※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

列強

マジカル部に於いて「こいつはヤベェ」というレッテルを貼られたカード達。
「殿堂入り」とも。

その全てがどうしようもn凄まじく使い手を選び、使いこなせる者はあまりいない。

アイスエイジ・ブロック

《キイェルドーの精鋭守護兵/Kjeldoran Elite Guard》

よっしーさんが使用。そのイラスト・アドバンテージは対戦相手(の腹筋)をggに追い込んだ。
  • 能力の起動に際し、対象に頭の兜をプットオン。対象が場を離れると墓地送りになるのは、兜を失ったショックから。たぶん。

神河ブロック

《留まらぬ発想/Ideas Unbound》

深夜モードのWAZATENに見せると危険。「wwwなんかwww頭から出とるwwwっうぇっうぇwww」と言って暴走します。

第9版

《テレパシー/Telepathy》

タミフル御用達の強力なエンチャント。
1ターン目からの設置は相手のやる気を絶望的なまでに削いだ。

《甲鱗のワーム/Scared Wurm》

色拘束も薄く多色環境にマッチしている。点数で見たマナ・コストが重いので《撤廃/repeal》されにくい。3回殴れば人が死ぬ!…最早言うことはあるまい!

ラヴニカ・ブロック

その全てが多色カードである。
その多色ならではの高パフォーマンスの能力は、入部して間もない部員達を驚かせた。

《ボロスの補充兵/Boros Recruit》

WAZATENが入部当初から使用し続けていたウィニークリーチャー。
1マナ1/1+αという基本スペックは満たしており、財布に優しいウィニーデッキを組む際には世話になることもあった。

WAZATENはこの先制攻撃を活かしたコンバット・トリックを駆使し、相手の予想外の動きを度々もたらしていた。これもWAZATEN理論の一種と言えよう。

  • WAZATENにこれの絵を描いてもらったところ、「〜でキャッチ」シリーズの様な絵となった。これはペッツと呼ばれ、以来皆に親しまれている。

《哀悼のスラル/Mourning Thrull》

元々はかりなんとかがよく使っていたものだが、ある事件がきっかけでタミフルがその魅力に惚れ込み、以来彼のデッキにちらほら見かけた。

2マナ1/1飛行+αとスペックは地味だが、この絆魂が重要なのである。
過去最強の天使と名高い《賛美されし天使/Exalted Angel》等を見てもらえればその強さは分かるだろう。飛行と組み合わさることにより絶大な効力をもたらす。

《ラクドスの痰吐き/Rakdos Ickpitter》

マジカル部黎明期にととが使っていた、優秀なティム・クリーチャー。1発で2点分のダメージを稼げるのは流石はマルチカラーといったところか。

このクリーチャーが存在したが故に、当時の環境からタフネス1クリーチャーが駆逐された。あからさまに高スペックな《北風乗り/Mistral Charger》ですら「タフネスが1である」というだけで投入が躊躇われることとなった。

逆に、このクリーチャーを対策する為だけに《尊い祖霊/Benevolent Ancestor》等のプリベンターや《玉突き衝突/Carom》といったどう見てもリミテッド専用のカードが投入されることもあった。といっても当時は所詮リミテッドに毛が生えたようなレベルだったので突っ込む者はいなかったが。

《突撃ゼッペリド/Assault Zeppelid》

シミックの誇る中堅フライヤー。
4マナ3/3飛行トランプルという《シミックの空呑み/Simic Sky Swallower》を彷彿とさせるスペックであり、オーラ等で強化できる分使い手を選ぶといえるだろう。

結局殆ど使用されないままスタン落ちを迎えてしまった。
リミテッドが開催されれば或いは活躍を見せていたのかもしれない。

時のらせんブロック

《従者/Squire》

太陽の街にて部長が引いたが、目立った活躍は見せていない。
  • 「従者ビート」なるものの開発が試みられていたようだ。

《月の色/Moonlace》

このカードなくして青は語れるまい。
  • 何故かタミフルはこれを5枚(内1枚はFoil)持っていたようだ。そのうち1枚をかりなんとかに無償で譲ったとのこと。

《ギャサンの略奪者/Gathan Raiders》

ブースタードラフトにて猛威を振るった1枚。
構築でもアグレッシブに手札を消費するデッキでは3マナ5/5としての活躍が望める。
  • ギャサンって何だ?

ローウィン・ブロック

《アメーバの変わり身/Amoeboid Changeling》

こいつはヤベェ。
1パックシールドでその凶悪性が明らかになった。


名前:
コメント: