チェルノボグ(C)
基本情報
名前 チェルノボグ
種族 不死
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 10
<タイプ> 黒冥神
タイプ ルーシ
HP 300
ATK 10
DEF 5
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 中島 沙樹

アビリティ
召喚 モノアップD
デッキ登録した自ユニットが全て同じ種族のとき、自身の防御力が上がる。
TRANCE 範囲内にいる最も近くのトランスを持つ自使い魔1体に憑依し、
自身のアビリティを付与、さらに攻撃力と防御力を30ずつ上げる。
ただし、同じ使い魔には1体しか憑依できない。
憑依した対象の自ユニットが死滅すると、トランスは解除され自身も死滅する。
消費マナ 20

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 300 10/5

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.2
+ Ver3.4(VerRe:3.0)

考察
根本トランス要員の一つにしてアビリティはDEFが30増加するモノアップD。
トランス前からチェルノボグ自身がアビリティで10/35になるためバニラ級の耐久力を併せ持つ。
魔種のハスター同様に色々組み合わせたいトランスでありながら単色デッキ限定という制限がかけられている。
トランスをさせた場合、トランス先のDEFをトランスによる上昇分を併せて60上げる事ができる。

但し、前述した制限があるため組み合わせる対象は不死に限られてしまい使い道が少ない。
トランス先が他と比べて五分の一であるというだけでなく、トランスして作ったユニットと組ませるユニットも不死のものに限られるため構築・展開にはかなり制限がかかる。
発動する効果そのものはシンプルで信頼性が高く、どのトランス先にもマッチするので単体での柔軟性はかなりのものである。
火車とトランスさせて最大35/65のヘイストの開幕荒らしを作るという裏技もあるが小ネタの域を出ない。
Ver3.3のカード追加により合体すればノーリスクで240/240になれるゴグモンド、Re:3では250/280のマジシャンになれるグレート・ハーロットという有力な選択肢が増えた。

キャラクター説明
スラヴ神話における死神。
チェルノはロシア語で"黒い"、ボーグは"神"という意味であり、
スラヴ神話中では"黒い神"として、"白い神"であるベロボーグと対をなしている。
この辺りはゾロアスター教におけるアンラ・マンユに立ち位置が近い。

両者は協力して世界を創ったものの後に対立し、チェルノボグは邪悪な性質を帯びるようになったという。
スラヴ民族が文字を持たなかったため資料と呼べるものがキリスト教圏の異教研究程度しかなく、容姿などの詳細は不明。
ゲームによってはUR級の存在だったりする。

レトロゲーマー的には、某データイーストの究極不謹慎ゲー主人公の「一応の元ネタ」ということになっている。

関連カード


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • トランスの表記に「超覚醒時」とあった誤記を削除しました。 -- (名無しさん) 2016-05-25 00:53:18
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る