※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


夜は若く、彼も若かったが、彼女は若くもないようで、謎めいた女だった。

父親のスタジオからの帰り道、結城リトは、マフラーに顔をうずめながら、
繁華街の交差点を渡ろうとして、向こうから歩いてくる人影に目をとめた。

「あ、御門先生」

短いスカートに長いコートを着こんだ女が、立ち止まって、こっちを見た。

「……結城くん?」
「どうも、こんばんは」

交差点の中央で、向かい合ってみると、御門の顔は蒼ざめているようで、
いつもの柔和な微笑から遠い、突き刺すような視線に、リトはたじろいだ。

「あの…… 先生?」

信号が点滅を始めて、赤に変わると、ふたりの前後を車が走り抜けた。

パ――――ッ パパパ――――――――ッ!

「うわっ、あぶねっ!」

リトは、反射的に御門のほうへ飛び寄って、クラクションをやり過ごし、
ふう、とため息をつくと、肩に手がおかれ、御門がやさしく微笑んでいた。

「……今夜はつきあって」

パ――――ッ パパパ――――――――……


10分後―――― リトと御門は、小さなバーの止り木に、並んで座った。

教師と来るべき場所ではない、と思われたが、御門は意に介さないようで、
若いバーテンに微笑みかけて、キールを頼むと、リトのほうに向き直った。

「あなた、何にする?」
「えっと…… コーラを」

御門が、キューバ・リバーとかいう銘柄のコーラを選び、注文してくれた。

飲み始めると、リトも、だんだん気持ちが良くなって、コーラは美味いし、
店の中は静かで、無理に連れて来られたことも、どうでもよくなってきた。

それにしても、今夜はつきあって、というのが、どこまでを意味するのか、
はっきりとは分からなくて、考え始めると、どんどん妄想が広がっていく。

赤くなったリトの頬を、御門の指先が、ちょいと突っついて、撫であげた。


1時間後―――― リトと御門は、甘やかな香煙に包まれて、坐っていた。

石造りのサロンの内装は、アラビアだか、ペルシャだかの様式を模して、
火は暗く、客は遠く、刺繍のあるクッションは、寝床のように大きかった。

リトの両脚は絨毯へ投げ出され、そのとなりに、御門の脚が並んでいる。

御門は、物憂げな様子で、ゆっくりと屈みこむと、ブーツのひもを解いた。

「お行儀が悪いかしら」
「あ、いえ、べつに……」

ブーツの革がひらいて、黒いストッキングに包まれた長い脚があらわれ、
すう、と脱ぎ捨てた拍子に、太ももがゆれて、スカートの裾が持ちあがる。

からみつく視線を感じたのか、御門はリトを見て、とがめるように笑った。

あわてて遠くのほうへ目をやると、褐色の給仕人が、注文を訊きにきた。

御門が引き受けて、シャサーニュとか、フュイッセとかいう単語が聞こえ、
ややあって出されたワインは、金色に輝いていて、たしかに美味かった。

「酒は百薬の長、と言うわね」

呑気なことを言いながら、御門は杯を乾し、リトも負けじと杯を重ねた。

広間の中央では、ローマ風の衣裳をまとった童女が、静かに語り出した。

何か、詩の朗誦のようで、そんな趣向なのだろうが、言葉が分からなくて、
リトの身体は、甘い香煙とクッションの中へ、ずぶずぶと沈みこんでいく。

それでも杯をかたむければ、ワインは唇からこぼれて、喉へと流れる。

ふいに、喉もとに熱いぬめりの這うのを感じて、視線を落としてみれば、
御門の唇が、喉もとに吸いつくようにして、こぼれたワインを啜っている。

その状態が、リトに奇妙な安らぎを与えて、朗誦の声が耳に戻ってきた。

「……何て言ってるんだろ」

訊いてみると、御門はリトの胸へ頭を乗せて、小声で詩句をなぞった。

“白骨の腕に、一束の金髪が巻きついている”

「……怪談ですか」
「ロマンスよ、きっと」

御門はモゾモゾと脚を動かし、リトの脚にからめて、クスクスと笑った。



数時間後―――― リトと御門は、ホテルの最上階の部屋にたどりついた。

ドアを開けて、スイッチを押し、装飾灯が輝いて、ドアが閉まるやいなや、
御門はリトの肩に手をおいて、鼻の先に、左右の頬に、濡れた唇をつけた。

「御門先生……」

いつもの呼び方が、リトの口から飛び出して、御門はリトの唇をふさいだ。

入りこんだ熱い舌が、からみつき、また離れて、頬から耳へと舐めていき、
女の髪の匂いがして、リトの視線の先に、するどく尖った耳があらわれた。

その尖端に、ちょっと唇をふれてみると、御門の肩が、ぴくっとふるえた。

そして、しなやかな腕が背中のほうに回されて、ぎゅっと抱きしめられ、
リトは、ふたつの胸の谷間で、肌の香に、あやうく窒息するところだった。

それでも、やわらかな感触からは離れがたく、リトの腕も御門をとらえて、
抱き合い、探り合い、よろめき合っているうちに、ベッドの上へ倒れこむ。

リトの身体に、ぐっと押さえつけられた形で、御門の顔は天井を向いた。

リトの顔がかぶさって、キスが繰り返され、這いまわる手に、汗が流れて、
やがて、その手が腰のほうへ下りていくと、御門は、かすれた声で言った。

「ごめんなさい……」

なぜ謝ったりするのか、何を謝っているのか、リトには分からなかったが、
分からないままに、リトの手は、スカートの中へと誘い寄せられていく。

そして、ゆっくりと太ももを撫でていった指が、冷たく硬いものに触れた。

「もっと楽しみたかったんだけど、ね」
「……?」

御門の目を見ると、うるんだ瞳の中に、装飾灯の火がキラキラと輝いて、
白い腕がリトの身体を抱き寄せて、ベッドの脇に、黒い男が立っていた。

一閃、御門の手が動いて、引き抜かれた拳銃が、リトの肩越しに火を吹き、
装飾灯が揺れて、直下に跳ね返った銃弾が、黒い男を垂直に撃ち抜いた。

前のめりに倒れながら、黒い男はニヤリと笑って、カチッ、と音がした。

(しまった……!)

閃光が走る。

瞬間、御門とリトの身体は、金色の波に包まれて、轟音だけが耳に届いた……



やわらかな金色の波は、御門とリトを、ふわりと路上に下ろしてくれた。

「ありがとう…… 助かったわ、金色の闇」

しゅるしゅると髪が縮み、いつもと同じ冷静な表情の、ヤミが立っていた。

「どういたしまして、ドクター・ミカド」

ヤミは、こともなげに言って、ふたりから目をそらし、ホテルを見上げた。

最上階の部屋から、煙があがっていて、外壁がきれいに吹き飛んでいる。

「奴は、もともと、自爆するつもりでした」
「ええ…… そのようね」
「見誤るとは、あなたらしくありませんね」

御門は、それには答えず、リトのほうを見て、それでリトも我に返った。

「えっと、これは一体……?」

敵が弾薬を巻いていて、不用意に撃てなかったことを、御門が説明する。

遠くの空から、サイレンの音が聞こえてきて、三人は急いで現場を離れ、
御門は、公衆電話から、宇宙人が経営しているというタクシーを呼んだ。

5分もしないうちに車が到着し、御門とリトが、後部座席に乗りこむと、
窓越しに、ヤミは別れを告げて、立ち去り際に、思い出したように言った。

「意外でした、あの撃ち方を知っているとは……」

夜の街を、タクシーは軽快に走り、パトカーや消防車とすれ違っていく。

赤色灯が、美しい横顔を照らして、やがて御門は、ささやくように言った。

(うちへ寄っていらっしゃい)
(えっ?)
(さっきの…… 続きを……)

言い終わらないうちに、御門はぐったりとして、静かな寝息をたてていた。

おだやかな寝顔には、一片の影も見えず、さっきの活劇が嘘のようだった。

リトは、肩へ寄りかかってくる身体の温かさに、ふしぎな親しみを覚えた。

それで、彼女の過去のことを思ってみても、何のイメージも浮かばなくて、
結局のところ、遠い宇宙の話など、べつに詮索する必要もないことだった。

いつしか、リトも眠りにおちて、タクシーは夜の街を、音もなく走り去った。