エラン (R)
基本情報
名前 エラン
種族 人獣
ジョブ アタッカー
召喚コスト 40
<タイプ> 暗技
タイプ チェイサー
HP 450
ATK 70
DEF 50
覚醒
超覚醒
アーツ 有(アームズ)
CV ???

アビリティ
召喚 スピードアップ
移動速度が上がる。
覚醒 スピードアップ
移動速度が上がる。
超覚醒 真揮『月紅刀』
防御力が上がる。さらに、【アームズ】「服従の赤い枷」が使用できるようになり、マーカーの付与された敵ユニットを攻撃したときに与えるダメージが上がる。
ARMS 服従の赤い枷
【アームズ】範囲内にいるターゲット内の敵ユニット1体に、一定時間マーカーを付与し、スマッシュアタックをできなくする。
効果時間 10秒
wait時間 20秒


ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 450 70/50
覚醒 500 90/70
超覚醒 550 160/200(アビリティ発動時)

DATA・イラスト・フレーバーテキスト
+ Ver3.5 DS

考察
過去作の「チェイサー」が人獣40コストアタッカーとして復活。
召喚、覚醒時にスピードアップがかかり、覚醒時点で通常の1.2倍のスピードを得、超覚醒時には「真揮『月紅刀』」により防御力が60上がる。
更に、【アームズ】「服従の赤い枷」が使用できるようになり、アームズを使用した敵ユニットを攻撃したときに与えるダメージが上がる。
【アームズ】「服従の赤い枷」は、敵使い魔にマーカーを付与し、一定時間(10秒?)スマッシュアタックを使えなくするというもの。
さらにマーカーの付けた相手にエラン自身で攻撃すると固定値30を追加で与える。

召喚時からスピードアップが発動する使い魔が如何に強力かというのは、歴代の使い魔から見ても明らか。
召喚時点で敵タワーに突っ込んで行っても問題なく帰還できる。召喚時のATKも70とそこそこ高いため、荒らし性能は抜群。
超覚醒時には160/200とスピードアップ型には珍しくDEF寄りのステータスになる。せっかくのスピードアップとやや噛み合わない低いATKだが、
この使い魔の真価はアームズによるスマッシュ封じにある。

敵タワーに攻めいった際に、敵主力ディフェンダーにマーカーを付与すれば、スロウアタックを恐れる事なく敵集団に突っ込める。
一度スロウを受けた後に使用しても、スピードと高いDEFにより十分離脱可能。
高火力アタッカーが相手でも、ダッシュアタックを封じればスピードアップ型でない限り逃げられる。
また、マーカーを付与した使い魔には攻撃に固定ダメージが付与されるため、超覚醒していない高コストディフェンダーであっても撃退、あわよくば撃破もできる。
逆に逃げる相手にマーカーを付与して、特に逃げ足の早いはずのアタッカー相手にダッシュアタックによる距離稼ぎを封じ固定値をかけつつ追いかけることも可能。

スマッシュアタック強化の使い魔が増えた昨今、スマッシュ封じというのは単純かつ凶悪。
高坂陣内やドン・キホーテに使えばアームズを完全無力化でき、集団戦時に~傾星の妖狐~やウエソヨマなどに使えば持ち前の殲滅力を一切発揮できなくさせられる。
味方が大型ディフェンダーのスロウアタックを受けていても安全な離脱の支援も可能。

一方で潜影の牙蛇ハザマやシェラハなど、シューター性能に特化したマジシャン相手にはほとんど圧力をかけられない。
またタワー戦の段階では一部のマジシャン以外はタワーに乗り上げてスマッシュアタックでスプレッドを撒いてくることも少ないため、
タワー戦では追いつかれることのない性能を活かしてアタッカーやディフェンダー相手に翻弄し、
集団戦ではスマッシュアタック特化のマジシャンをピンポイントで機能停止させる(前述のように一部アタッカーやディフェンダーにも絶大な効果はある)ことが仕事になってくる。
時間帯や状況によってエランで狙いを定める相手を見極めていくことが必要だ。wait・効果時間ともにそこそこあり、
敵プレイヤーが4人いるうちの1体の使い魔にしかマーカーを付けられないことを忘れてはならない。

また、wait20cに対して効果時間が10cとなっており、次のアームズを打てるようになる前にマーカーが解除される時間が存在する。(修正前は16c効果時間があったが、エランが複数いるマッチングで理不尽度が増してしまうため10cへ下方)
相手のディフェンダーにマーカーを付けたからとあまり敵タワーに深く潜りすぎるとこの空白時間に捕まって倒れる可能性がある。
waitを示す円ゲージの半分なのでそのあたりになったら一旦引き気味に動くといい。
逆にエランにマーカーを付けられたディフェンダーは、付けられた時点から6、7c過ぎを目安にタワーに入ればびっくりスマッシュは十分に狙える。
特殊なアームズに焦らず効果時間中はスパクリを避けつつ根本ディフェンダーでスマッシュを狙うなど、基本に忠実にタワー防衛をすると被害を抑えられる。

スパクリでマジシャンも仕留められない低ATKのため単独での撃破は中々稼げない。
しかし、深追いはせずしぶとくフィールドに存在していれば、時には不利な戦局も引っ繰り返せるほどの活躍を見せる。
うっかり死滅させないように丁寧に動かそう。


キャラクター説明
「アサシン外伝」(過去のLoV.net小説で、「リリス異聞」共に画集等に載らなかった)の登場人物で、リータのアサシン見習い時代の同期。
アサシンになる試験(3人敵兵士を殺すミッション)ではリータをうまく言いくるめ、リータに目標を気絶させる役割、
自分は気絶した目標に止めを刺して殺す役割となっていたが油断して死んでしまった(実は生きていた事がエランのフレーバーで判明)らしい。

フレーバーのエラン視点では運がなかったと言っているが、実際は不測の事態に対処ができなかったという。
そして仲間殺しのためのアサシンとして再教育され、ザフー教団において裏切り者のアサシン(リータ・パティス)を粛清するため狙い続けてきた。
どうやら元いた組織が崩壊した後も彼女を追い続け、いつしかレムギアに落ち着いてかつての暗殺ギルドを真似た組織、ジグラトを創立していたようだ。
そしてイージアやアズーラを暗殺者として仕立てた〈先生〉その人である。
アビリティ・アームズともにスマッシュアタック特化のアタッカーであるリータ殺しを意識したデザインとなっている。


関連カード


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい