イピリア(C)
基本情報
名前 イピリア
種族 海種
ジョブ アタッカー
召喚コスト 20
<タイプ> 妖精
タイプ ハイエレメント
HP 350
ATK 25
DEF 30
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ

アビリティ
召喚 トライブサポートA
自身が戦場に出ている間、自身と同じ種族の自使い魔の攻撃力を上げる。
ただし、自身は効果を受けない。
アーツ イピリアの雨沼
【マテリアル】最も近いマナタワーの周囲にいる敵ユニットの移動速度を下げるフィールドを展開するマテリアルを、その場に設置する。
このアーツはマナタワーの周囲でしか使用できない。
消費マナ 20
耐久値 5
wait時間 ?秒

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 350 25/30

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.3
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
根元要員にしてマテリアルを設置可能なコスト20アタッカー
単純な性能ではアビリティとアーツ持ちにしては、高めのステータスで根元使い魔としてはそこそこ優秀。
アビリティはトライブサポートAを持つが、一体だけでは微妙なのでオマケ程度に思っておくのが吉。

この使い魔の真骨頂であるアーツは、タワーの周囲に移動速度低下効果のマテリアルを設置するもの。
その効果範囲は設置された中心にタワーが完全に収まるドーナツ型であり、
その広さも効果範囲の端からダッシュアタックをして辛うじてタワーの端に届く程度にも置ける。
この効果範囲に入った時点で一部の例外を除いて、アタッカーはダッシュアタックが出来なくなるので
他にディフェンダーの防衛役がいれば、アタッカーがおいそれと接近できないタワーを作ることが出来る。

ちなみにマテリアルは敵タワー周囲や中立タワー周囲にも設置できるので、
敵タワー周囲に設置してタワーからの敵の逃亡を妨害するという使い方も可能である。
ただ、他の設置型マテリアルと同様に、一度マテリアルの設置を行った後に
再設置すると以前設置されたものは消えるので注意が必要。

キャラクター説明
イピリアはオーストラリアの先住民族アボリジニの間で信仰されている精霊。髪と髭をたくわえたトカゲの姿をしており
普段は沼の底で眠っているが1年に1度這い出してきて腹の中の水や草を空へと吐き出し、それが雨雲に変わり雨期の到来を告げるという。
イピリアの棲む沼は聖域とされており、立ち入ることは禁忌とされている。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

添付ファイル