※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


最初は綾で、次は凛、最後は運転手だった。

たちの悪い風邪に、付き人が次々と倒れていった結果、
今日、天条院沙姫は、一人で学校へ行くことになった。

「心配は無用ですわ、ゆっくり休養なさい」

そう伝えるように言い置いて、沙姫は意気揚々と屋敷の門を出たが、
小鳥のように軽やかに、とはいかなかったのは、ドレスのせいである。

丈の長いドレスに白いパラソル、という装いは、彼女のお気に入りで、
長いまつ毛や、大きな目、縦に巻いた金髪が、よく映えるのであった。

以前にも、この衣裳で登校したことがあったが、今日それを選んだのは、
あるいは、他の生徒の間に埋もれるのを嫌った、彼女のプライドの表れか。

何にせよ、仰々しいドレスが現れても、クラスメイトは驚かなかったし、
先生たちは匙を投げていたし、下級生の風紀委員と出くわすこともなかった。

午前の授業が終わり、昼休みには購買部でメロンパンを買ってみたりして、
午後の授業ともなれば、すっかり寛いで、やがて終業のチャイムが鳴った。

「ホーホホホ! 何てことありませんわ!」

沙姫は、誰に聞かせるともなく、満足そうな高笑いを響かせた。
初めてのお使いをやり遂げた子供のような、無邪気な笑顔だった。

そして、学校の門を後にした。

と、ここで終われば、本当に何てことなかったのである。
しかし、不幸にして沙姫は、天気予報を見る習慣を持っていなかった。

シトシト………… ザ――――――――――――――――――――――――ッ!



「もう、最悪ですわ……」

沙姫は、歩道に沿って植えられた、街路樹の下に立っていた。
葉をすり抜けて落ちてくる雨つぶが、パラソルを叩いて震わせる。

灰色の塀が続いている、お屋敷街の旧道。

5分後には、パラソルだけでなく、沙姫の肩も怒りで震えていた。

(晴れ女クイーンと呼ばれた、この私が、こんな目に遭うなんて!)

その時、雨の音にまぎれて、自動車のエンジン音が聞こえてきた。
黄色いタクシーが、空車のランプも鮮やかに、こっちへ向かってくる。

沙姫の目が輝いた。

流しのタクシーには慣れていないが、そんなことは言っていられない。
喜び勇んで、街路樹の下から飛び出して―――― そのまま、飛び出し過ぎた。

キキ――――――――――――――――――――――――ッ!

「きゃっ!」

パパパ――――――――――――――――――――――――ッ!

クラクション。
パラソルが宙を舞う。
タクシーが走り去る。
へたり込む白い影。

そして―――― 雨の音が戻ってきた。

沙姫は、身じろぎもせずに座り込んだまま、雨に打たれていた。

ひどい運転手だ、というような考えは、不思議と頭に浮かばなかった。
水しぶきを浴びたドレスの胸が、じんわりと滲んでいるのが感じられる。
湿り気は、手袋とストッキングを通して、下のほうからも這い上がってくる。

大きな目から涙がこぼれた。

その時である。

「……天条院センパイ?」

見ると、彩南高校の制服―――― 結城リトが、傘を持って立っていた。



リトは学校の帰り、父親に頼まれた画材を買いに、隣町へ足を延ばして、
目当てのものは見つけられず、その代わりに、沙姫を見つけたのである。

とりあえず、濡れ鼠の沙姫を助け起こして、相合傘で歩き出したものの、
沙姫の屋敷は遠く、リトの家はさらに遠く、どうにもならない状況で、
タクシーを拾おうとしたら、沙姫が嫌がって、本当にどうにもならない。

「……あそこで休みましょう」

沙姫がパラソルの先で指したのは、雨に煙る小さな洋館だった。

近づいてみると、門柱に銀のプレートが嵌め込まれている。
飾り文字のアルファベットで、レストランという一語が読めた。

「店の中では、結城、と呼びます」
「へ?」
「よろしくって?」
「あ、はい、別にいいですけど……」

木製のノッカーを叩くと、扉が開いて、黒服を着た男が頭を下げた。

「しばらくね」
「お久しゅうございます」
「支配人を」
「かしこまりました」

やがて、銀色の髪をなでつけた男が出てきて、慇懃な挨拶をした。

「今日は突然のお越しで」
「散歩の途中で、この雨でしょう」
「災難でございましたね」
「肝心の付き人は、頼りにならないし」

そう言って沙姫は、リトのほうを見た。
その目には、何か必死なものが感じられた。

「……申し訳ございません、沙姫様」

と言って、リトが頭を下げると、沙姫の目に安堵の色が浮かんだ。

「いいのよ、結城、慣れないうちですものね」

銀髪の支配人の案内で、いくつかの廊下を通り過ぎた。

そして、支配人が自ら開けてくれたドアには、横文字が刻まれていて、
小さな文字だったが、かろうじて、プライベート・ルーム、と読めた。



白い壁紙に、色の褪せた金模様、木の出た部分も白く塗られていて、
茶色とも緑色ともつかない厚地のカーテンが、床まで下がっていた。

テーブルや椅子、彫刻の施された木製の衝立も、上等なものなのだろう。
正面の壁には、小さな暖炉が切られていて、火が赤々と燃えていた。

支配人が下がると、入れ替わりに、黒服を着た女が入ってきて、
柔らかそうなタオルと、緋色のガウンを、リトに差し出した。

「あ、どうも……」

リトが受けとると、女は一礼して下がり、ドアが閉められた。
静まりかえった部屋に、暖炉の燃える音だけが聞こえていた。

「悪いと思ってますわ、付き人扱いして」
「いや、別にいいですよ」
「話を合わせてくれて、感謝しますわ」
「格好がつかないですよね、付き人がいないと」
「……」

――――そうではない。

付き人以外の男と、こんな部屋に入るのが問題なのである。

老舗のレストランはホテル並みに口が堅い、と言われているけれども、
人の口に戸は立てられず、どんな噂が立つか、わかったものではない。

沙姫は小さくため息をついて、それからリトの目を見た。

「私、着替えますわ」
「あ、はい」
「どうぞ、ご自由になさって」

そう言って沙姫は、ドアの近くに置かれた車付きの台を指さした。
コニャックの瓶や、水差し、グラスなどが、台の上に並べられていた。

「あの、オレは酒は……」
「紅茶でも頼みましょうか」
「あ、いや、結構です」
「そう……」

沙姫は、タオルとガウンを受けとって、衝立の陰に消えた。

リトは手近の椅子に座って、ぐっと背もたれに身体をあずけた。
高い天井を伝わって、かすかに衣擦れの音が聞こえてくる。

しばらくして、衝立から細い腕が伸びて、手招きをした。



「……何ですか?」
「外れませんの」
「何がですか?」
「つまり、その、コルセットが……」
「……」
「……」
「女の人を呼びましょうか?」
「メイドを? 付き人がいるのに?」
「そ、そんなこと言ったって……」

多少の押し問答のあと、リトは観念して椅子から立ち上がった。

(着替えを手伝ってもらうのに、慣れてるんだろうな……)

うつむいて衝立の陰に入ると、暗い床の上に白いものがあった。
脱ぎ捨てられたドレスと、ペチコートと、何か柔らかそうなもの。

あわてて目を上げると、白いストッキングに包まれた脚があって、
その上にガーターの皺が見え、下穿きが提灯のように膨らんでいる。

そして、肌着を押しつけるように腰に巻かれた、革のコルセット。

その上に胸の半分が見え、縦に巻いた金髪が垂れ下がっていて、
金髪を辿っていくと―――― 案に相違して、真赤に染まった頬が。

「……何をジロジロ見てるんですの!」
「す、すいません!」

あわてて目を背けると、沙姫はくるりと背中を見せて、
コルセットの脇のところに、小さな結び目が六つあった。

平静を装って、一番下の結び目に手を伸ばし、ほどきにかかったが、
こま結びに見えたのは、何かもっと複雑な結び方で、一向にほどけない。

結び目に爪の先を掛けて、引っ掻こうとした手が、つるりと滑った。

「キャアッ!」
「わっ、ご、ごめんなさい!」

沙姫はかすかに身震いして、困惑したような表情でリトを見た。

「……し、信頼してますわよ、結城!」
「ハ、ハイ、ご安心ください、沙姫様!」



で、結局のところ、リトはちゃんと信頼に応えたのである。

四苦八苦の末、コルセットが外れると、リトは衝立の外へ出た。

しばらくすると、沙姫は緋色のガウンに身を包んで現れて、
その腕の中には、脱いだ衣裳のひと揃いが抱えられていた。

暖炉の前に、椅子を二つ横倒しにして、衣裳を並べて干すと、
その物干し台の隣りに、膝を抱えるようにして座り込んだ。

「お掛けになったら?」
「あ、はい」

と言っても、椅子を取られてしまったから、床に座るしかなくて、
暖炉の前、物干し台をよけて、つまり、沙姫の隣りで膝を抱えた。

パチッ… パチッ… と薪の音がして、炎がゆらめいている。

炎に照り映えて、沙姫の端正な横顔が、ほの赤く染まっていた。
緋色のガウンもますます赤く、そこから突き出た足の先に、影が宿る。

椅子の上で、ドレスや肌着が同じ色に染まっている―――― 下穿きも。

沙姫の両腕が、頭のほうへ持ち上がって、ガウンの袖が二の腕を滑った。
それから、金色のお団子がゆれて、ふわりと落ちかかるように髪が広がる。

同時に、雨のような甘いような、湿った匂いが漂ってきた。

沙姫は椅子の端からタオルを取って、ほどけた髪をそっと拭きはじめたが、
視線に気がついたのか、手を止めて、不思議そうにリトの顔を見た。

「何ですの?」
「あ、いや、何でも」
「おっしゃいな」
「その、髪を下ろしたトコ……」
「初めて見る?」
「……いや、キレイだな、って」

沙姫は、たしなめるように微笑んで、それから大きく息を吸い込んだ。

「ホーホホホ!」

とってつけたような高笑いを響かせてから、また髪を拭きはじめる。

「……髪を結ばない女が、お好き?」
「そ、そういうわけでは……」
「ララも、結んでませんわね……」



髪を拭き終えると、沙姫はふたたび膝を抱えて、炎を見つめた。

「綾と凛は……」
「え?」
「ケダモノと呼びますわ、あなたを」
「あはは……」
「私も、そう思ってますけど……」

これまでの行状を考えれば、無理もない話である。

「でも、誤解だったかもしれませんわ」

沙姫は、覗き込むようにしてリトの目を見た。

「いつも発情してる、というわけでもないし」
「は、発情って……」
「少なくとも、女の子に化けた時なんて、ね」
「へ? あ、いや、アレはですね……」
「……今日のあなたは、紳士的でしてよ?」

そう言って、沙姫はニッコリと微笑んだ。

(か、かわいい!)

リトはドギマギして、あわてて言葉を探した。

「ほ、ほら、今日は忠実な付き人ですから!」
「そうですわね……」
「だから、変なことになるわけないですよ!」
「……地球ではね」
「へ?」
「もし、あの方とララが……」

呆気にとられて沙姫の目を覗き込むと、瞳の奥に、何か――――
沙姫の白い指先が、すうっと泳ぐように、リトの頬へ伸びてきた。

「……天条院センパイ?」

その言葉に、沙姫はハッとしたように手を引っ込めた。

「ごめんなさい! 今のは忘れて!」
「は、はあ……」
「私ったら、こんな考え方、卑しいわ!」

沙姫は、暖炉のほうへ向き直ると、両手で頭を抱えた。



火が燃えつきて、熾になる頃には、雨が止んでいた。

沙姫の衣裳は、まだ少し湿っていたが、かまわずに着込んでしまった。
コルセットの紐をしめろ、と言われなかったので、リトはホッとした。

あんなに細い腰なのだから、軽く結んだだけでも変わらないのだろう。

支配人を呼び、挨拶を受け、ハイヤーを呼ぶのを断って、部屋を出る。
黒服を着たボーイから、パラソルを受けとって、店の外へ出た。

雨あがりのアスファルトが、街灯に照らされて鈍く光っていた。
夜風がひんやりとして、ひとつブルッと震えると、二人は歩き出した。

「あれ? 夜でも日傘を差すんですか?」
「だって、髪がクシャクシャですもの」
「こんな時間に、誰もいないでしょう……」

二人は肩を並べて、静まりかえった、夜のお屋敷街を歩いていく。

くしゅん!

小さなクシャミをして、沙姫は立ち止まった。

「風邪引いちゃいました?」
「私、手袋ですから……」
「え?」
「手を貸してくださる?」

リトは笑って、沙姫のおでこに手のひらを当てた。

「……ちょっと、熱っぽいかな」
「やっぱり……」
「無理もないですよ」
「その前に、綾と凛に伝染されてたかも」
「ああ、なるほど」
「そうだとしたら、あなたも危なくてよ」

そんなことを話しながら、二人は歩いて、沙姫の屋敷の辻まで来た。

「今日は、本当にありがとう」
「いいえ、どういたしまして」
「それでは、ごきげんよう……」

そう言って、沙姫は、屋敷の門のほうへ去っていった。

闇の中、クルクルと回りながら小さくなっていく、白いパラソル。
その光景を、リトは身じろぎもせずに、見つめ続けていた。