C ヒグー・ドレイル

最終更新日時 2017年09月18日 (月) 11時33分49秒

基本情報

名前 ヒグー・ドレイル
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 30
セフィラ ホード
タイプ 教会の使徒
HP 400
ATK 50
DEF 50
PSY 50
武装
血晶武装
アーツ
CV 京井 幸
対象称号

アビリティ

状態 ボーナス アビリティ
召喚 なし なし
武装 なし なし
血晶武装 なし [一から全てを学べ]
自身が死滅したときマナを生み出し、再召喚時に自身の攻撃力が上がる。
ただし、この効果は最初の死滅の時にしか適用されない。

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 400 50 50 50
90 50 50 再召喚時
武装 450 70 70 70
110 70 70 再召喚時
血晶武装 500 120 120 100
160 120 100 再召喚時

DATA・フレーバーテキスト

+ Ver4.X

セリフ一覧

+ Ver4.0

考察

アビリティはデッドアップA+デッドマナ。アビリティやジョブの組み合わせを前作ガルファスを彷彿させる。
しかし、アビリティが血晶武装時の複合効果になり、効果も最初の死滅時限定になったため、意図的に無覚醒状態のユニットを何度も自爆特攻させ、Aを無尽蔵に上げる所謂「ガルファスロケット」は不可能になった。

死滅時に生み出すのは45マナ。前作ガルファスの65マナに比べると心もとない数値だが、主人公の覚醒やアーツを使ったマナの調節が出来ない今作では、45マナでもマナが溢れがちなので注意。
アビリティ発動後は再召喚時攻撃力が+40される。攻撃力のみならば40コスト相当になるので、終盤の最低限の戦力にはなる。ディフェンダーとの衝突が想定されるなら、再度血晶武装させるのは悪く無い。ただし、耐久面は一切上昇しないうえに2回目以降の死滅はまったく旨味がないので注意。

同種族、同ジョブ、同コストのアマデウスが存在するため、セフィラ「ホード」で採用するのでもないのであれば、死滅してこそ意味がある使い魔。しかしバックマナを加味しても死滅すると45マナは損なので、大型使い魔につなげるのか、別の中型使い魔を血晶武装させて盤面を継続させるのか、しっかりとその後の展開を考えた死滅が望ましい。

キャラクター説明

混沌を信奉する組織『教会』に所属する使徒。フレーバーテキストのみだが3から登場しており、「ババァ」と呼ばれていた。
バンポーは同僚で、同じドレイル姓を持つ。
黙示録の世界にて聖人を騙り邪竜の生まれ変わりと暗躍したり、写し霊と呼ばれるコピー使い魔を作ったり、
その技術を応用して夢の世界を攻撃するために小説の登場人物を素材にしたキメラを生み出したりとやりたい放題していた。
細マッチョなバンや幼女のポーと比べると、異様に大きい頭に細く長い手の老婆というデフォルメのような異形のような如何し難い姿をしている。


+ 編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+ コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい