後ロシア帝国は崩壊することになる。

暗殺の際に
「青酸カリを盛られる→頭蓋骨が砕けるほど殴られる→4発の銃弾を食らう→殴る蹴るの暴行を受ける→年の瀬のロシアの酷寒の中に放り出される→簀巻きにされて凍った川に投げ込まれる」
と執拗なまでに攻撃を受けた上、死因は溺死、つまり最後の攻撃まで生きていた。
不死なのはこのエピソードを採った結果だと思われる。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る