デビロッタ(UR)
基本情報
名前 デビロッタ
種族 人獣
ジョブ アタッカー
召喚コスト 70
<タイプ> 暗黒魔導
タイプ ウィッチ
HP 600
ATK 100
DEF 110
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 橋本 ちなみ
備考 不死〔ジャンヌ・ダルク〕との同時登録不可

アビリティ
召喚 なし
覚醒 黒い森の呪い
攻撃力と防御力が上がる。
ただし、自身が死滅したとき、自身の周囲にいる自ユニットの、攻撃力・防御力・移動速度が一定時間下がる。
超覚醒 偉大なる魔女
攻撃力と防御力が上がる。
さらに、自身が敵ユニットを撃破したとき、撃破した敵ユニットの周囲にいる敵ユニットの、攻撃力・防御力・移動速度を一定時間下げる。(-30/-30)

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 600 100/110
覚醒 650 150/160
超覚醒 700 240/250

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5

考察
3.5Rで追加された人獣70コスアタッカー。
覚醒アビリティ「黒い森の呪い」は攻撃力と防御力が上がる代わりに自身の死滅時に周囲の自ユニットが弱体化するというもの。
周囲の自使い魔の攻防が5C程度20下がるが、混戦でデビロッタが死滅するような場合にはほかの使い魔も消耗している場合がほとんどなので、弱体化が戦闘の勝敗に関係ない時が多い。突出して真っ先に落とされないように注意すればそこまで大きなデメリットとは言えない。

超覚醒アビリティ「偉大なる魔女」は攻撃力と防御力が上がり、敵ユニット撃破時から10秒間、その周囲にいる敵ユニットの攻撃力・防御力を30下げ、移動速度を??%下げるというもの。
この弱体化効果は重複させることが可能であるため、例えば海相手にキマと百頭を最初に落とすことができれば、7cほどではあるが60のWウィークを相手部隊にかけられることになり、集団戦では無類の強さを誇るだろう。

ただし、ウィークをかけるためとはいえ、フィニッシャーである70コストアタッカーが根元を殴る「遊び」の時間ができてしまうという欠点がある。
ワンパンで落とせるマジシャン根元や主人公がいればよいが、それらを離されてしまうとウィークを発動させにくくなってしまう。
幸いウィークがなくとも240/250と同コスト帯でも恵まれたステータスを持つのでウィークをかけるのに手間取る場合は素直に主力を殴ろう。

降魔は遠距離から相手の根元を削れるため、デビロッタがキルを取りやすくなり、集団戦にも向いている~傾星の妖狐~が相性がいい。

戦闘の基本である「何を殴るか」の判断がとても重要になる、奥の深い使い魔である。

キャラクター説明
一見はホウキ代わりにギターに乗って空を飛ぶ可愛らしい姿の魔女の少女。
その正体はかつてウィッチことマルグリッドが強く憧れ、火に焼かれ死の淵にあったジャンヌ・ダルクを魔女にすることで生きながらえさせた「黒き森の偉大なる魔女」その人。
その圧倒的な力で世界を恐怖に陥れた末に、肉体をアンブラソルムの最深部へと封印されていたが、意識だけは現実世界に残しておりジャンヌにくっつく謎のマスコット生物として活動していた。
ジャンヌの危機を救うためわざわざ無理やり封印を解除して現実世界に帰還し、現在の姿になる。


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい