excited energy


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

E counterのピークのchannelの情報から励起エネルギーを計算します。

target中のenergy lossの揺らぎも一応評価はしてます。
bethe-blochを回しまくるので、実行には多少時間がかかります。
まだ、targetの厚さがはっきりとはしていないので、
その分そこでのenergy lossとcalibrationは不完全です。

基本的にはkinematicsのprogramと使い方は同じで、parameterを入力しておいたファイルを
読み込ませて計算します。

tex2datのprogramを使って、texのデータファイルから一度変換したものを読み込ませるように変更しました。
tex2datを使えば、必要な情報だけを抜き出して
~~.tex -> ~~.dat
としたファイルを出力するので、それを読み込ませるだけで動きます。


実行結果

12Cdp13C2nd
output.txt
のようなファイルが出力されます。

ファイルの内容は

#12Cdp13C2nd
#Energy = 4.20e-03 * channel + 2.16e-01
#mass 1.1175e+04 1.8756e+03 9.3827e+02 1.2109e+04
#Q-value 2.72, E = 10.00
#run, deg, E-dE(ch), err, (MeV), total, Ex, ExError
0205  35.9  1878.0 0.30 8.1106 8.3455 3.6617 0.0077
0204  40.9  1850.0 0.40 7.9929 8.2304 3.6614 0.0036
0206  45.9  1818.0 0.50 7.8584 8.0990 3.6657 0.0018
0207  50.9  1787.0 1.00 7.7281 7.9718 3.6551 0.0086
0208  55.9  1755.0 1.90 7.5936 7.8406 3.6380 0.0176
0209  60.9  1719.0 0.70 7.4423 7.6931 3.6265 0.0299
0210  60.9  1729.0 0.50 7.4843 7.7340 3.5624 0.0043
0211  65.9  1691.0 0.40 7.3246 7.5784 3.5731 0.0047
0212  70.9  1653.0 0.30 7.1648 7.4230 3.5816 0.0045
0213  75.9  1613.0 0.30 6.9967 7.2595 3.5978 0.0037
0214  80.9  1574.0 0.30 6.8328 7.1003 3.6106 0.0024
0215  85.9  1535.0 0.30 6.6688 6.9413 3.6254 0.0003
0216  90.9  1496.0 0.40 6.5049 6.7825 3.6437 0.0025
#summary
#data number 13
#Excited energy mean 3.6233
#Standard deviation  0.0355

outputの方は、summaryのみのログを撮り続けます。

ファイルが散らかってますが、具体的には

excitedenergy.c 
  program本体
defines.h
  いろいろな定数の設定。calibrationなどの情報もここに書いてある。
commonfunction.h
  crosssec.cとの共通部分。
awm.txt
  mass excessの数値表
reaction.txt
  12Cdp13Cなどの反応名から、質量数、原子番号の数値
toi.txt
  12Cdp13C1stなどの反応名から、励起エネルギーの文献値
rundatalist.txt
  run numberからターゲットの種類、傾きを得る
tex2dat.c
  tex->datへの変換program

exmini.c

fittingしながらでも、励起エネルギーの逐次確認ができるように、最低限の機能のみのversionを作りました。
使い方は、適当にコンパイルして
run numberと反応名、角度、channelを

./exmini run0300 13C3Hed14N2nd 18.9 1780.34

とかやってくれれば、そのchannelから励起エネルギーに対応するかが分かって、文献値と比較してくれます。

sada式のやつはdetecterの金の膜の厚さを0.2μm(dEの両面とE片面の3箇所あり)として計算。
厚みの数字は一般的な金箔の厚さを直感により調整したものです(笑)