※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2日目完成
ん。。。

幸一「何だ…未だ6時じゃないか」

思いのほか目覚めが良いな、そりゃあんなに早く寝たら目が覚める訳だよな

自室からリビングへ移動

由紀「あら、今日は早いのね」

幸一「あぁ、昨日早く寝ちゃったからさ」

由紀「ちゃんとお風呂入ったの?」

幸一「…入ってない」

由紀「もう…幸ちゃん臭うわよ」

幸一「臭うとか言わないでよ…凄く疲れててそんな気力なかったんだよ」

由紀「それじゃご飯の前にシャワー浴びてきちゃいなさい」

幸一「うん」

画面は真っ暗でシャワーの音とかがあればいい

(未だに信じられないな、昨日の事が)

目が覚めれば覚めるほどあの光景が頭に蘇ってくる

(霧島レン…か。一体何者なんだろう)

移動リビング

あのマニューバすごかったな

あそこでエンジンを切って、レバーを思いっきり倒すのかな

由紀「幸ちゃん、髪がまだ乾いてないわよ」

幸一「あ、忘れてた。髪はそのうち乾くからいいよ。それよりご飯できてる?昨日夜食べなかったからもう腹ペコ」

由紀「あら、ご飯はいらないんじゃなかった?」

幸一「え、ちょっとそれは昨日の話しで…」

これはつまり怒ってるってことだな

「ごめん母さん。ご飯欲しいです」

母さんは今34歳でオレが16歳だから18歳で俺を生んだ…
授業参観とかで他の生徒の母親を見ると改めて自分の母親が若いか分かるな

昔から、こういった自分勝手なことは許さない人だ

由紀「ちゃんと分かってるじゃない。朝ご飯準備しておくから、幸ちゃんはその間に髪乾かしてきなさいね」

幸一「は~い…」

ブーン(ドライヤーの音)

幸一「腹減った~これでやっと食べられるよ」

洗面所からリビングに戻る途中に母さんがいた

由紀「ご飯テーブルの上に置いておいたから食べたら食器洗っておいてね」

幸一「あれ、母さんもう仕事に行くの?」

由紀「今日は早番だからね~、後出るときにゴミ出しもよろしく」

幸一「めんどくさいな~自分で持って行けば良いじゃん」

由紀「幸ちゃんそんなこと言ってると、好きな子は振り向いてくれないぞ~」
  「自分から積極的に手伝ってこそ、女の子はときめくのだ」

幸一「女の子って…分かったよ。出しとくから早く行きなよ…」

由紀「やっさしー!ちゃんと鍵閉めるのよ。行ってきまーす!」

(そんなことで彼女ができるなら今頃何人もいるよ…)
(いや、そんなことしてなかったか…?)

幸一「…ハァ」

(まだ早いけど家に居ても仕方がない、学校に行くかな)

移動 学校までの道

今日も晴天だ…昨日とは違って風があって涼しい

(昨日はこの辺りに居たんだけどな、今日は居ないな霧島さん)

金髪で凄く綺麗だけど謎で一杯の彼女…お近づきになりたい…

峯岸「オッス!桜井」

幸一「おっ、オッスってトッシー早いね」

峯岸「オレはこれから朝練があるからな。桜井こそ朝練も無いのにどうしたんだ?」

トッシーはサッカー部に所属している。こんな適当な性格の割には部のエースだというのだから驚きだ

幸一「早く起きちゃってさ。することもないから飛行機でも見ようかなって」

峯岸「ふーん」

峯岸「なぁ聞いてくれよ」

幸一「何だよ、どうせ大した話じゃないんだろ?いいよ」

峯岸「つれねぇな」

峯岸「昨日の話なんだけどよ」

幸一「結局話すのかよ!」

峯岸「まぁまぁ」
  「隣のクラスの白石のパンツを見たんだよ」

幸一「何?!マ、マジか」

隣のクラスに居る白石さん…
うちのクラスに友達がいて、良く教室に遊びに来る
その友達と言うのが俺の左隣の席に座ってる子で
白石さんは休み時間に俺の椅子を使っていたのだ
椅子に残った白石さんのぬくもりを知って以来、俺は白石さんが気になっていた

峯岸「お前気に入ってたもんな、白石の事。知ってんだよ」

(コイツ…白石さんの後に座る瞬間のあの至福の時の顔でも見られたのか…?)

峯岸「気になるだろ?気になるよな~桜井」

幸一「…き、気になる…」

峯岸「そうかそうか…ん」

峯岸が手のひらをこちらに向けてきた

幸一「何だよこの手は…」

とりあえず握ってみる

峯岸「どわっ!何考えてんだよ、誰が握手してくれって言った」

幸一「何だ、違うのか」

峯岸「お前天然入ってな」

幸一「トッシーに言われたくねぇよ」

峯岸「ジュース1本!これで教えてやるよ」

幸一「何で聞くだけでおごんなきゃいけないんだよ」

峯岸「オレの記憶力は並じゃないんだよ、その分消費も激しいのさ!」

幸一「はいはい金欠なんだろ、まぁいいやおごってやるよ」

自動販売機で120円を入れてやった
峯岸はそれをニヤニヤしながら飲んでいる

峯岸「流石持つべきものは親友だよな~幸一君」

幸一「そんな口上はいらない。さっさとするんだ」

峯岸「白だ。普通の」

幸一「なん…だと…?」

峯岸「だから白だって、お前耳悪いな」

幸一「違うだろ。お前は記憶力は並じゃないって言ってただろ」
  「という事は、鮮明に覚えていなきゃいけないんじゃないのか?」
  「もっとこう、リボンが付いてたとかくまさんがプリントされてたとか」
  「そういうことを答えなくちゃいけないんじゃあないのか!?」

峯岸「言っただろ?並じゃないってな!」

日焼けした肌にやたら白い歯を見せながら峯岸が親指をおったてて来た

幸一「下の方かよ!」

峯岸「おっとそろそろ朝練が始まっちまうぜ」

そういって峯岸は走り出した

幸一「待てこらー!」



移動 学校 教室

格納庫に行ったはいいけど、何も手に付かなかった…
ぼーっとしてる間に、授業開始時間になってしまったのだ

レン登場

霧島さんが教室に入ってきた


俺の方へ歩いてくる


あ、違った、自分の席に着いただけだった

幸一「おはよう…」

レン「…おはよう」

幸一「・・・」

レン「何?」

幸一「いや、別に…」

初めて会った時と同じ無表情、冷めた目付き

昨日、放課後に見た笑顔が嘘みたいだ

(君も…)

幸一がレンにビビるのを変更して、「パイロット霧島の娘」すげーすげーよぉにする*


何を言おうとしてたのか
何で突然帰っちゃったのか聞かなきゃいけない
どう考えたって怒って帰ったんだから

幸一「ねぇ霧…」

峯岸「オッス桜井!さっきはサンキュ」

俺の言葉を完全に覆い隠す形でとっしーが話しかけてきた

峯岸を無視し続けながら、霧島さんと会話はできない

幸一「…最低だ」

峯岸「ん?何が」

問題が先延ばしになったことが

フェードアウト


何とか昨日みたいに話せるようにならないと始まらないな
何が始まるのかは始まってからのお楽しみだけどな

授業中の今なら霧島さんは何処にもいけないな
これはチャンスだ

幸一(ね、霧島さん)

レン「・・・」

幸一(やっぱり昨日の事怒ってるの?)

レン「・・・」

幸一(目の前であんなマニューバが見れるなんて思わなくてさ)

レン「…授業に集中できないから少し黙ってて」

幸一「ご、ごめん」

(まずった、霧島さんは授業を真面目に受けるタイプ…!)

フェードアウト

放課後 教室

放課後になると霧島さんはすぐに居なくなってしまった

昨日まで群がっていた男子達も今日はほとんど話しかけなかったな

峯岸「おいっす!」

幸一「おいっす。これから部活?」

峯岸「いや、今日は休みだな」

幸一「じゃ一緒に帰ろうか」

峯岸「あれっ桜井こそ飛行機いじりやっていかないのかよ」

幸一「そんな毎日やってるわけじゃないよ、今日は風も強いしさ」

峯岸「よし!ちょっと来い」

幸一「うわっ!?」

移動

廊下

幸一「なんだよトッシーこんな所に連れてきてさ」

峯岸「しっ!声がでかい」

幸一(意味がわかんないぞ)

峯岸(いいか桜井よく見てろ)

向こうから来るのは白石さんじゃないか

峯岸(ちょっとしゃがめ)

幸一(お、おう…)

通り過ぎる際に一瞬パンツが見える

幸一「おお!」

峯岸(バカ!声がでけぇんだよ!)

幸一(ごめん…)

なるほど相手からこっちは完全に死角になって見えないのか…トッシーめ良い場所見つけたな

峯岸(他ならぬ親友の桜井のためだ、この場所を300円で譲ってやろう)

幸一(おい、又金取るのか!どんだけ金欠なんだよ)

峯岸(新しいスパイク買って今月はもう金が無いんだ、頼む親友)

幸一(まったく…ってアレ?)

峯岸(どうした?)

幸一(奥に居るのって霧島さんじゃないか?)

峯岸(あぁ、あの転校生か)

幸一(トッシー悪い、又明日な。急用ができた)

峯岸(ちょ!金払ってから帰れよ!)

幸一(又な親友!)

峯岸「おい!桜井!」

女子「そんなところで何してるの峯岸」

峯岸「げぇ~…」

場所移動 正門

幸一「確かこの辺りに居たはずなんだけどな…」

(あ、あのバスに乗ってる!)

ブロロロ。。。

幸一「あっちの方なんて何にも無いと思うんだけどな~」


バス停の路面図を確認する
えっと~ここが学園前だから次は終点か


これって…行き先は聖華病院じゃんか

何だろう、風邪でも引いて調子が悪いのかな

結局今日は何も話せなかったな…

峯岸「桜井く~ん・・・」

幸一「うわっ!ビックリした」

右頬を赤く腫らしている峯岸が背後に現れた

峯岸「くそ・・・何で俺だけ・・・なんで俺だけなんだ桜井・・・」

幸一「今度は何だよ」

峯岸「女子にやられた・・・」

幸一「自業自得だな」

峯岸「そういえば、お前も見ていた事を言い忘れていた。戻ろう」

今にも倒れそうだったトッシーは急に背筋を伸ばし、回れ右をして歩いていく

幸一「ちょちょ!待て!待ってくれ!」

峯岸「罪は償わなくてはならない。アーメン」

幸一「分かったから帰ろう!」

峯岸「桜井君、君は誠意を見せねばなるまい」

幸一「誠意ってなんだね!」

この後トッシーと2人で駅前のゲーセンに寄ってオレのおごりでラーメンを食って帰った

移動 家 リビング

外はまだ夕焼けだ

幸一「ただいま~」

由紀「ん~おかえり。ご飯何が良い?」

幸一「いらない~トッシーとラーメン食ってきた」

由紀「あっそう、じゃお風呂入りなさいよ」

幸一「わかった」
幸一「母さん間食ばっかりしてると太るぞ」

由紀「ち、ちち違うわよ。これは間食じゃなくてお昼を二つに分けただけの…」
由紀「まだ太ってないわよね?」

幸一「大丈夫だよ母さん
全然今までと変わってないよ」

由紀「でも油断してると、すぐにお肉に変わっちゃうわよね…
これから1つ先の駅まで歩いて行こうかしら」

(俺はその間食をやめれば良いと思うんだけど、言っても無駄だろうな)

一人でまだあーでもないこーでもないしている母さんを横に自室へ戻る

幸一「まさか母さんがあんなに気にしていたとは…見た目は全然昔のままなのにな」

見た目は20代の頃から変わらないけど、中身もあんまり変わってないんだろうな

自室

幸一「ふぁ~今日は早く起きたからもう眠いや…」

駄目だ…これじゃ又朝早く起きてしまう…お年寄りか俺は…





駄目だ…眠い…もうお年寄りでいいや…

明日こそ霧島さんと話すんだ…病院の事も気になるし…

ぐぅ…
|