※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

three-four-law

「紅蓮」「老師」とも呼ばれる。

マジカル部のオフィシャルサポーター兼部員。たぶん忍者。
ポケットモンスターカードゲームのプレイヤーでもある。
ポータル三国志に思いを馳せているが,出会うことはまだ出来ていない。

第一回部内順位決定戦のリーグ表作りに貢献,
ヘッドジャッジ,バックダンサー役等をそつなくこなす彼は部員から愛されている。

  • 常時半袖短パン。寒いとその上からロングコートを羽織る。
  • たまに某ライダーアマゾンに変身する。
  • 動きのキレはピカイチ。部長涼宮達と「もってけ!セーラーふく」を踊るのは有名な話だ。
  • 「ホタテを口にするとアナフィラキシーショックにより死にます」と医者に宣告された。
  • イラストの評価も非常に高い。代表作は「古語〜矛盾〜紙芝居」「マキシマムダイブ」

マジックにおいて

シャドウムーアにて1パックシールド戦を行ったところ、「カカシ」シリーズに一目惚れ。

《刈り取りの王/Reaper King(SHM)》を中心とした「5色カカシ単」を構築し、
部長の操る「Angel Weirding」と互角かそれ以上に渡り合った。

マジックにおけるthree-four-lawの主な使用デッキ

  • 5色カカシ単

主な功績

常時

  • ヘッドジャッジ
  • ギャラリー
  • バックダンサー

主な使用デッキ

  • 化石コントロール(化石ポケモンを使用したコントロールデッキ)
  • 磁気嵐コントロール(デオキシスを主軸としたコントロールデッキ)
  • フライングビートダウン(カイリュー,ムクホーク等の飛行タイプ中心のデッキ)
  • ドラゴンブースター(レックウザで相手を蹂躙するデッキ)
他多数
  • 分かっていると思うが,勿論ポケモンのデッキである。

関連項目