バアル (R)
基本情報
名前 バアル
種族 海種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 30
<タイプ> 艶妖
タイプ ソロモン
HP 400
ATK 40
DEF 50
覚醒 不可
超覚醒 不可
アーツ
CV 水原 英里

アビリティ
召喚 ATKウィークⅠ
攻撃対象の攻撃力を一定時間下げる
アーツ 慈しむ嵐雨
範囲内の自ユニットの移動速度を30%上げる。
消費マナ 20
効果時間 90秒
wait時間 90秒
+ エラッタ前のステータス
以前修正されたバージョン Ver.3.206
最近修正されたバージョン Ver3.511 [2017.03.07]

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/50

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1
+ Ver3.5

考察
覚醒が出来ない代わりにATKウィークとアーツを持ったコスト30のマジシャン。
アーツの効果は移動速度強化だが 種族に関係なく自身や主人公を含めた範囲内にいる自ユニット全てが効果対象となる。
その効果も必要マナ20に対して90Cの間移動速度30%増加と人獣のパーシヴァルのアーツの完全上位互換であり、言うまでもなく汎用性は非常に高い。
アーツのみを考えれば文句なしの性能だが実際に入れようと思うとバアル自身が覚醒不能な根元使い魔であるということが大きな問題となる。
バアル自身の性能は主荒らしやコスト20ディフェンダー荒らしの対処をさせるには充分なものであり、アビリティによって友軍を含めた生存率向上に多少なりとも貢献するので根元使い魔としては寧ろ優秀なほうである。
それでも、コスト30は荒らしや荒らしに対する防衛が主目的のコスト帯であり、開幕召喚の面子に入れても主荒らしによる根元使い魔の生存率を気持ち上げる程度のメリットしか得られない、かといって普通に召還するにしてもアーツ以外は根元要員となるしかないコスト30というのは非常に入れづらい。

アーツを発動すれば間違いなく効果は期待できるものの、出すタイミングを間違えるとその後の展開に致命的な影響を与える恐れもあるので扱いは難しい使い魔といえる。

Ver3.511 [2017.03.07~]において、アーツ「慈しむ嵐雨」の効果時間が60秒から90秒へ延長された。

キャラクター説明
現在のイスラエル辺りで崇拝されていた超古代の神を採用しているようだ。
後発の宗教に嫌われて蝿の悪魔ベルゼバブにされたり、悪魔学に丸ごと吸収され勝手に色々と属性をつけられたり苦労が絶えない。
天気予報士なキャラクターだが、本懐は恵みの雨の神。さしずめ天気予告士といったところか。

関連カード
カードデータリンク
--- --- ---


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る