ノア(UR)
基本情報
名前 ノア
種族 海種
ジョブ マジシャン
召喚コスト 90
<タイプ> 調律者
タイプ ミュータント
HP 700
ATK 100
DEF 100
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 小澤 亜李

アビリティ
召喚 なし
覚醒 ペインアップW
攻撃力と防御力が上がる。自身が攻撃を受けたとき、一定時間効果が上がる。
超覚醒 カウンターウィークT
自身が攻撃を受けたとき、自身を攻撃した敵ユニットの攻撃力・防御力・移動速度を、一定時間下げる。
アーツ プロジェクト・ノア
自身の周囲にいる自ユニットをゲートに帰還させ、一定時間出撃を禁止する。さらに、帰還させたユニットの数に応じて、一定時間自身の攻撃力・防御力・移動速度・最大HPが上がり、同時にダメージを与える敵ユニットの数が増える。このアーツは、超覚醒後に一度だけ使用できる。
消費マナ 30
効果時間 40秒
wait時間 なし

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 700 100/100
覚醒 750 190/190
210/210〔アビリティ発動時〕
超覚醒 800 240/240
260/260〔アビリティ発動時〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5

考察
新種の海種のURマジシャン。これまで何かと面白アビリティ枠などと言われる海種URであるが、彼女もまた独特なアビリティとアーツを抱えて参戦している。
集団戦で影響の大きい大型マジシャンは敵側からすれば優先的に撃破したい相手にもかかわらず
それを躊躇わせるペインアップとカウンターウィークも特徴的だが、彼女の真価は一度っきりのアーツであるプロジェクト・ノアである。

プロジェクト・ノアをわかりやすく説明すれば「魔神になる」ことである。
範囲攻撃、範囲内のユニットの強制帰還、能力値の大きな向上、など似ている部分が多い。
超覚醒後に一度のみの使用だからリザレクションとの相性が抜群に良く、降魔マーリンのハイアーツと組み合わせても面白い。
すべてのユニットを飲み込みアビリティを全て発動したノアは間違いなく単独の戦力としては最強であり
、大型アタッカーが複数体いない限りは多少の軍団は圧倒することが可能である。

ただし難点も多く、特に時間が過ぎてもユニットが展開されずないため通常の魔神のように時間切れの後もユニットの数で押し切る、といった使い方はできない。
加えてアビリティが発動していないノアは贔屓目に見ても90コス最弱の能力値であり、放っておかれるととことん弱い。
それに40cも根元で石割・タワー制圧ができないという制約はやはり辛く、前述のリザレクションや転生を使って再度アーツを使用した場合は合わせて80cも石を割ることのできない状態が続く。
リザレクションであれ自力であれ90コストを立てて以後の40c,80cというと非常に重たい。
特に海種は種族ボーナスでの制圧力が後半で形勢逆転に繋がることも少なくなく、また混色であっても弱点自体は残り続ける。
時にはプロジェクト・ノアを発動させずに戦闘をしたり、あるいはデメリットを無視して問題ないような状況有利をタワー戦から保っておくなど、より視野の広い立ち回りが要求されるであろう。

キャラクター説明
ノアとは旧約聖書の創世記における6章から9章にかけての主人公。
神が堕落にまみれた大地を浄化するべく近々大洪水を起こす事と、浄化後の世界に神に選ばれた人間であるノアの一家を含めた清らかな生命を再入植させる計画を立てている事を天啓により知らされる。
そこでノアは自身の家族と一組づつの生物のつがいを保護し、シェルターとして巨大な船である「ノアの方舟」を建造。保護した生き物たちと共に方舟に乗り込み、浄化の洪水を生き抜く。

LoVでは例に漏れず女体化。人が乗れるほどの大きさの機械仕掛けの箱とそれに乗るワンピースを着た少女のコンビ。
その正体は超古代より活動を続けるアンドロイドであり、ノアの方舟「そのもの」。
人の姿をした方舟であり、生命に急激な進化を促し種の限界を越えさせる力を持つ。


コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • ペインアップWの追加効果分のみ反映しました。フレーバーは他の方にお願いいたします。 -- (名無しさん) 2016-07-16 19:34:29
  • ↑ありがとうございます
    助かります -- (名無しさん) 2016-07-16 22:42:41
  • フレーバーの作成をしました。
    -- (名無しさん) 2016-07-17 00:59:43
  • アビリティの詳細を追加しました。 -- (名無しさん) 2016-07-17 01:39:49
  • プロジェクト・ノア
    詳細

    アーツの範囲はマナタワー程。

    帰還させた自ユニットは、1体ごとに攻撃力と防御力が5ずつ上げる。
    最大270

    移動速度はスピードアップ×2のアタッカーと同速。

    攻撃範囲は帰還させた自ユニットの数で変わる。
    帰還数 3体で2体同時攻撃。
    帰還数 6体で3体同時攻撃。(最大)

    因みにタマや静謐の担い手の強制召喚はできない。 -- (名無しさん) 2016-07-17 01:56:07
  • ステータスには表記ありませんが、アーツは最大HPも上昇ありです。
    おそらく最大で950だったかと。 -- (名無しさん) 2016-07-19 12:20:26
  • プロジェクト・ノアをとてもわかりやすく説明すれば「魔神になる」
    範囲攻撃、範囲内のユニットの強制帰還、能力値の大きな向上、など似ている部分は多い
    超覚醒後に一度のみの使用だからリザレクションとの相性が抜群に良く、マーリンアーツと組み合わせても面白い
    アーツによりすべてのユニットを飲み込みアビリティを全て発動したノアは間違いなく単独の戦力としては最強であり
    超巨大アタッカーが複数体いない限りは多少の軍団は圧倒することが可能である

    ただし難点も多く、特に時間が過ぎてもユニットが展開されず通常の魔神のように時間切れの後もユニットの数で押し切る、といった使い方はできない
    加えて何のアビリティが発動していないノアは贔屓目に見ても90コス最弱の能力値であり、放っておかれるととことん弱い
    それに40cも根元で石割ができないという制約はやはり辛く、前述のリザレクションや転生を使って再度アーツを使用した場合は80cも石を割ることのできない状態が続くため
    何かしらの対策を練る必要はある -- (名無しさん) 2016-07-21 17:12:23
  • プロジェクト・ノアの効果時間を修正しました
    あと個人的な使用感想を書いてみました。考察ではありませんが、置いておきます。 -- (名無しさん) 2016-07-21 17:16:19
  • 攻撃されないと完全に発動しないアビリティが二つに1度きりなのに時限強化のアーツ、しかも範囲内は全部返すから返したくない奴は少し遠くにいかせないといけないから使い勝手が悪い、アビリティ完全発動前のステも微妙と何がしたいのかワカラナイもいいとこ
    先の人達の情報を見る限りだと「アーツでゲートに戻った使い魔1体に付きA/D+5」「6体ゲートに戻しても3体同時攻撃が限界」とかジャックフロストで30荒らしを混ぜた運用のほうが強いんじゃないか -- (名無しさん) 2016-07-24 00:22:37
  • アーツで複数体攻撃になるわけだけど、バン・ドレイルやベストラとは違ってスプレッドもできて複数体攻撃ってこの子だけだから、どういうあたり判定になるんだろうか気になる -- (名無しさん) 2016-08-04 13:39:33
  • 確認できたアプデ後のステータスです。
    降魔抜きで、アーツ使用時、295/295(アビリティ発動) -- (名無しさん) 2016-08-13 00:18:45
  • プロジェクトノア中にスプレッドをしたところ
    ダメージの変化はわかりませんが見た感じでは普通にスプレッド攻撃をしていました
    恐らくは通常攻撃が変化するかと思われます -- (名無しさん) 2016-08-20 12:45:38
  • これカウンターウィークの値っていくつくらいなんだ?流石に30は欲しいが -- (名無しさん) 2016-08-22 18:52:17
  • カウンターウィークはそれぞれ20の低下、模擬戦で超覚醒主相手に確認 -- (名無しさん) 2016-08-23 01:03:48
  • とりあえず攻撃範囲を妖狐のアーツぐらいにして!
    戦闘でしかポイント取れないのに3体とかキツイ、しかも指定ターゲット以外の選定基準がよくわからん
    10コスが死ぬこともあれば、デカイのにダメージ入っていることもある。
    現状、大型□でも食わないと5位以下確定。
    自分が死ぬと相手にポイント入るし。 -- (名無しさん) 2016-08-23 14:12:15
  • 90コストで条件付きのは使われないってなんで運営は学ばないかな
    ヨルムンとかおうさまとか使われましたか?
    VRまであるのに産廃確定の作るとか...... -- (名無しさん) 2016-08-28 22:50:34
  • 超覚醒時点でカードパワーをフルに出せた皇帝とロキを下方するような連中だし…
    しかもこの2枚、前者が全盛期ホケ&ベル、後者がエラッタ直後のエリゴスという頭おかしい性能の荒らしがいたからこそ運用できてただけで単体としては払ったマナ相応の性能でしかないという完全なとばっちり下方。
    単に不死がナイトメア&ア・プチ&デマナのお陰でベルに対して多少の抵抗力があったから使用率高かっただけな水銀灯とラーヴァナをめり込むまで下方したりとか、調整に「カードやデッキごとの相性」を考慮しないというカードゲームの開発にあるまじき愚行を繰り返してるのがな… -- (名無しさん) 2016-08-29 07:39:37
  • このアーツって禁止してるのは出撃だよね?
    馬鹿みたいな事聞いてしまって悪いんだけど、
    キンプラとかのアーツで再度召喚する事は可能? -- (名無しさん) 2016-11-02 23:44:28
  • 又聞きで悪いが、どうやらアーツその他によって出すことも禁止されてる模様
    静謐の担い手のハイアーツで出なかったと聞いてる -- (名無しさん) 2016-11-03 00:18:05
  • 回答ありがとう。そんなに甘くないかー。残念 -- (名無しさん) 2016-11-03 00:27:35
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る