※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

殺風景なスタジオの楽屋、ぽつんと置かれた椅子に、ルンが座っている。

 

予定分の収録も終わって、本来なら、引き払っているべき時間なのだが、

制作に話を通して、しばらくの間、一部屋を占領することにしたのだった。

 

この楽屋に、今夜、リトが来る。

 

キョーコのサインをもらっておいたのを、リトが受け取りにくるという話で、

ララを喜ばせる結果になるのは気に入らなくても、口実としては悪くない。

 

スタジオに来てほしい、と持ちかけてみたら、リトは二つ返事で承知した。

 

人目の多いところに違いない、と考えて、特に警戒もしなかったのだろう。

 

しかし、収録後の楽屋裏にはマスコミも局員もいなくて、制作だけだから、

変な噂も立ちにくいし、局と違って来客に甘いので、密会には向いている。

 

そう、今夜の約束は、まさに密会だった。

 

強引なことになってもいいから、思いを遂げてしまおう、と心に決めている。

 

何しろ、眺めるだけの時間が長過ぎた。

 

思えば、この星へ来てから、ずいぶんの間、表に現れずに過ごしたわけで、

銀河の果てだから怖かった、ということもあるが、主な原因はレンにあった。

 

地球へ行きたい、とレンが言い出したのは、ララに会うために決まっていて、

王宮の暮らしを離れたくて、同意はしたものの、ララのことは虫が好かない。

 

レンがララを追いかけている様子が不快だったので、ひきこもってしまった。

 

ストレスを溜めこんでいるうちに、ララの隣りの男子に目が行くようになって、

レンがその人に敵意をむきだしにしたから、それで、本当に気になり出した。

 

ララ本人に対する反感と、ララを追いかけるレンに対する反発が合わさって、

リトに好意を抱くようになったわけで、恋だとすれば、理詰めの恋ではあった。

 

しかし、あの秋の午後、カラオケボックスの廊下で、皮肉なアクシデントから、

レンとリトの唇が衝突して、不意打ちの感触は、したたかに意識を酔わせた。

 

長い間、表に現れず、他人にふれる機会がなかったから、あれは刺激的で、

だからこそ、レンの五感を通しての経験だったことが残念で、疎ましく思える。

 

ふう…… と、ルンはため息をつく。

 

メイク用の6連の電球のスイッチを入れて、鏡の中の顔を、じいっと見つめる。

 

それにしても、レンの五感を疎ましく思うようになったのは、いつ頃からだろう。

 

幼い頃は、レンはまさに自分の一部で、それを疑問に思うこともなかったのだ。

 

それが、年頃になって、体に差が出るようになってから、違和感を覚え始めた。

 

月の障りで寝こんでも、何のいたわりも見せてくれないレンには腹が立ったし、

レンの声が、太くて低いものに変わっていくスピードは、どうも気味が悪かった。

 

そして、あの冬の夜、風もふるえる王宮の寝殿で、レンの姿で眠っていたとき、

変な息づかいに気がついて、まどろみの中から意識が呼び戻されたのだった。

 

 

 

それ以来、レンのことが汚らわしく思えて、会話を避けるようになったので、

レンはとまどっていたようだが、すねて見せるさまも、いやらしく感じられた。

 

しかし、あの夜に伝わってきた感覚は、胸を騒がせて、落ち着かなくさせる。

 

春先になって、自分の姿で寝殿に入った夜半、体がざわついて休めなくて、

レンの意識が眠っているのを見さだめてから、体の芯に、指をふれてみた。

 

ドロワーズの上からでも熱いのがわかって、かすかに湿り気を帯びている。

 

ひらいた唇の尖端から、はしたない声が飛び出して、あわてて袖を噛んだ。

 

あれは何というか、忘れ難い経験だった。

 

それまで、おいしいものを食べても、虫に刺されても、走り回って転んでも、

レンの味わう感覚と、自分の感覚とで違いはなかったのに、あれは違った。

 

自分自身というものを、あんなに鋭く、徹底的に思い知らされたことはない。

 

ぐっ…… と、ルンは唇を噛む。

 

照らされた鏡の中の顔の、目のふちが青磁に透いて、眉の根に皺が寄る。

 

思えば、あれ以来、自身で体験することに、強くこだわるようになったのだ。

 

リトの唇も、自分で味わいたい、と思った。

 

強引にレンを押しのけて、学校にいる間は、ずっと自分の姿でいようとした。

 

しかし、挑んでみても、リトは無闇にあわてて、逃げようとするばかりだった。

 

そんな風に邪険にされたのがショックだったせいで、レンに対する反発など、

どうでもよくなってしまい、意地でもリトを振り向かせたくなって、気が焦った。

 

まるで、恋のようだった。

 

でも、恋というのは、もっと楽しい、心の晴れるようなものじゃないのだろうか。

 

あの日、保健室のベッドでリトに抱きついたが、何のときめきも感じなかった。

 

何というか、自分の影を抱きしめているような味気なさで、それはリトの体が、

レンの体格に近かったからで、そればかりか、声の質まで似ているのだった。

 

砂を噛むような思いを押し殺しながら、誘惑の演技を続けるのは骨が折れた。

 

その夜、レンの意識が寝静まるのを待ってから、昼間の一件について考えた。

 

結局のところ、レンがこっちの体について、隅々まで知っているのと同じように、

こっちも、男の体を余すところなく知っているので、そこに問題があるのだった。

 

いやになるほど知っているものに、ときめきを感じろ、というのも無茶な注文で、

親しみや慣れから、何かを引き出そうとしても、よりどころになる実体験がない。

 

さらに考えるなら、こんな理屈をこねること自体、男の体質の影響かもしれない。

 

とまどいの果てに、ふいにリトの匂いを思い出して、それだけはレンとは違った。

 

その一点にすがって、悪い指を動かした。

 

 

 

体の熱くなるのを感じて、だから、リトの体も熱くなっているに決まっていた。

 

ルン… カワイイよ… まるで、銀河に咲く一輪のカボチャの花のようだ…

 

来て… 私… リトくんのためなら、どんな恥ずかしいことだってできるよ…

 

手が伸びてきて、髪を撫でられると、髪の根元から背中まで気持ちよくなる。

 

――――リトの手も、ふんわりした感触を楽しむはずだ。

 

吐息が鼻をくすぐって、唇と唇が合わさり、控えめな舌がじわりと入ってくる。

 

――――リトの舌は、何よりも唾液の熱さを感じるだろう。

 

胸をまさぐられると、鈍い痛みの中に、くすぐったいような感じが浮きあがる。

 

――――リトの手は、やわらかさにとまどうかもしれない。

 

体のあちこちが、指と舌とにさらされて、澄んでいきながら、ぼんやりと霞む。

 

――――リトの舌は、弾力を感じ取って、焦りを覚える。

 

へその周りで遊んでいた手が、急に茂みに分け入って、思わず息が止まる。

 

――――リトの指は、せっかちに小さな突起を探す。

 

その部分に体中の血が集まっていき、もてあますように、太ももがほぐれる。

 

――――リトは、指先を動かすことに熱中していく。

 

炎の走るように、熱が隅々まで這っていき、肩に残った硬さを溶かしてしまう。

 

――――少しの間、ためらってから、腰を寄せる。

 

ゆっくりと先端が押し入ってきて、それから、肌を裂かれるような痛みが走る。

 

――――ひとまずの間、達成感を味わう。

 

動き出し、擦れ合って、無理にひろげられる痛みはひどいもので、涙が飛ぶ。

 

――――足のほうから、快感が這いあがる。

 

耐えていると、抱きしめられている感じから、かすかに喜びが染み出してくる。

 

――――感覚のすべてが、先端に集中していく。

 

喜びと痛みが混じり合い、体の奥がしびれて、遠くのほうへ引っぱられていく。

 

――――快感が急激に押しせまってきて、次の瞬間。

 

中で跳ねたのが、なめらかになって、擦れる感覚が消え、ふるえが伝わって、

背中に爪を立てると、頭の中に白いもやが広がって、意識がつつまれていく。

 

ああ、ひとつになった……

 

と思ったとたん、妄想を破って浮かんできた顔は、リトではなくて、レンだった。

 

その一瞬、レンの顔に、殺意に近い憎しみを覚えて、自分の本心に直面した。

 

 

 

ふう…… と、ルンは再び、ため息をつく。

 

鏡の中の顔は白けきっていたが、目元はほんのりと赤く、瞳が濡れている。

 

思えば、相手とひとつになる、という言葉を覚えたのは、地球に来てからだ。

 

地球人の観念からすると、恋というのは、自分の片割れにめぐりあうことで、

だから、そういう相手とめぐりあったら、ひとつになりたい、と思うのだそうだ。

 

くだらない、と思った。

 

自分にとって、自分の片割れは、自分の中にいる。

 

だから、他人と結ばれるということは、自分の半分を殺すことに他ならない。

 

レンとリトが向き合うシーンが、脳裏に浮かんだ。

 

背景も大道具もない、空っぽの舞台の上、スポットライトに照らされた二人。

 

昔の宮廷の剣術家のような、白い衣装を身にまとい、睨みあって動かない。

 

張りつめた空気が、殺気に変わっていき、剣が抜かれ、足が舞台を蹴って、

リトの剣が一瞬早く、レンの胸を貫き、白い衣装が真赤な血に染まっていく。

 

ゆっくりと倒れこんで、動かなくなった横顔は、レンではなくて、自分の顔だ。

 

その幻像に、激しい情欲が一気に背中を駆けあがって、太ももがふるえた。

 

この心地よい感じは、親しみ深くも疎ましい分身に対する、残酷な楽しみか、

あるいは、鏡が反転して、自分自身が貫かれた光景に、快感を覚えるのか。

 

たぶん、両方なのだろう。

 

もっとも、実際には、自分とリトが結ばれたところで、刃傷沙汰にはなるまい。

 

リトはレンの存在に慣れていって、レンと自分の関係も、表面は変わらずに、

お互いの人格は、遠慮を残しながら、無難な付き合いを続けていくのだろう。

 

そういうポジティブな見通しを持つことは、レンに対して過酷かもしれないが。

 

しかし、リトに対してはどうだろう。

 

自分がリトに、レンに対する以上の親しみを覚えるということがあるだろうか。

 

いや、あり得ない。

 

仮に、何年、何十年を共に過ごしても、物理的には隔たったままなのだから。

 

たぶん、自分がリトに求めているのは、親愛ではなく、情熱というものなのだ。

 

あの剣の一閃のような。

 

そう考えれば、奇妙なほど純粋な話で、そんな情熱が長続きするわけはなく、

変わってしまうものならば、この恋に似たものも、本物の恋かもしれなかった。

 

トントン…… と扉を叩く音がした。

 

椅子から立ちあがって、満面の笑みを浮かべると、ルンは静かに扉を開けた。