※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昼休み 教室

レン「沙羅…来ないね」

ガラ

並木「スミマセン、遅くなりました」

幸一「良いよ、行こうか」

移動 教室

D組、東君は…あ、いた

幸一「霧島さん、あれが東君だよ」

レン「へぇ…結構カッコイイんだね」

ドキ!

並木「レンちゃんは東君みたいなのがタイプなんですか」

レン「別に…」

幸一「とにかく声かけてみよう」

レン「じゃあ桜井しかいないよね」

幸一「ま、まぁそうだよね」

どうしよう…オレの事なんて覚えてるのかな

今更そんなこといえないし

幸一「東君」

東「ん…お、確か桜井…だったっけ?」

幸一「良かった、名前覚えててくれて」

レン「何だ別に友達って訳じゃないんだね」

東「あのさ、これから飯買いに行かなきゃなんねぇから早めによろしく」

幸一「えっと…東君さ、良かったらオレ達の部に入らない?」

東「部活とかやってる暇ないんだ」

幸一「そうだよね、一応入部ってだけでもさ」

東「オレ中途半端って嫌いなんだよ、だからとりあえずってのはパスだな」

レン「どうしたら入ってくれるの」

東「君も桜井の部に入ってるのかい」

レン「そうだよ、後1人必要なの。だから東君に入部してもらいたい」

東「折角の誘いなのに悪いんだがオレにはやらなきゃならない事があるんだ」

レン「こっちとしてもどうしても東君が必要なんだよ」

幸一「霧島さん、もういいよ」

レン「君中学生の時に全国チャンプになったんでしょ」

東「だったら」

レン「もし私と勝負して東君が勝ったら…君の言うことを何でも聞くよ」

東「本気で言ってるのか…」

並木「レンちゃん!何言ってるの」

幸一「そうだよ、相手は日本チャンピオンなんだよ」

レン「もし私が勝ったら入部してもらう」

東「そうか、じやオレが勝ったらグランドの真ん中で全裸になってもらうぜ」

レン「いいよ」

幸一「霧島さん!」

東「…よし、分かった。何時やるんだ、今日か明日か」

レン「今日の放課後、裏山で」

東「機体は桜井のミラーか?」

レン「うん」

東「勝負である以上オレはたとえ女が相手でも手加減しないぜ」

レン「手加減してなんて頼んでないけど」

東「…気の強いヤツだな、放課後裏山に行く」

レン「待ってるよ」

東消える

並木「レンちゃん、あんな約束しちゃって」

レン「大丈夫だよ、要は負けなきゃ良いわけだし」

幸一「負けなきゃって、霧島さんは東君の凄さを知らないから」

幸一「それにバトルなんてしたことあるの?」

レン「無いよ」

並木「無いって…」

レン「でもやってみないと分かんないじゃん」

幸一「確かに霧島さんのフライトセンスは抜群だけど」

レン「役に立ちたいんだ」

幸一「…」

レン「私が頑張って何とかなるなら」

並木「…私もなる」

レン「え…」

並木「レンちゃんが負けたら私も…全裸になります」

幸一「並木さんまで」

レン「桜井、負けたら君も全裸だぞ」

幸一「ぅ…」

レン「全ては放課後、そこで決まる」

フェードアウト

移動 ガレージ

並木「レンちゃん、頑張ってね」

レン「任せて」

こんなにこの中が重苦しい雰囲気になったのは初めてだ

幸一「でも凄い自信だね」

レン「直感…かな」

幸一「え、確信とか無いの?」

レン「無い、でもね自分の心が静かに澄んでいる時「直感」は信じられるものの1つになる」

レン「パパが言ってた言葉だよ」

幸一「霧島幸一の言葉か…重いな」

並木「レンちゃんの心が澄んでるんですね」

レン「うん、充実してるのは間違いない」

レン「沙羅が教えてくれたんだよ」

並木「私ですか?特に何もしてませんけど…」

レン「何かが見つかった時に1歩を踏み出す事、前の私なら絶対しなかった」

レン「踏み出す事には勇気がいる、不安で一杯になる…けど何かを掴むためにはそれをしなければいけない」

レン「沙羅が入部しようとしたのも自分を変えようとしたからでしょ」

並木「…うん。たった数日しか経ってはいませんが、私はこうして2人と出会えた事に感謝してますよ」

並木「あのまま黙っていたら今頃未だ図書室に居たんでしょうね…」

レン「だから私もあそこで引きたくなかったんだ」

幸一「…ここまで来たなら引けないな」

せめて東君との対決で霧島さんが少しでも勝てるようにルールを考えてあげないと

ゴォォ!!

幸一「来た!」

フェードアウト

移動 外

東「来たぞ、約束忘れるなよ」

レン「始めよう」

幸一「じゃルールを説明するよ…」

レン「ルールなんて良いよ、1発当てた方が勝ち。分かりやすいじゃん」

おい!

東「いいぜ、それでいこう」

幸一「何で自分から不利な条件を提示するんだよ」

レン「私に不利になる事が東君に有利になるとは限らないけどね」

幸一「え…」

並木「頑張って!レンちゃん」

幸一「くっ…」

レン「桜井、そんなに不安そうな顔をするな。君はイスに座って部の名前でも考えてれば良い」

幸一「霧島さん、勝ってとは言わないけど…無理はしないでね」

レン「負けたらグランドでヌードだよ、それは嫌だな。フッ」

フェードアウト

ブロロォォォ!!

2機のエンジンが回りいよいよバトルが始まる

バトル内容はお互いの機銃、今回はペイント弾を使用するけど

1発どちらかが相手機体に当てた方の勝ちって言うシンプルなルール

東君のロックの上手さもあるが一番大きいのは機体の差だ

東君が乗るRV-25ストライカーはフライトウイング専用に作られた新型機だ

加速、上昇度、ロックどれを取っても高水準

レーダーやサーチの無いミラーじゃ話しにならない

戦う前から負けてるんだ、しかも相手はリトルエースのチャンプ…

でも霧島さんの妙な余裕がそれすら何とかしてしまいそうな気にさせてしまう

天才対秀才、どっちが勝つんだ

ブオオオォォォォ!

2機は勢い良く上昇して行く

しかし速さはストライカーの方が上であっという間に制空権を握られる

幸一「まずい!あのままだと後ろを取られるぞ!」

ドッグファイトで後ろを取られる事は負けを意味する

幸一「霧島さんスライスバックだ!」

スライスバックとは水平飛行からマイナス45度カーブし、そのまま斜めに下方宙返りし高度を速度に変える技

元々スピード勝負では分が悪いミラーは少しでも速度を上げないとまともに戦うこともできない

レン「桜井、そんなに大きな声出さなくても聞こえてるよ」

レン「やっとなじんできた所」

幸一「そんな悠長な事言ってる場合じゃないよ!」

東「そうだぜ、こっちはすっかり射程に入ってる」

もう入ってるのかよ!流石秀才東君

ミラーは完全にバックを取られてる

レン「だったら早く撃てば良いじゃん」

東「ちょっと早いがお望み通り落としてやるよ!」

バババ!

並木「キャー!」

やられた!?

ぐぃ!

東「?!」

幸一「!!」

シューー!

当たらない?

何が起きたんだ?!東君の弾が外れた

東「どうなってやがんだ!」

レン「外れたみたいだけど」

ババババババ!

シューー!

並木「レンちゃん、当たってませんね。凄い」

幸一「東君がわざと外してるのか?!」

ブロォォォ!!

後ろを取っていたストライカーは一旦大きな旋回をしてロックを外す

東「外してねぇよ!確かにロックした」

ゴォ!

レン「もう終わりなの?」

東「クソ!訳がわかんねぇよ!」

こっちから見てると東君が故意に外しているようにしか見えない

そのぐらい機体間の幅は狭い

東「まぁいい、こっちの有利は動かない」

レン「上手いよ東君、思ったとおりだ」

確かに東君の言うとおり後ろを取られ続けている以上勝ち目は無い

どうするんだ

ババババ!!

シュー!

ミラーは綺麗な円形マニューバを描き機銃をかわす

東「逃がすかよ!」

幸一「早い!」

ミラーの体制が整う前に又後ろを取られる、これでは勝負にならない

幸一「初めからこうなる事なんて分かってたんだ…なのにどうして止めなかった」

後悔の念が心を支配する

並木「レンちゃん!」

東「何でかわしてるのかわかんねぇけど、逃げてるだけじゃ勝てないぜ」

ババババ!!

シュー!

東「いい加減当たれよ!」

レン「そんなに私を裸にしたいの?東君てエッチだね、アハハ」

東「何でそんなに余裕なんだ!?こっちの頭がおかしくなりそうだぜ」

幸一「凄い・・・あの東君の攻撃がまるで当たらないなんて」

ギュォォー!

レン「そろそろこっちも反撃しないとね」

ガシッ!

急加速すると一気に旋回する

スライスバック

東「クッ!何て切れ味だ、本当に昔の機体なのかよ」

幸一「やった!振り切った」

それだけではない、加速してターンした後すぐにもう一度ターンしてストライカーの真横にでた

東「うおっ!?」

レン「勝負アリだね」

幸一「今だ霧島さん!」

しかしミラーからは発射されずにそのまま横切っていく

並木「どうしてレンちゃんは撃たなかったのでしょうか」

幸一「わかんない・・・」

俺達の話しをよそに2機は高度を下げて降りてきた

ギュゥゥゥ

ガチャン!

東「・・・」

幸一「2人共どうしたの?」

東「…勝負はついた」

幸一「え・・・」

東「オレの・・・負けだ」

並木「レンちゃん勝ったんですか?東君に・・・」

レン「まぁ、そういう事になるね」

信じられない・・・確かに霧島さんは凄いと思ったけど東君を倒すなんて

東「お前、何者だ」

レン「…別に普通だけど」

東「今まで公式の大会には出て無かったよな、お前の腕なら決勝で当たるはずだ」

幸一「霧島さんは霧島幸一の子供なんだよ」

東「!?霧島幸一の」

幸一「オレも聞いた時はビックリしたけどね」

東「怪物の子は怪物ってわけか…」

レン「これでも一応レディなんだから怪物って言うのは酷いんじゃないかな」

並木「東君…入部してくれるんですか?」

東「…約束だからな」

幸一「本当?!」

東「本当だよ!ウソ言ってどうすんだ」

レン「これで5人揃ったよね」

幸一「うん…正直無理かなって思ったときもあったけど諦めないで良かったよ」

東「それで、顧問は誰なんだ?」

幸一「あ!!」

並木「キャ!」

レン「どうした桜井、急に大きな声出して」

幸一「しまった…そういえば未だ顧問の先生が決まってないんだ」

東「それじゃ部として成り立たないだろうが」

レン「そうなの」

幸一「でも誰かなってくれる先生はいるはずだよ」

並木「そ、そうですよ~きっと大丈夫です」

幸一「オレ職員室いってくるよ」

レン「私も行くよ」

東「オレはココで待ってる」

並木「え…それじゃ私も残ってます」

幸一「すぐ戻ってくるよ」

移動 廊下

レン「桜井」

幸一「どうしたの」

レン「あの二人大丈夫かな」

幸一「何で」

レン「だって東君は今日話したばっかりなのに」

幸一「並木さんには苦手な展開だよね」

レン「早く済ませて戻ろうよ」

幸一「そうしよう」

フェードアウト

教室

東「何で残ったの」

並木「え…だって東君1人残すのも悪いかなって…」

東「別に良いよ」

並木「…」

東「…」

並木「…」

東「…」

並木「…東君」

東「何だよ」

並木「え…休日とかは何をしてるんですか」

東「別に…飛んでる」

並木「凄いですね、休みの日もちゃんと練習してるなんて」

東「ああもあっさり負けたらカッコがつかないけどな」

並木「レンちゃんも凄いですね」

東「…ふん」

並木「あ・・・ごめんなさい、気を悪くしないで下さいね」

東「…」

並木「…」

東「…」

並木「…あの…」

東「もういいよ」

並木「え…」

東「嫌々話す必要はないんじゃないのか」

並木「そんな…嫌々じゃ…」

東「悪いけど少し黙っててくれるか、こっちも気が立ってるんだよ」

並木「…ごめんなさい」

フェードアウト

職員室

幸一「お願いします、新しい部の顧問になってください」

先生「悪いけど、私は顧問になれないよ」

幸一「どうしてですか?人数ならもう揃ってますし」

先生「テストの採点が残ってるからこの話しは又今度な」

幸一「…」

幸一「失礼します」

移動 廊下

幸一「・・・まさか顧問まで見つからないなんてな」

レン「6人に頼んでまともに話しを聞いてくれた先生は0か…嫌われてるのかもね私達」

幸一「どうして…」

レン「とりあえず戻ろうよ、2人が待ってる」

幸一「うん」

移動 教室

幸一「ただいま」

並木「あ、おかえりなさい」

東「・・・」

レン「仲良くしてた…ようには見えないよね、とても」

並木「どうでした?」

幸一「それが全然話も聞いてくれないんだよ、まるでオレ達を避けてるみたいで」

並木「気のせいじゃないですか」

東「気のせいなもんかよ」

幸一「え…」

東「そりゃ問題児を抱えてたら誰だって嫌がるさ」

レン「…私がいるから?」

東「さぁ…問題児は1人とは限らないけどな」

並木「!?」

東「まぁそう言う事だろ」

レン「何?負けたはらいせ?」

東「何だよ!」

幸一「待って!待ってくれよ」

幸一「落ち着いて話そうよ、第一東君の話が本当だって決まったわけじゃないんだし」

東「だったら何で顧問を断るんだよ」

幸一「それは…先生にだって都合はあるだろうし」

東「それで、これからどうするんだ」

幸一「今日はもう無いけど、トッシーが部活終わったら皆でご飯でもどうかな」

東「トッシー?誰だそいつは」

幸一「サッカー部なんだけど掛け持ちで入部してくれた友達」

東「あぁ、そういやサッカー部にそんな名前で呼ばれてた奴がいたな」

幸一「まだそんなに遅くないしどうかな?」

東「悪いな、今はそんな気分じゃないんだ」

東「何も無いならオレは帰るぜ」

並木「明日も来てくれますか」

東「別でやってる事もあるけど極力出るよ」

並木「ありがとうございます」

東「裏山のガレージに行けばいいんだろ」

幸一「うん」

東「…じゃあな」

東去る

幸一「ふぅ…あんまり機嫌よさそうじゃないな」

並木「…そうですね」

レン「この後どうするの、峯岸君待つ?」

幸一「うん、もうじき来ると思うんだけど」

並木「それまでお話でもしてましょうか」

レン「そうだね」

並木「実は知り合ったときから気になってる事があるんですけど」

幸一「ん?」

並木「桜井君とレンちゃんて付き合っているんですか?」

幸一「え?!」

並木「何時も一緒に居るし」

レン「ただの友達だけど」

ガーン!

前にもこんなことがあったっけ

並木「そ、そうですか」

幸一「オレ達も未だ会って1ヶ月くらいだもん」

レン「もう1ヶ月か、意外と早いね」

幸一「顧問さえ決まれば部として正式に大会にもでれるし部費も下りる」

並木「このまま行けば夏の大会に出れるかもしれませんね」

レン「大会…か」

並木「レンちゃんが出ればきっと優勝できますよ~」

幸一「…そうだね」

確かに東君をああもあっさり倒した霧島さんならぶっちぎりの優勝間違いなしだ

だけど…検査で引っかかるだろうな

正常な健康状態って言うのが最低条件に入ってる以上どれだけ腕が良くても出場は無理だ

並木「どうしたんですか?浮かない顔をして」

幸一「そ、そうかな」

レン「私さ…病気なんだ」

並木「えっ…」

レン「だから大会には多分出れない」

並木「凄く元気そうなのに」

レン「生まれたときから持ってた病気だし薬とかでは治らないの」

並木「レンちゃん…」

レン「そんな悲観になる事ないよ、今すぐ死んじゃうわけじゃないんだし」

レン「違う話しよ。桜井さ、この前新しいアイス屋ができたって言ってたよね」

幸一「うん」

レン「私アイス食べたいな~沙羅もどう」

並木「良いですね、私も賛成です」

幸一「じゃトッシーが帰ってきたら行こうか」

フェードアウト

幸一「遅いな~アイツ」

並木「ごめんなさい、私そろそろ帰らないと」

幸一「もうこんな時間か」

幸一「明日にしようか、今日は解散で」

並木「それじゃ明日楽しみにしてますね」

レン「又ね」

並木「レンちゃんは帰らないんですか」

レン「ん…もう少し残ってる」

並木「そうですか、それじゃ」

並木去る

幸一「霧島さん帰らなくて大丈夫」

レン「そんなに帰らせたいの?」

幸一「イヤ、そう言うわけじゃないけど」

ブルル

幸一「あ、メールだ」

<悪い、今日は先に帰るわ トッシ>

幸一「あのやろう…先に帰るだなんて」

レン「峯岸君帰ったんだ」

幸一「うん、酷いよな」

幸一「そういえば未だ携帯番号聞いてなかったよね」

レン「私、携帯持ってないよ」

幸一「え、そうなの?」

レン「特別連絡取る人も居なかったし」

幸一「そっか、じゃ今から携帯見に行かない?」

レン「お金…あんまり無いけど」

幸一「見るだけならタダだしさ」

レン「わかった、行こう」

移動 街

幸一「ねぇこれなんてどう?」

レン「やだよ~色がダサいじゃん」

幸一「え~結構良いと思ったんだけどな」

レン「このピンク、可愛いかも」

幸一「あ、良いね。これにしたら」

レン「でも…」

えっと…この携帯は7000円か

これなら今持ってるオレの金でも買えるな

幸一「良いよ、買ってあげる」

レン「駄目だよ、高いじゃん」

霧島さんの制止を振り切り携帯電話を持つと会計所へ行く

幸一「これ下さい」

店員「7000円になります」

レン「・・・」

霧島さんはオレの腕をつかみながら様子を見てる

保証者は藤田さんになってもらって手続きは終わった

店員「ありがとうございました」

幸一「はいっ」

レン「…ありがとう」

幸一「あ、ちょっとまって」

オレは自分の携帯とトッシー、並木さんの携帯の番号とメールアドレスを入れた

幸一「これで連絡取れるよ」

レン「…」

霧島さんはじっと携帯を見ていた

幸一「さ、今日は帰ろうか」

レン「…うん」

駅前のバスに乗ると霧島さんは帰った

移動 家

幸一「ただいま~」

・・・

幸一「あぁ今日は夜番か」

シャワーを浴び食事を済ますとベッドに横になる

今日は色々あったな~

東君を霧島さん倒しちゃうんだもんな

それだけに大会に出れないのは残念だけど

顧問の先生の問題もあるし

ブルル!

幸一「ん、メールだ」

<今日はありがとう。大切にする、又明日学校でね>

霧島さんからのメールだ、片言で何か慣れてない感じが可愛いな

幸一「又明日ね、お休み」

打ち込むと送信し、オレはそのまま眠ってしまった
|