※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

学校 教室

あれから3日間霧島さんは学校を休んだ

トッシーから色々聞かれたが風邪じゃないのか言ってごまかしておいた

そして霧島さんは戻ってきた

ガラッ

峯岸「おっ!霧ちゃんおはりん」

レン「…何それ」

幸一「アハハ…」

(良かった、霧島さん戻ってきて)

帰ってきた霧島さんは以前と変わらないが、無理されるよりいいや

峯岸「どうだい霧ちゃん、風邪は治ったの?」

レン「まだ、完治はしてないけどね」

峯岸「じゃオレが看病してあげようか、口移しとかで」

幸一「お、おい!」

峯岸「冗談だよ、何ムキになってんだ」

幸一「別にムキになってないよ…」

レン「そんな事されたら峰岸君の菌で私死んじゃうよ」

峯岸「げぇ~ショック」

幸一「ぶっ、それ傑作だ~」

峯岸「お前まで言うな」

移動 放課後

峯岸「じゃオレ部活行くわー」

幸一「はいよ~」

トッシー消える

レン「私が休んだ3日間、まさかボーっとしてたって事はないよね」

幸一「オレだって黙って待ってたわけじゃないさ、ちゃんと調べてあるよ」

レン「約束は覚えてるんだ」

幸一「部を立ち上げるには条件があってさ」

レン「条件なんてあるんだ」

幸一「最低でも部員が5人以上いて、なおかつ顧問の先生がつかなきゃ駄目なんだ」

レン「だったら部なんて立ち上げなくても良いじゃん」

幸一「高校の公式大会にも参加できるようになるし、部費も下りるんだよ」

幸一「霧島さんがミラー壊した修理費だってバカにならないんだからね」

レン「…そこを言われると言い返せないな」

幸一「でしょ、それじゃ協力してよね」

幸一「まずは、一緒に活動してくれるメンバーを探さないと」

レン「後3人必要なんだよね」

幸一「今やフライトウイングは全世界共通だよ、一声かければ2、30人集まってもおかしくないさ」

レン「あんまり多すぎても私嫌だな」

幸一「そういう可能性があるって事だよ、とりあえず部活に入ってない人達から声をかけていこうよ」

レン「そうだね」

移動 教室

幸一「ねぇ」

男子「おぅ桜井君、帰るの?」

幸一「違うんだ、実はフライト部を作ろうと思ってさ」

男子「そういえばこの学校ってフライト部無いな」

幸一「ね、一緒にやらない?」

男子「面白そうかもしれ…」

レン「…」

男子「…やっぱ止めておくわ」

幸一「何で?面白いと思うけどな」

男子「いや…桜井君悪い、又明日」

男子消える

幸一「まぁ…すぐに結果が出るわけでもないよね、アハハ…」

レン「…そうだね」

幸一「さぁ次」

移動 廊下

幸一「ねぇ、どうだろうフライト部?」

男子「ふ~ん…」

レン「…面白いと思うよ」

男子「え、オレは…いいわ」

男子消える

(何だよ!霧島さんの姿見て逃げるなんて)

その後も動いたけど入部してくれた人はまったくいなかった

移動 教室

レン「一杯声かけたけど…2,30どころか1人も入部してくれないね」

幸一「…こんなはずじゃなかったんだけどな~」

レン「ごめんね桜井」

幸一「な、何が?」

レン「私だって分かってるよ…」

幸一「…」

幸一「ちゃんと話せば分かってくれる人もいるはずだよ」

レン「…うん」
|