ゼピュロス(R)
基本情報
名前 ゼピュロス
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 50
<タイプ> 慈愛神
タイプ オリンポス
HP 500
ATK 80
DEF 70
覚醒
超覚醒
アーツ

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 スピードリンクW
攻撃力と防御力が上がる。
また、自身の移動速度が、周囲にいる最も攻撃力の高い自ユニットの移動速度と等しくなる。
ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 500 80/70
覚醒 550 100/90
超覚醒 600 220/210
DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5(VerRe:3.2)

考察
層の薄かった神族50コストアタッカーの新顔。神族50アタッカーは癖の強いアビリティを持つ者が多いが、このカードも後述の理由から非常にトリッキーなカードとなっている。

ステータスだけを見れば平凡な召喚ステと数値を大きく上乗せする超覚醒アビリティという組み合わせのカードであり、上乗せする数値は+40な為完成時は220/210と中型としては十分なステになる。
しかし保有するアビリティ「スピードリンクW」が中々の曲者アビリティ。効果は自身を除いた最もATKの高いユニットと自身の移動速度を同期させるというもの。
おそらく速度の高いユニットと組ませ、同速で走り回ることを前提としたデザインなのだろうが…
特性上○□のツートップになりやすい神族において、もう一枚の主力となるディフェンダーは打点の高いものが多く、そのディフェンダーと速度同期してしまうとディフェンダー並の移動速度に落ちてしまう。マジシャンでも同様。
というか根本使い魔も参照の対象になっており、初手出しした場合に例えばグリンブルスティを参照してディフェンダーの速度になるという展開を起こす。(グリンブルスティをアヌビスに変える、神族単デッキにしてヒルディスヴィーニを入れる、という形で対策は取れるが…)
さらに、同期するユニットが何らかの原因で速度低下を起こした場合、このカード自身も同じ速度へと低下してしまう最大の弱点が存在する。
「元の速度より下がらない」という特性を持たせた場合、スロウアタック無効のオオクニヌシの上位互換アビリティになることの懸念だろうが…
足の速さを活かすアタッカーにおいてこのデメリットはかなり致命的。運用には工夫が必要となる。

卑弥呼の様なアビリティ参照の対象外となるユニットや、グリンダベオウルフの様にアタッカーと同速あるいはそれ以上の移動速度を持つユニットと組ませるのが良いと思われる。
降魔についても自身よりステータスの低いものや、逆に速度が高い加速持ちのものと組ませるのがいいかもしれない。

:キャラクター説明

:関連動画


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい