ハルフゥ(C)
基本情報
名前 ハルフゥ
種族 海種
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 艶妖
タイプ マーメイド
HP 400
ATK 30
DEF 25
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 岩崎 愛

アビリティ
召喚 コストカット
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の時ユニットの召喚コストを下げる。
ただし、一定コスト以下にはならない。
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 30/25

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1
+ Ver3.2
+ Ver3.3
+ Ver3.4(VerRe:3.0)
+ Ver3.5(VerRe:3.1)

考察
キマに続くコストカット持ちで、両方いると-10コストと大きい短縮が可能。
初期マナ35であればキマ→ハルフゥの順番で開幕からコストカット2枚を出すことができる強みを持っているので、これを活用していきたい。
そのためハルフゥ単体で採用されることは無く、デッキ採用する場合キマが必須となる。
また、普通に召喚するにはやや重いため、実質初期マナ35が可能な2種族以下のデッキ専用の使い魔である。

前述でコストカット2枚を開幕から出せる強みと書いたが、裏を返せば2体しか召喚できないというデメリットがある。
最初のタワー制圧では他のタワーより圧倒的に遅れてしまうため、制圧前に敵の荒らしが到着してしまうケースが多い。
その対策として、主人公の武器に「タワーアタック」というタワー制圧を早めるアビリティがあり、それを備えた武器を持つことが必須となる。
もしハルフゥを使いたいと思うプレイヤーは、「Cキマ」を"必ず"採用しよう。

キマとハルフゥを組み合わせた強みとしては海種のユニット全てがコスト10軽減されるため
コスト20のユニットをコスト10感覚で召喚できる点にある。コスト20を根元扱いできるおかげか、根元の火力が他種族より上になる。
さらにはマナ吸収速度も間接的に早めるため、キマとハルフゥを一緒に入れたデッキでは残りの根元をコスト20の海種で固めたい。

このような海種単ならではの強みを持つアビリティ故に、コストの割にステータスが低く、キマ程ではないが狙われやすい。
撃破されてしまうと再度用意するのが大変なので、序盤は絶対に落としてはいけない。
コスト20と主人公で防衛する動きは他種族より防衛力が高いといえるが、キマとハルフゥの防御力の低さが足枷にもなっているので安心はできない。

3.0稼動初期はコスト30であるにも関わらずコスト10相当の最大HPだった。
不具合という判断をされ、Ver3.007より最大HPがコスト相応の400に修正された。
Ver3.500よりジョブがディフェンダーにエラッタされた。
これにより主ジョブをアタッカーにすることも可能だが、環境によってはキマハルフゥの構成が厳しいかも知れない。

キャラクター説明
ノルウェーに伝わる人魚。船乗りにとっての凶兆とされる。
LoVでも人間には興味なさそうだが、実は難破船を救出したり海路の案内をしたりしてくれるツンデレさん。
Ver3.1以降、紅蓮の瞳の子と共に行動をしているようだが現状に充実感を感じている様子。
記載は全くないが、その紅蓮の瞳の子は性格などから察するにスキピオの可能性がある。

3.3のフレーバーではキマとアプカルル、ゲストのシェラハまでもが登場し、当時の流行りデッキを踏襲しているのかのよう。
世話焼きな性格が災いしたのか、好き勝手に行動する海種使い魔達のまとめ役となってしまっているようだ。
3.5のフレイバーテキストではキマから「こじゅーと」扱いされてしまうように・・・・。

ゲーム中でも面倒臭そうな態度のセリフが多いが、VRカードでは少しやる気になっている。

関連カード
ハルフゥと組み合わせるべきカード
海種 キマ

コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 3.5フレーバー
    ――from “キマ”

    まずいまずいまずいまずい…! 絶っっっっ対まずいよコレ! もう! なんでこんなことになっちゃうかなぁ!?

    逃げなきゃ… でも、逃げるってどこに…!?

    …ダメ…焦っちゃダメだ。向こうに海種はいなかった… こんな海の底まで追っ手がくるはずなんかない。落ち着いて状況を整理しなくちゃ…!

    えと… あたしたちは皇帝軍とぶつかって、あいつが正面きって突っ込んで行ったんだけど、キマが付いてっちゃって…あたしも急いで追いかけて、この子を下がらせようとしたけど、この子が気絶しちゃって…周りを囲まれて、そしたらあいつが…一人で、あたしたちを守って……キマを任せたって……逃げろって……

    …ううん、大丈夫! 要領のいいあいつのことだもん、きっとうまくやってるわよね! でも… もしあのまま誰もあいつの助けにこなくて、万が一のことがあったら…
    ひとりぼっちで、敵に囲まれちゃってたら……

    …や、やめやめ! 変なことは考えないが一番! ここであたしが戻ったところで、な~んにもかわらないし……なんにも…できないし……

    ………悔しい。

    もし、あたしがちゃんと戦えたら…みんなみたいな力があったら…もっと…もっとあいつを助け――痛っ! 何かにぶつかった? ん? これ…箱? 誰よこんなもの海の底に捨てたの……って、箱の上に…女の子が座ってる… 人魚…じゃないわよね? なんか、まったく動かないけど… も、もしも~し…生きてますか~?

    ――ピピピ、コール確認。システム再動します。

    うわぁ! お、起きた!? な、何!? ピピピって何!!??

    ――おはようございます、人魚さん。セルキーさん。あれ? セルキーさんは寝てますね、おやすみなさい。人魚さん、あなたは力を欲しているのですか?

    力…? あたしに言ってるの…? あ、あんまり関わらない方がいい感じの子…かな…? あ… でも、まさかこの展開…お話とかでよくあるアレ…? 「強くなりたい」って願ったら、不思議な何かで眠ってた力が呼び覚まされちゃう的なアレ!? ……確かにこの子、普通じゃない雰囲気だし……ほんとに? ほんとにあたしでも強くなれるの…?

    ――可能です。あなたが欲するのなら。

    なら… 欲しい… みんなを守れる力が欲しい!!

    ――わかりました。では筋トレを始めましょう。あなたの体組成から算出される最適なトレーニングを提示しますので、毎日続ければそのうち――

    ちっっっっがーーーーーう!! そういうのじゃなくて、もっと手っ取り早いやつ!!!くぅ……雰囲気シリアスな展開に騙された… やっぱりそんな都合の良い話あるわけ――
    ――なるほど、そちらのコースがご希望ですか。ではこういうのはどうでしょう。テッテレー。

    …はいはい、もう期待なんてしないけど一応受け取って――なにこれ? ガラス玉? あ、でも綺麗…中がいろんな色に光って……って! うわわわなになになに!? 光がだんだん強く――ちょっ…ちょっと! すんごい光ってるんだけど!? なんかヤバいって! 光が…光に飲み込ま――
  • 人魚ビーッム!(スロウアタック -- (名無しさん) 2016-09-15 16:17:51
  • 主人公よりもマナ溜めるのが遅いという話を聞いたんだけどマジ? -- (名無しさん) 2016-09-16 03:45:33
  • 海単ならタワアタ必須じゃないだろ -- (名無しさん) 2016-09-16 20:23:41
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る