※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

 

「ふぅ…… 昨日は親父の漫画の手伝いが、ハードだったからな~」

 

午後の授業が終わって、身体のだるいのを感じたリトは、保健室へ行った。

 

「すぐ元気になる、いい薬ない?」

「滋養強壮なら、こんなのがあるわ」

 

少しは学習しろ、と言いたいが、まぁ、それほど疲れていたということだろう。

 

******

 

「おつかれさまでした!」

 

という元気な声とともに、妹カフェの通用口が開いて、飛び出してきたのは、

髪をツイン・テールに結び、アンダー・フレームの眼鏡をかけた、沢田未央。

 

制服を着ているところを見ると、学校帰りに、直でシフトに入っていたらしい。

 

「さ~て、と……」

 

夕暮れの街を見回してから、視線を落とし、手首を反らして、腕時計を見る。

 

「ん~、寄ってこーかな、ひさしぶりに!」

 

******

 

「お~、よしよし、こっちおいで~」

 

と言いながら、未央は黒猫を一匹抱きあげると、満面の笑顔で頬ずりをした。

 

あたりを見れば猫だらけ、ペルシャ猫やシャム猫や、アメリカン・ショートヘア、

銀のコラットや、白足のバーマンが、わがもの顔で歩いている、猫カフェの床。

 

カフェで稼いだお金を、カフェに落としていこうなんて、ずいぶん粋なようだが、

特に気取るでもない未央は、猫の足をもてあそびながら、陽気に呼びかけた。

 

「猫ちゃ~ん、元気ィ?」

 

猫は、“ああ、はいはい、元気ですよ” というような顔をして、未央を見ている。

 

「にゃあ、って言ってみ?」

「……にゃあ!」

 

という男の声がうしろから飛んできて、振り返ると、制服姿のリトが立っている。

 

「へ? 結城? 何で?」

 

その質問には答えずに、リトは未央の肩に手をかけると、にっこりと微笑んだ。

 

「猫好きとは、知らなかったな……」

 

肩の上の手に、チラと目をやってから、未央はリトを見上げて、微笑を返した。

 

「こーゆートコ、結城も来るんだ? ちょっと意外かも……」

「ショウ・ウィンドウ越しに、キミの美しい笑顔が見えたから」

「美しい…… って、あんた何か悪いモノでも…… キャッ!」

 

膝の上の猫が粗相をして、未央の制服のスカートが、ぐっしょりと濡れていた。

 

 

 

若い店員は平謝りで、すぐにクリーニングをいたします、とか何とか言った。

 

持ってきた替えのスカートは、店の制服らしく、猫っぽい尻尾がついている。

 

「うーん、さすがにコレは、ちょっとな~」

「いや、カワイイじゃないか、キミなら似合う」

 

元来、コスプレに抵抗のない未央は、首をかしげながらも、控え室へ入った。

 

しばらくして、出てきたのを見ると――――

 

制服のブレザーに、猫の尻尾という取り合わせが、奇抜に映るはずなのに、

実際には、細い脚を引き立たせ、ツイン・テールと絶妙な調和を見せていた。

 

「ベスト! グレイト!! コングラッチュレィション!!!」

 

派手なジェスチャーで絶賛するリトを無視しながら、満更でもなさそうな未央。

 

店員にスカートを渡すと、2時間ほどお待ち願えますか、と呑気なことを言う。

 

「しょーがない、待つしかないかぁ……」

「暇つぶしなら、ボクにつきあってくれ!」

「えっ? ちょ、ちょっと! 結城!?」

 

リトはあわてる未央の肩をつかんで、強引に店の外まで押し出してしまった。

 

******

 

夜の街を、猫の尻尾を垂らした少女が、ジゴロもどきの少年に肩を抱かれて、

口論しながら歩いていく、という光景は、あまり見かけないものには違いない。

 

街の人々は、好奇に満ちた目を隠さなくて、未央の頬は真赤に染まっている。

 

「あのさ~、結城……」

「ん? 何だい、ハニー?」

「私に何か、ウラミでもあるわけ?」

「愛してくれない、キミのつれなさに……」

 

例によって、あさってのほうを向いたリトの答えに、未央は突然、立ち止まる。

 

「どうしたんだい?」

「歩き回るの、もうヤ!」

 

リトは意外そうな顔をして、未央の目を覗きこみ、ひじにふれ、腕をからめた。

 

「じゃあ、休んでいこう」

「どこで?」

「ホテルで」

「じょ、冗談でしょ!」

「おや、怖いのかい?」

「なっ…… あ、あのね~」

 

安い挑発だったが、未央の心は乱れて、ネンネと思われるのは恥ずかしいし、

リトなんかにバカにされるのはヤだし、里紗が知ったら、大笑いされかねない。

 

決然と顔をあげると、未央は頬を染めたまま、レンズ越しにキッ、とリトを見た。

 

「……い、いいよ、休むだけならっ!」

 

 

 

昔の赤線のあたりは、今はホテル街になっていて、派手な看板が目を引く。

 

堂々と歩いていくリトの半歩うしろには、堂々と見せようと必死の未央の姿。

 

赤い灯、青い灯が、夜露に濡れて、声を殺して黙々と、影を落として粛々と、

一帯をぐるりと回ってから、ホテル・ウッチーとかいう、大看板の下で止まる。

 

入口の前に立ち、横目で問いかけるリトに、未央は唇を噛んで、うなずいた。

 

二人は入っていく。

 

「申し訳ありませんが、制服でのご利用は……」

 

出てきた。

 

前方を向いたまま、未央は、ん~っと肩をすくめてから、一気に力を抜いた。

 

「あ~、もう! 恥ずかしかったっ」

「ハッハッハ、うっかりしていたね」

「笑いごとじゃないでしょーがっ!」

 

と未央は怒って、リトのとぼけた顔をひっかく真似をしたが、目は笑っていた。

 

「とにかく、フリダシに戻った~、ってことで、ね?」

 

空々しいほど明るい声で、未央は宣言すると、くるりと踵を返し、去ろうとした。

 

「いや、そうでもないさ…… あれを見てごらん」

 

と言って、リトの指さした先には、板塀に白い看板があって、墨痕あざやかに、

 

― ご商談 3500円 ―

 

木造の二階家は年季の入った、とうの昔に絶滅したはずの、連れこみ旅館だ。

 

「いらっしゃいまし!」

 

格子戸を開けたとたん、いがらっぽい女声が奥から飛んで、足音が響いてくる。

 

パッ、と顔を出した年寄りの仲居が、愛想笑いを浮かべて、丁寧に頭を下げる。

 

べったりとした闇の中に、木目だけが鮮やかで、未央は腰が引けてしまったが、

無様なこともできないから、靴を脱いで、尻尾を押さえながら猫のように上がる。

 

仲居のうしろにひっついて、やたらときしむ廊下を行き、鉄砲階段をのぼったら、

長い渡りのつきあたり、うやうやしくふすまの開けられた先は、窓のない四畳半。

 

「う、わぁ……」

 

部屋のほとんどの部分を、白いふとんが占めていて、硬そうな枕がふたつ並び、

枕もとには、赤いびいどろの笠をかぶせた電気スタンドや、お茶の盆が置かれ、

ふとんの足のほうには、ダイヤルのない黒電話と、浴衣の入った乱れ箱がある。

 

仲居は、リトから部屋代を受け取ると、すごいスピードで電気ポットを持ってきて、

 

「ごゆるりと……」

 

と言って、ふすまを閉めていき、足音が遠ざかって、四畳半は静寂につつまれた。

 

 

 

「とりあえず…… 脱いだら?」

「え、えっ!?」

「ブレザー、しわになるだろう?」

「あっ…… あ、そうだね……」

 

あわててボタンを外した未央が、肩先からすべらせたのを、リトが受け取る。

 

衣紋掛けに吊るして、鴨居に下げると、リトはふとんの上へあぐらをかいた。

 

「ハニー、座ったら?」

 

ちょこん…… と端っこに座った未央は、所在なげに視線を宙へさまよわせ、

リトと目が合ったりすると、急いで腕時計を見たり、畳をむしったりするのが、

実に古風で、そんな振舞いが本性なのか、場所のせいなのか判然としない。

 

リトは緑茶の筒を取って、急須に葉を入れ、電気ポットを手元に引き寄せる。

 

給湯口から熱湯が噴き、しらじらと湯気が立って、部屋の温度まで上がった。

 

「ねえ、ハニー、ボクは……」

「その、ハニーっての、やめて」

「じゃあ…… ミオ……」

「お、お茶! 出過ぎちゃうっ!」

 

リトは苦笑しながら、急須をかたむけて、ふたつの湯呑にお茶を注ぎ入れた。

 

それから、中腰のまま一歩動いて、ふとんから降り、未央の身体に近づいて、

ぴったりと寄り添うように手を取り、湯呑を持たせてやったのだが、次の瞬間。

 

ねずみが部屋を走った。

 

「キャッ!」

 

ばしゃっ……

 

「あつっ!」

「だいじょうぶかい?」

「う゛~」

「やたらと濡れる日だね」

 

乱れ箱の浴衣の下から、リトがちり紙を取ってやると、未央は懸命に拭いた。

 

「ねずみ、きらいなんだ?」

「わ、悪い?」

「猫のくせに、おかしいね」

 

そう言って、リトはごろんと横になり、スカートのうしろから伸びた尻尾の先を、

指でつまみあげて、なでたり、こすったりした挙句、かがみこんで、口づけた。

 

「うしろで、何してるの……」

 

リトは微笑んで、尻尾を離すと、スカートにくるまれた尻を、ちょいとつついた。

 

「浴衣にでも、着替えたら?」

 

リトは浴衣を手渡して、返事も待たずに、立ちあがって、電灯のひもを引いた。

 

闇につつまれて、澄みわたった空気の中、静かな衣擦れの音が聞こえ出した。

 

 

 

「いいよ……」

 

電気スタンドのスイッチをひねると、赤一色の光の中に、未央が立っていた。

 

古い地染まりの浴衣に、兵児帯を幅広に巻いて、内股に膝がしらを合わせ、

一方の手を衿に、もう一方を遊ばせて、うなじのおくれ毛の乱れているのが、

妙に色っぽく、頼りなげに見えて、膝を折って座るさまも、なかなかのものだ。

 

「メガネ、してなきゃいけないの?」

「えっ? べつに、そんなこと……」

「ちょっと、外した顔も見てみたいね」

 

リトは、赤く照っているレンズに手を伸ばし、フレームを支えて、そっと外した。

 

「いいね…… ミオ、カワイイよ……」

 

と言ったリトの声が、おそろしく優しかったので、未央は踏みとどまって考えた。

 

今日のリトは、どうかしている。

 

(どーせ、御門先生に一服盛られたとか……)

 

ならば、何があっても、あやまちで済むのかもしれないが、しかし、だからって、

 

「ひっ!」

 

ねずみが飛びこんだ。

 

「とってとってとってェ~!!」

「よしきた!」

 

リトの手が突っこまれ、ねずみは逃げていったが、手のほうが出ようとしない。

 

乱れるまま、うしろから抱えこまれた形で、あやういあたりに指がふれていた。

 

「は、はなしてよ……」

「はなしません」

「ひ、ひっかくよ!?」

 

リトは笑って、一方の手で未央の手首をとらえ、引き寄せて、爪の先を噛んだ。

 

振り返って、よろめき、あごを反らした未央の鼻に、リトの鼻がすりつけられて、

からみあった二人の手が、首のほうへ流れていき、白いのどを指がくすぐった。

 

「ねえ、ミオ……」

「何……?」

「にゃあ、って言ってみ?」

「にゃ、にゃあ……」

 

唇が近づくと、未央はまつ毛をふるわせ、目をつむって、リトの首に腕を回した。

 

コチコチという腕時計の音が、耳もとで大きく響いて、リトは目をパチクリさせた。

 

「……あれ!? 何やってんだ、オレ!?」

 

効き目が切れたのだ。

 

一瞬のうちに状況を把握した未央は、精一杯の力で、リトの身体を突き飛ばす。

 

 

 

「いてっ! さ、沢田!?」

「ひどいわ、こんな……!」

「えっ!?」

「とぼける気? あんなことしといて」

「へ!? あ、あんなこと、って……」

 

涙にうるんだ目でリトを見たと思ったら、よよよよ…… と泣き崩れる未央。

 

「お酒に慣れない私を、無理に酔わせて……」

「え?」

「ヤだと言うのを、言葉巧みに連れこんで……」

「おいおい」

「獣のように押し倒し、折って畳んで裏返し……」

「な…… 違うだろ! 猫カフェでスカートが……」

 

袖から顔をあげて、キョトン、としてから、未央は探るようにリトを見つめた。

 

「記憶あるの?」

「あるよ!」

「なーんだ、つまんない!」

 

眼鏡をひろって、鼻に乗っけると、未央は立ちあがって、ひもを引っぱった。

 

パッ、と部屋が明るくなって、毒気の抜けた感じで、ふとんの上へ寝そべる。

 

ひじをついて、くだけた調子で無駄話をしていると、修学旅行の夜のようで、

ころころと無邪気に笑いこける未央の、きれいな前歯を、リトは眺めていた。

 

しばらくすると、黒電話が鳴ったので、リトは部屋を出て、下へ降りていった。

 

玄関先に佇んでいると、着替えた未央が追いついてきて、一緒に靴を履き、

格子戸に手を伸ばしたのが同時で、思わず二人、まじめな顔で相手を見た。

 

「人に会わないといいね」

「怖いこと言うなよ……」

 

表へ出ると、道の向かい側に、たい焼きの夜店が立っていて、屋台の前に、

 

ヤミがいた。

 

「――――結城リト……」

 

ゴゴゴゴゴ…… と不協和音が響いて、ヤミの顔の上半分が影に覆われた。

 

(ちょっと、結城! あんた、ヤミヤミに何かした?)

(う、うん…… 実は、おまえに会う前に、少し……)

 

ヤミの金色の刃が襲いかかり、二人の間で風を切って、板塀に突き刺さる。

 

「うわっ!!」

 

リトは飛びあがって一目散に逃げていき、ヤミは、トランスしながら後を追う。

 

遠ざかる二人を、未央は呆然と見送っていたが、やがて、ふくみ笑いをして、

 

「にゃあ……」

 

と一声つぶやくと、くるりと踵を返して、尻尾をゆらしながら、夜の街を去った。