九尾の狐 (R)
基本情報
名前 九尾の狐
種族 魔種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 50
<タイプ> 怪異
タイプ 百鬼
HP 500
ATK 70
DEF 90
覚醒
超覚醒
アーツ
CV ささきのぞみ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 白面金毛九尾
シュータースタイル時に攻撃力が上がる。
さらに、戦場に自ユニットのマジシャンが一定数以上いると、この効果が上がり、シューター攻撃の硬直時間が短くなり、シューター魔法弾の弾速が上がる。

最近修正されたバージョン Ver.3.504

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 70/90
覚醒 550 90/110
超覚醒 600 170/190〔通常時〕
185/190〔シュータースタイル時〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.0
+ Ver3.1
+ Ver3.5

考察
Ver3.500で仕様が変更になり最大火力強化から、シュータースタイル強化へと変更された。
変更前に比べて、自マジシャンを2体揃えるだけで良くなったので、デッキを特化させなくても運用可能となった。
ちなみに主人公の装備を△にした場合も条件にカウントされる。

アビリティ発動が発動すると、シュータースタイル時のATKが185となり、ファイタースタイル時のATK170を凌駕するようになる。
更に追加効果でシューター攻撃の硬直時間が短縮しており、普通のマジシャンのシューター攻撃の倍近い頻度で攻撃が可能なため
実際に表示されているATKの数値よりも遥かに高いダメージを期待できる。

また、こちらも追加効果なのだがシューター攻撃の魔法弾の弾速も倍近くまで速くなっているため、
通常のシューター攻撃よりも相手を逃がさずに止めを刺しやすい。
攻撃面に於いては50コスト以上の働きを期待できるだろう。

一方防御面は脆いの一言に尽きる。
シューターで遠距離から戦闘できるので敵の接近を比較的許しにくい性能にはなっているが、
DEFは190しか無いため一度でも敵の接近を許してしまえば、あっという間に死滅してしまうことも十分あり得る。
シュータースタイルを維持しながら戦う使い魔ではあるが、あまりその状態で放置しすぎると
部隊から孤立してしまう危険性があるため、アタッカーに狙われないように安全な位置にまめに調整してあげよう。

魔種の△にはアーリマンやアレイスター、フィオ。少しコストを上げれば紅蓮型ニムエなど選択肢は多岐に渡るため、
自分のデッキに合った△を選んで編成しよう。

タイプ<怪異>は水虎やベドラム等、マジシャンかつ面白い効果を持つカードを擁するため、今後タイプサポート等が充実すれば面白い活躍をするかもしれない。

キャラクター説明
過去作ではLoV2とLoVRe:2(降魔)に登場していた。
モチーフは「白面金毛九尾」という大妖怪で9本の尻尾をもつ。
絶世の美女に化けることができ、天竺(インド)では”華陽夫人”中国では”妲己”日本では”玉藻前”という名で世界をまたにかけ波乱を起こした大悪党である。
九尾の狐のイラストは新しいカードが作られるごとに化粧が薄くなり、今作ではまるで少女のような(元々設定上少女なのだが)イラストであるが、グラフィックは初期のままである。
部下にジライヤ、友人に風神雷神がいる。

3.1のフレーバーでは朱夏の国の姫である「桜花御前」として黒曜を遠ざけるように指示している。彼女を幼少期から幽閉していたのも彼女。
だがこれは彼女を国の人々から守るため(朱夏では紅のオッドアイは凶兆とされる)であり、様々な形で関わった紅き眼の王を助けるために島流しの形で彼女とその従者琥珀をレムギアへと送っている。
3.5のフレーバーに登場する朱御山雲行(あけみやま うんぎょう)とは黒曜の父親の名。
国を乱す大悪党として悪名高くも、実は心優しい人物であった事もあるが、長く生きる中で世界を愛するようになってしまった彼女は混沌を止めるために舞台裏で尽力している。
そして、戦いの中で別世界の自分と出会った彼女は…

関連カード
カードデータリンク
--- ver2.0 / SPカード / VerRe:2.1(降魔) / PRカード(降魔) ---


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい