【追憶】ハイド(R)
基本情報
名前 【追憶】ハイド
種族 人獣
ジョブ ディフェンダー
召喚コスト 30
<タイプ> 魔械人
タイプ ミュータント
HP 400
ATK 40
DEF 40
覚醒
超覚醒
アーツ
CV 柳沢 真由美

アビリティ
召喚 なし
覚醒 なし
超覚醒 魔械経典
攻撃力と防御力と敵ユニットに与えるダメージが上がる。さらに、自ロードの種族に応じて、自身が以下の追加効果を得る。
【人獣】最大HPが上がる。
【神族】防御力が上がる。
【魔種】攻撃力が上がる。
【海種】ファイタースタイル時に射程距離が上がる。
【不死】自身が攻撃した敵ユニットのHPを一定時間徐々に減らす。

ステータス
状態 HP ATK/DEF
召喚 400 40/40
覚醒 450 60/60
超覚醒 500
700(自ロード人獣)
150/150
150/190(自ロード神族)
190/150(自ロード魔種)

DATA・フレーバーテキスト
+ Ver3.?

考察
ジキルの種族とジョブを受け継いだ【】版ハイド。
システム的に強弱のはっきり別れる30コスディフェンダーとして登場。

超覚醒でアビリティ「魔械経典」を発動すると150/150と微妙なステータスになり、攻撃時に固定ダメージが20追加される。さらに、自ロードの種族を参照して追加の効果を得る。
DEF面に不安が残るものの、30コスト使い魔で無条件の固定値20は破格の一言。
追加バフ無しの状態からスパクリ+通常でバニラを除く根本使い魔を死滅させられるだけに留まらず、単独なら3発・剣主同行なら2セットで根本マジシャンを落とせるという脅威の火力を誇る。
荒らし・迎撃能力を高いレベルで兼ね備えているものの、低コストディフェンダーの壁は越えられていないので中盤以降の扱いには注意。

・ロードの種族毎の追加効果
【人獣】最大HPが200上がる(人獣単色ボーナスは上書きされる)
 :実質ダメージカット30%に相当。アーツでサイズアップできない代わりにHPを前借りブーストしたリディアのようなイメージとなる。タワー戦に特化して中盤以降は防衛用に回す運用になるか。
【神族】防御力が40上がる(150/190)
 :ポポイの火力面と耐久面を若干量トレードオフした形になる。覚醒でATKの上がる中コストマジシャンへの耐性が大幅に向上する他、過信できるほどではないが終盤の乱戦での保ちも多少良くなる。
【魔種】攻撃力が40上がる(190/150)
 :タイプ指定のあったどこぞの黒いアレを嘲笑うようなステータス。破格の固定値もあり、コストに見合わない凄まじい防衛能力を誇る。根本△の通常2発キルには至らないものの、剣主の援護が1回で済むようになるのをどう見るか。ミリアと単色ボーナスを天秤にかける事になるのが悩ましいところ。
【海種】ファイタースタイル時の射程が三キャラ分程度まで伸びる
 :ヤマトタケル(白)やイゾルデ級に伸びる。キャンサーとは超射程とスピードドレイン(+単色ボーナス)の交換なのでどちらが上とは言い難い。
【不死】3ダメージ/毎秒のスリップダメージを3秒分付与する
 :魔種効果のほぼ下位互換なので割愛。

キャラクター説明
殺人鬼ハイドではなく、エマ・ハイドとしての記憶を取り戻したハイド。現在はエマと殺人鬼の多重人格の状態。
狂いつつあるエドを止めるため、協力してくれるようになった殺人鬼の人格と共に行動を始めた。

超覚醒までは「エマ」としての人格なので通常版のハイドとは違う気弱な振る舞いをするが、超覚醒後は「殺人鬼ハイド」に切り替わり通常版と同じぞんざいな振る舞いの性格となる。
また、エマの人格が通常版での衣装を恥ずかしがったのかは不明だが、すぐ高体温になる体質を我慢しつつシャツとキュロットを身に着けている。


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい