ヴォイニッチ手稿


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―う゛ぉいにっちしゅこう
1912年にイタリアで発見された、暗号文で書かれた手稿。文章を言語学の統計的手法で解析した結果、でたらめな文字列ではなく、自然言語か人工言語のように確かな意味を持つ文章列であると判断されたものの、現在に至るまで解読できていない。ページの上部や左右にはかなり緻密な植物や花を思わせる彩色画が描かれている。植物の絵が多いが、それ以外にも、銀河や星雲などの天体図に見える絵や、精子のように見える絵、複雑な給水配管のような絵、プールや浴槽に浸かった女性の絵などの不可解な挿し絵が多数描かれている。