マキリ(C)
基本情報
名前 マキリ
種族 海種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 10
<タイプ> 妖精
タイプ コロポックル
HP 300
ATK 5
DEF 10
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 田口 宏子

アビリティ
召喚 レンジアップ
ファイタースタイル時に、射程距離が伸びる。
TRANCE 超覚醒時、範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20
+ エラッタ前のステータス

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 5/10

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.2
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
コスト10の根元トランス要員でアビリティとしてレンジアップを持つ。
自分が安全に退避できる距離から、敵に先制攻撃を与えるのが強み。
ただ、超覚醒のレンジアップと比べると延長の度合いは低いのでマジシャンに付加した場合でも過信は禁物である。
根元としてはレンジアップのお陰で大根狩りはしやすいもののそれ以外は他の根元要員と大差はない。

このゲーム自体、完成速度か火力で勝ちにいくスタイルが中心な為、
デッキ採用率は、ギーブルや火車などの攻撃速度を早める使い魔に劣る。

海種のマジシャンだけで考えるとヴィヴィアンかリヴァイアサンがトランス先と考えられる。
しかしリヴァイアサンはアクアクィーンとの殲滅力重視のコンビが定番となっており、
さらに距離を補う水虎の存在がいるので採用しづらい。
一方でヴィヴィアンのマイタワーアップAとは相性が良く、タワーに向かってくる敵に向けて攻撃すれば
マイタワーアップAが発動しつつ攻撃できるため、敵がこちらに到着するまでにある程度体力を削る
軽量コノハナサクヤのようなカードを作ることができる。
ただしヴィヴィアン自身が全盛期ほどの火力もなく、いつの環境もアタッカーが荒らしの主流になっているため、出番は流行に左右されるか。

レンジアップ自体は実はマジシャンでなくても効果があり、ディフェンダーに付加すれば敵を捕まえやすく出来る。
攻撃射程を延ばすメリットを明確にできねば他のアビリティを付与したほうが強いという結論になるため、シナジーはよく考えていきたい。

キャラクター説明
コロポックルはアイヌの伝承に登場する小人。
コロが蕗(フキ)、ポックが下、クルが人を意味し、
コロポックル=フキの葉の下の人、となる。
マキリは剣士を目指しているらしく、口調がサムライ風。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル