トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

坐骨神経痛(お尻の付近の肌に近いところが痛むでしょう)にいいクッション(中に詭められた素材によって、感触や座り心地も変わってきます)って、何でしょうか?
勉強サプリ 評判

坐骨神経痛によいクッション(球技などで球が跳ね返ることを指すこともあるでしょう)は、低反発のクッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)です。

どうして、低反発のクッションが坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)に良いのかといえね、座った時に、お尻が低反発のクッションにちゃんとフィットするからです。

その為に、腰への負担が少なくなり、坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)になりにくくなるようです。

座るというと、楽なイメージがありますが、実は、座ることで腰にすごく負担をかけてしまうのです。

それにプラスして、姿勢が良くないと、余計に腰に負担がかかってしまいます。

ですので、腰に負担をかけないようにしなければならないでしょう。

低反発のクッション(球技などで球が跳ね返ることを指すこともあるでしょう)でも、ドーナツ型の真ん中に穴が開いているタイプのクッション、厚みのあるクッション(球技などで球が跳ね返ることを指すこともあるでしょう)がおすすめ!

ドーナツ(近頃では揚げない焼きドーナツなどが流行っています)型はお尻への負担が少なくなるはずですし、厚みがあると臀部がフィットしやすくなります。

むしろ薄いクッション(スポンジやビーズなどの柔らかい素材が入っている洋風の座布団のようなものですね)だと、普通に座っている時と変わらず、負担がかかるでしょう。

体にフィットして、座り心地がいいクッション(素材によっては、長時間同じ姿勢をとった際の体への負担を軽減してくれることもあるでしょう)を選ぶようにしてください