C ボーア

最終更新日時 2017年12月23日 (土) 12時10分55秒

基本情報

名前 ボーア
種族 神族
ジョブ アタッカー
召喚コスト 10
タイプ サラマンダー
HP 300
ATK 10
DEF 5
PSY 40
武装 不可
血晶武装 不可
アーツ
対象称号 太陽と赤き海の精霊神
デワと精霊たちの物語に関係する使い魔を使って50回勝利する。

アビリティ

召喚 エースサポートD
自身が戦場に出ている間、最も防御力が高い自使い魔の防御力を上げる。

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 300 10 5 40

エラッタ・修正情報

+エラッタ・修正履歴
エラッタ履歴
Ver4.100(2017.12.14)にて、エラッタ
アビリティ「エースサポートD」 「最も攻撃力が高い」→「最も防御力が高い」

DATA・フレーバーテキスト

+Ver4.0
ver4.0
No 神族:011
全長 2.0[meter]
重量 92[kg]
最高速度 15[km/h]
出現 火の中であれば何処でも
相性がいい シルフのフィーナ
相性が悪い ウンディーネのダニア
イラストレーター タナカケルビン
フレーバーテキスト(カード裏面)
フレーバーテキスト(LoV4.net)
火はお前の心を映す。

それを温かく感じたならば、それはお前が安らぎを求めていたということ。

それを怖いと感じたならば、それはお前が滅びを恐れていたということ。

それを頼もしいと感じたならば、それはお前が破壊を求めていたということ。

火は様々なものを一つの色に変えるが、求める者の心は様々だ。

そして、火はお前にも宿っている。

見つめよ――お前の内にある火を。

火を宿すお前は『聖獣』なのか? それともお前の宿す火が『聖獣』なのか?

それは、お前が倒すべき『魔女』にも言えること。

その存在が“悪”なのか、宿す火が“悪”なのか。

とく考え、とく心に問うがよい。

燃やすものが無くば火は消える。

お前の火を燃やすのは何者なのか――。

さぁ、『聖獣』よ、火を司る我が問う――お前はその火に何を見る?


~『白へと続く黒の精霊物語』より~

考察

自身が戦場に出ている間、最も防御力が高い自使い魔の防御力を10上げる。
この効果はボーア自身にも適用される。
最も防御力が高い使い魔がボーアの場合、彼(?)の防御力は15になる。

キャラクター説明

16世紀の学者パラケルススは四大精霊論というものを提唱した。
この論は、地・水・風・火の四大元素には、それに対応する4つの精霊がいる、というものである。

さまざまなファンタジーやゲームで4大精霊は登場してきており、LoVもその例にもれない。
地の精霊ノームはLoV3に、水の精霊ウンディーネはLoV1に、風の精霊シルフはLoV2LoV3に、火の精霊サラマンダーはLoV1に登場していた。
このうち火の精霊サラマンダーが、ボーアという名をもらって再登場したのがこの使い魔である。

火は風によって激しくなる。ということでボーアは風の精霊と相性が良い。
火は水をかけられると消える。ということでボーアは水の精霊と相性が悪い。

+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: