※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【電池邪神】-The Wicked "That"-

部長が構築した、【電池メン】の派生系。
展開力の高い「電池メン」を邪神のリリース要員として利用する。

【電池メン】に三邪神を足し、更なるリリース要員サーチのため《シャインエンジェル》を搭載。
《地獄の暴走召喚》するのはどの電池メンでも良い為である。


【電池メン】自体がかなりの安定性を誇るので、必然的にこのデッキもそれなりの安定性を持つ。
強いて言えば事故要員が増えるのだが。

  • このデッキが初お披露目されたとき(V.S.MONO)、部長は《漏電》を入れ忘れていた。
    …結果はどうなったかって?そりゃあ…4000と4100のフィアーズ・ノック・ダウンをモロに喰らったらただじゃ済まないさ…。
  • このデッキも、少なからず「闇のゲームをしてみた」の影響を受けている。
    当人曰く 「マスターさんリスペクト」
  • 「仮面ライダー電王」カードゲームのカードを裏スリーブとして使用している。

タミフルの【震電】

タミフルが、また他人のデッキを模写したくなって15分で組み上げた物。
模写とは名ばかりで、内容は部長のそれとは大きく異なる。

部長のように【電池メン】に邪神を足した、という訳ではなく
やはり彼お得意の様々なギミックを盛り込んだ【カオス・ハイブリッド】となっている。

電池メンは《電池メン-単三型》に《電池メン-ボタン型》が3枚ずつ、《電池メン-業務用》が1枚に
《漏電》と《携帯型バッテリー》がそれぞれ1枚、《充電器》が2枚。これだけである。

《ジャンク・シンクロン》で《ザ・カリキュレーター》を蘇生、《地獄の暴走召喚》することで爆発的な攻撃力を持つ《ジャンク・ウォリアー》を召喚するコンボが搭載されている。

また《地獄の暴走召喚》と相性の良い《E-HERO ヘル・ブラット》も投入されており、
《ジャンク・シンクロン》の安定にも貢献している。
  • 部長と共にタッグを組んだ際には、やはり4000と4100のフィアーズ・ノック・ダウンがよしなんとかを粉砕した。

関連項目



名前:
コメント: