最強伝説2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2005年最大のヒット作「白井寿昭 G1勝利の方程式」より
「世界にひとつしかない、スペシャルウィーク&アグネスデジタルの蹄鉄で作られた灰皿は、フランスのエルメスに発注したもの」
一流のホースマンには一流のブランドが良く似合う。
(カラーページ・秘蔵写真初公開!!より)
              白   井   最   強


「ファンのために言いますけど、馬券は新馬戦が1番わかりやすいと思います。
 血統、仕上がり具合、スタートのうまさなど、消去法でいけば見えてきます。
 僕がファンであれば、そういうところを研究した馬券ばかり買うと思いますよ」
と調教師ながら、ファンに馬券の買い方を指南。銭湯で競馬欄を見た原点を忘れない。
              白   井   最   強


ユーイチいっぱいサインしていた
握手もしていたので便乗して俺もやってきた

白井先生もサインしてた
              白   井   最   強


「最高の舞台を与えてやるのが調教師の仕事だから」
              白   井   最   強


調教の合間にはスタンドで分厚い海外の種牡馬辞典を熟読
              白   井   最   強


馬運車で牧場へ帰るスペシャルウィークを見送る白井師の姿が全国ネットのドキュメント番組で放送。
「元気でな、スペシャルくん」と涙ながらに見送る師の姿が視聴者のもらい泣きを誘う。
              白   井   最   強


馬券ブレイクの藤田インタビューより
「白井先生を目の前にしたら言いたいことが言えなくなります。物凄く怖い人だから。先生が、「何か言え」と言うほど何も言えなくなる。」
「10年間不義理を働いたことをお詫びしたときに、先生が言ったことは「腹を切れ」だけ。
 もちろん怒ってはいたんだろうけど、先生の愛情を感じましたね」
              白   井   最   強


内外タイムスの高崎武大のコラムより

蛯名「岡部さんの名前がついたレースをどうしても勝ちたいので使ってもらえませんか?」
侠気に渾身仕上げで応え、ジョッキーも闘志溢れる騎乗で馬群を捌く。
              白   井   最   強


555 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[] 投稿日:2005/03/29(火) 22:38:29 ID:9sjuUzZv
白井厩舎の人達はホント、優しいよ。
仕事中は鬼になるけど普段は気が利いて温厚な人ばっか。
1人糞みたいに性格悪い奴いるけどそれ以外の人はみんないい人。
特に御大が一番優しい。育成場のスタッフが競馬サークルへの就職を親に反対されて
一ヶ月くらい実家で親に軟禁されてた時、御大はわざわざそいつの家に電話して両親説得してた。
金に汚い調教師は多いけど御大はそんなところもない。
預託料の上限が緩和されても良心的だし、勝っても馬主に祝儀をせびるような真似は絶対にしない。
記念品のテレカやジャンパーもいつも大量に発注して、俺ら記者連中にも「いつも応援ありがとうね」って気軽にくれる。
本人いわく楽しく仕事ができたらいいとのこと。だからスタッフはみんな御大を慕ってる。
記者で御大のこと悪く言う人は見たことない。

556 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[] 投稿日:2005/03/29(火) 22:50:43 ID:GEyRv4iL >>555
トラックマンか?

まあ相変わらず






前に白井厩舎応援ページの掲示板に、
調教師志望の中学生の両親に、白井師夫妻が親身になって相談に乗ってくれた
って話が書いてあったな。
              白   井   最   強


メイショウボーラー
一周500mのコース
福永放り落とし10周疾走
4日後のフェブラリーS
馬体重496(-4)
              白   井   最   強


2007年4/29、天皇賞(春)…。
解説として、NHKに出演。
御大が気になる一頭として、あげた11番人気エリモエクスパイアが大激走の2着。
              白   井   最   強


※馬場情報(日刊スポーツ)
いじま記者
~略~~あるジョッキーが、重要な返答をくれた
「東京の馬場は意外に内側が悪いんですよ、雨がふったらなおさらじゃないですかね。今年もそうみたいですし」
更にフサパンの白井師にも同じ質問を
「そら外が有利になるやろな。アグネスデジタルの天皇秋(01年・重)の時、四位に『観覧席に向かって走れ』と指示した事がある(笑)」
慌てて調べてみたが、本当に大外をデジタルが1頭だけ突き抜けていた。
東京芝コースは雨が降れば外有利。その傾向は翌週も、例え良馬場になっても続くということ、と考えたい
              白   井   最   強


前年のクラシック戦線でセイウンスカイ、キングヘイローらと多くの名勝負を繰り広げ、日本ダービーでは5馬身差つけて圧勝したスペシャルウィークは、この年の天皇賞・春戦線で主役の1頭となることが予想されていた。
もっとも、AJC杯の直前追い切りでは手ごたえが悪く、騎乗したオリビエ・ペリエ騎手に

「この馬が本当にダービーを勝ったのか」

といわれてしまったほどだった。しかし、AJC杯では、レースの後にそのペリエ騎手から

「私が間違っていた。ダービー馬はやっぱりダービー馬だった」

と認められる貫禄のレースを見せた。
              白   井   最   強


松田国英師 勢司和浩師 伊藤雄二元調教師がウオッカのダービー参戦に疑問符なのに対し
心身の成長が著しいウオッカの挑戦を支持する“援軍”も現れた。
95年の菊花賞に牝馬ダンスパートナー(5着)を挑戦させた白井寿昭調教師だ。
「夏を過ぎると、牡馬との差は広がります。だからこそ、この挑戦は面白い。
ボクが菊花賞に挑戦させたのは、あの世代のダービーよりオークスの勝ち時計が速かったから。
その意味でも今年は興味深く見ていますよ。」
              白   井   最   強


藤沢和雄
2キロ差があっても牡馬と牝馬の戦いは苦しいもの。
今年の牝馬のレベルは高いが、短距離ならばそれほど苦ではない。だが、2400になると大違い。

浜田光正
2歳ならともかく、3歳の春にはすでに牡牝に差が出る。
大変だと思うけど頑張って。

白 井 最 強
オークスの勝ち時計がダービーを上回ったこともあり挑んだ。仏遠征のあとの3000mは厳しかった。(ダンスパートナーについて)
牡馬との差が出てくるのは、ひと夏越した3歳秋以降で、春の時点ではまだ対等に戦える。
今年の3歳牝馬はレベルが高いし、ウオッカは性別差をクリアする精神力もありそう。
十 分 チ ャ ン ス が あ る と 思 う 。
              白   井   最   強



「 何 で ハ イ ア ー ゲ ー ム に マ ル 市 が 付 か ん の や ? 」
04年弥生賞前、社台ファームのデキレースに激怒。
当年のセレクトセール参加を見合わせ。

が、翌年何食わぬ顔で参戦。田原師以来のグラサン着用で周囲の関係者を唖然とさせる。

そしてデジタル産駒の最高価格馬ボクノタイヨウ(母タルゴナイト)を落札。
「 た ま た ま 来 た ら 良 い 馬 が い た の で 買 っ た 」 
とうそぶく。そして当馬は順調に成長、POG本の取材に答えて一言、
「 凄 い 馬 に な る 」

そして今年、高額馬を自ら手を挙げて落札。酒も入って
「ク ロ フ ネ が 人 気 種 牡 馬 に な れ た の は 誰 の お か げ や ? 」

まさに、
              白   井   最   強



「テイエムオペラオーが一番強い競馬をしたのは絶対届かない位置から差し切った皐月賞と、他馬を子供扱いした秋の天皇賞。
兄弟もスプリンターが多いし、本来の適性は短いところにあったと思う。
そのテイエムを2000mで差し切ったアグネスデジタルは本当に強かったんだよ」
余計な一言でキッチリ締める。
              白   井   最   強


北九州短距離Sで3馬身半差の圧勝を収めたメイショウトッパーが北九州記念に挑む。
グングン成長中のテイエムオペラオー産駒が一気に重賞制覇を果たすか。
オペラオー産駒から、この馬のような生粋のスプリンターが出るから血統は面白い。白井師はこう解説する。
「母親(ストームキャット産駒ナイスレイズ)の血が濃いんやろうな。
兄貴がメイショウボーラーやし。でも、オペラオーはスピードもある馬やったから」
それにしても現時点でテイエムオペラオー産駒の出世頭が、松本好雄オーナーの持ち馬であることは因縁を感じる。
松本オーナーはオペラオーの現役時代、ライバルとして何度も苦杯をなめたメイショウドトウの馬主だからだ。白井師がこんなエピソードを教えてくれた。
「ボーラーの下どうですかと話した時、オーナーは“テイエムオペラオーの子か・・・”と絶句していたよ。
名前をメイショウ“アダウチ”にしましょうか、と言ったんだけど(笑い)」
親のカタキを息子で、というジョークは、メイショウトッパーがオペラオーの代表産駒となることで、図らずも達成されるかもしれない。
北九州記念のトッパーの鞍上にも白井師のおとこ気がうかがえる。武豊の海外遠征により空白となった鞍上に、オペラオー主戦の和田を起用するのだ。
「ちょっと引っ掛かるタイプで、乗ったことがある騎手ってことだけどな。まあ、話題性も少しある方がいいだろうと思って」
気の利いた演出を施したトレーナーはニヤリと笑った。満を持してのトッパーの重賞挑戦。
オペラオー産駒の重賞初制覇が和田の手によるものなら、それはドラマになる。
和田は「頑張ってほしいし、オペラオー産駒に重賞でも目立ってほしいね」と話している。
「まだトモがフニャっとしているから、そのあたりは良くなってほしいところ。それでも、底を見せていない魅力もあるからな」
指揮官は慎重な言い回しながら、期待は決して小さくない。北九州記念は和田&メイショウトッパーのコンビに注目だ。
              白   井   最   強
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。