C カーミラ

最終更新日時 2017年12月04日 (月) 18時12分36秒

基本情報

名前 カーミラ
種族 不死
ジョブ マジシャン
召喚コスト 10
セフィラ ゲブラ
タイプ ダンピール
HP 300
ATK 10
DEF 5
PSY 30
武装 不可
血晶武装 不可
アーツ
CV 菅谷 弥生
対象称号 赤き夜に濡れる牙
夜の王とそれを追う者達の物語に関係する使い魔を使って4位以上を50回とる。

アビリティ

召喚 デッドマナ
自身が死滅したとき、マナを生み出す。ただし、自身が『呪い』状態になる。
『呪い』:死滅時の復活時間が長くなる。

アーツ

説明 棺を守る血の呪い
範囲内にいるターゲット中の敵ユニット1体の防御力を一定時間下げ、一定時間『毒』状態にする。
ただし、自身は死滅する。
『毒』:固定ダメージを断続的に受ける。
消費マナ 10
効果時間 効果時間募集
wait時間 なし

パラメーター

状態 HP ATK DEF PSY 備考
召喚 300 10 5 30

DATA・フレーバーテキスト

+Ver4.0
ver4.0
No 不死:027
身長 1.68[meter]
体重 49[kg]
出身地 永遠の夜の都
ドラキュラ
仕事 主の棺の護衛
D・ホワイト
イラストレーター 碧風羽
フレーバーテキスト(カード裏面)
刻む? 吸う? ボクはどちらでもいいけどね
フレーバーテキスト(LoV4.net)
 人間が嫌いだ。

ぞろぞろ群れて固まって、我が物顔で地上に蔓延る奴らは世界を自分のものだと思ってる。

だから、ボクたちを夜の住人だと言って世界から追い出そうとする。

世界の主は数では決まらない。数が多い方が偉いと言うのなら、お前らなんかは蟻以下だというのにだ。

個として、種としてどれだけ優れているか。他種を導き、如何に幸せに隷属せしめることができるか。それが“資格”であり、『貴族』であるということだとあの方は言った。

なのに人間は反抗的で、強めに導いてやらないと素直に『貴族』に従おうとすらない。家畜にすらなれないのなら、そんなのは世界に汚物を垂れ流すだけの害悪だ。

だからボクは、こうして掃除をして回る。

見てごらん? この死に際、無駄に意思や感情がある分、なんとも汚らしく醜いだろう?

こんないびつなものをボクは主の目に触れさせたくはない。家畜は姿を見せず、ボクたちに糧を差し出すだけでいいのさ。

ボクは『棺の番人』だからね、あの方に心から安らげる眠りを届けたいんだ。

けれど、そんな人間どもが蠢く世界を“貴女”はまだ守ろうとしている。

何故そうなのだろうね? 貴女もまた、選ばれた者の血引いているというのに。

きっと貴女のもう半分に流れている汚物の血が悪さをしているのだろうな。ボクもそうなってしまっていたらと想像すると、本当におぞましい限りだよ。

優しいあの方は、そんな貴女にまで興味を示されたけど、ボクは貴女みたいな穢れた存在も、ボクを救ってくれた大切なあの方に近づけたくはないんだ。

だから、やっぱり貴女も掃除することにした。

きっと傲慢な貴女は、自分で道をたどっているつもりなのだろうね。

あの時、素直に家畜になっていればすぐに気付いたろうに、食べなれない餌は、餌だとわからないのだろうな。

どう? ボクがの撒き餌は美味しいかい?

その無様に地面を這いずって餌をむさぼる様には虫唾が走る。

本当に残念だよ。見るに堪えない。

だから早くボクに殺されてね――お姉さま。

セリフ一覧

+Ver4.X
Ver4.X
召喚 ボクが見えるのかぃ?こりゃあ驚きだ
通常攻撃 ハハハハハハ!
アーツ 段々と死ぬ そんな呪いを掛けてあげるよ
タワー制圧 いい血が集まったな これは主人に献上しておくよ
ストーン破壊 楽しかったろう? ボクもさ
死滅 おーっとここまでだ また遊んでやるよ
サポート 血をくれよ…

考察

種族ユニークアビリティ「デッドマナ」を持っての参戦。
前作では最初からデッドマナ持ちが多かったが根元でのデッドマナ持ちはこの使い魔のみ。
死滅時にマナ+10、復活時間+10秒だが、結局再召喚するのに10マナ使用するのでほぼ意味がない。
だが、中核を担う使い魔があと少しで血晶武装して迎撃という時にはあえて自決してマナをブーストさせる方法もあり。
セフィラ「ゲブラ」でもあるが、 「ゲブラ」にはセフィアップや類似効果を持つ使い魔が1体もいない (Ver4.0x現在)
復活時間延長が逆にプラスに働くダンテとの相性が良い。
アーツも所持しているがデッドマナのおかげで損は一応その時点では無いが、その後の対象への対応次第で損にも得にも変わる。
アーツ「棺を守る血の呪い」のDEFダウンは30であり強力、さらに毒ダメージは秒間3ダメージで(効果時間募集)秒与える。


キャラクター説明

吸血鬼としての知名度は抜群のドラキュラに大きな影響を与えたと言う「吸血鬼カーミラ」もRe:2から復活。
若い少女を好んで襲う女吸血鬼で、主人公の幼い少女に対してエッチな事をしてたと思わしき描写などのせいで、
後の吸血鬼には同性愛者のような者も生まれる事となった。
LoV2でも「趣向:少女」という一文があったが、彼女のストーリーの肝は、Re:2で登場したD・ホワイトの妹である事に集中している。
姉はヴァンパイアであることを嫌い、それを狩ろうとしているが、こちらカーミラはヴァンパイアであることを楽しんでいる。
Re:2の時は不死には貴重な回復アビ持ちなのだが、その代償として死滅してしまうという辛い使いにくいカードであった。
(Re:2まではコスト関係なく使い魔は3体しか出せない為、使い魔が1体欠けるだけで非常に辛くなった)
今回は10コストかつマナバックがあるので自殺アビリティも使いやすくはなっているが、序盤ではやはり根本が一つ減るのは致命的。ご利用は計画的に。



+編集用コメント *編集が苦手な方はこちらへ情報提供お願いします
名前:
コメント:
  • 余りにも当Wikiやゲームから逸脱した無関係な雑談や、誹謗中傷めいた暴言、ページに関係ないコメントはおやめ下さい。
  • wikiは不特定多数の人が利用する場です。プレイヤーの個人名や所属ギルドなどを書き込む行為は慎んで頂きますようお願いします。
  • 個人的な日記として使用するのも控えて下さい。
+コメント *雑談や使用方法などの相談にご利用下さい
名前:
コメント: