スカルミリョーネ(ST)
基本情報
名前 スカルミリョーネ
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 30
<タイプ> 邪魍
タイプ FFⅣ
HP 400
ATK 30
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 大西 小西

アビリティ
召喚 (のろ)いの(うた)
自身が攻撃を受けたとき、一定時間、自身を攻撃した敵ユニットの攻撃力を下げ、攻撃間隔を長くする。
このアビリティは「生ける屍」の復活効果が発動した後にしか発動しない。
覚醒 なし
超覚醒 生ける屍
攻撃力と防御力が上がる。
さらに、自身が最初に死滅したときのみ、自身の召喚コストを減らし、次に召喚したとき、超覚醒状態、かつ攻撃力と防御力が上がった状態で召喚できる。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/40
覚醒 450 60/60
超覚醒 500 140/140
170/170〔生ける屍発動後(のろ)いの(うた)発動中〕

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.5

考察
デマナと違って死滅時にマナが返ってくる訳ではないが、
超覚醒後の最初の死滅時のみ10マナで再召喚でき、
アビリティ追加・ステータス上昇・超覚醒した状態で復活する。

死滅するまでタワーに乗り込んでスプレッドをばらまくのは勿論強力だし、
復活後はステータスが上がっているので根元をシュータースパクリ2発(?)で落とせる。
さらに攻撃してきた相手の攻撃力を下げるアビリティが追加されているため
相手のアタッカーが超覚醒するまでは無視して荒らし続けることができる。

デマナは次手の使い魔を選べるのに対して、スカルミリョーネは本人が帰ってくるだけである。
うまく荒らせられれば相手がカウンターしてくる前に再召喚してもう一度荒らすことができるが、
うまくいかなかった場合は相性不利のまま固定値を持たないマジシャンで防衛することになり追い返すのに時間がかかる。

対面にまともなアタッカーがいない場合は強烈に刺さる。

キャラクター説明
コラボレーション〔ファイナルファンタジーⅣ〕より参戦。名前の元ネタは「神曲」に登場するマレブランケの悪鬼。
ゴルベーザに仕える四体の魔物「ゴルベーザ四天王」の一人。通り名は「土のスカルミリョーネ」。
ボロ布で全身を覆い隠す小汚い男の姿をしているが、一度殺されると本気を出し、体中から角の生えたアンデッドという本当の姿を晒す。
同僚いわく「四天王で一番弱い」との事。事実、時系列的には一番最初に戦う四天王ということもあり、ゲーム内の強さ的には一番下。
アンデッドであるがゆえに回復呪文やポーションで大ダメージを受ける為、対処法さえわかれば簡単に倒されてしまう。

「咒いの歌(原作では"のろいのうた")」は原作で使ってくる技。炎属性の攻撃を受けるとカウンターで発動し、全体のATBゲージの溜まりが遅くなる「スロウ」状態にされる。


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい