※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「わぁ~、結構雪残ってるんだねぇ。」
美柑が話しかけた相手はリトである。いろいろと事情があって今、二人で温泉旅行に来ているのである。
「ああ、まあそうだな。」
4月とはいえ肌寒く感じる。
「久しぶりだな、ララたちがいないのも。」
今回はララたちは来ていない。元はララと来る予定だった。というか予定にされていた。それが昨日の朝食の時、
「ララ様、ギド様がお呼びです。」
「ええ~、明日はせっかくのオンセンリョコウなのに~。」
「しかし・・・。」
ザスティンを言葉で倒そうとしたララ。でもそこにギドがやって来た。
「ララ、今回はちゃんと帰ってこい。大事な話だ。」
「はぁ~い。」
ララは素直にギドにしたがいデビルーグに帰っていった。
「んじゃホテルはキャンセルしとくか。」
リトが電話に手を伸ばした。
「やめてください。せっかくなんですから。」
モモがリトにストップをかけた。
「でも誰が行くんだ?」
ナナがモモに質問した。
「ナナさんとモモさんで行ってきたら?」
美柑は言ったがモモは
「私たちが二人で行ったところで何かあります? 地球のことはリトさんが一番よく知ってますし・・・。」
少し考えているとナナがこれぞ名案とばかりに言った。
「そうだ、美柑がリトと行けば?」
ギクッとしたように思わず顔を赤らめる美柑と食べていた卵焼きをのどに詰まらせむせているリト。
その隣でくすくす笑っているモモ。
「それはいいですね。」
というモモの言葉に少し胸を張るナナ。結局美柑と行くことになり、今日に至っている。
「お風呂入ってくるね。」
と美柑は部屋を出ていった。
(今日はララさん達はいないんだ。リトと二人っきり・・・。どうしよう・・・。)
美柑はある意味楽しみながら大浴場に向かった。

風呂から上がった美柑は浴衣に着替えていた。
「ああ、いい湯だった。」
美柑は冷蔵庫を開けて飲み物を飲もうとしている。
「じゃあ俺も入ってくる。」
とリトも大浴場に向かった。
大浴場は広々としていた。露天風呂に出るとまだ寒かった。4月なのに雪まで降って来た。
リトは寒さから逃れようと急いで浴槽につかった。するとひょんな事から誰かの足を踏んでしまった。
「痛っ。」
聞きなれた声がした。
「すみません。よく見てなかったもので。」
リトが誤るとその声の主は驚いたように
「ゆ、結城か?」
といった。
「お、お前は・・・。」
目の前には国民的アイドルの片割れがいた。名前は・・・、えっと・・・。
「誰だっけ?」
「レンだ。」
まさか旅行先でまでこいつに合うとは思ってなかったリトはあいた口がふさがらなかった。
「結城、今日は何しにララちゃんと来たんだ?」
レンが先にリトに質問した。
「今日はララは居ねえよ。美柑と来たんだよ。」
「何、ついに妹までも・・・。」
「ち、ちげーよ。」
レンも大胆な事を言うものである。周りの人が一歩、リト達から離れていった。
「お前は何で来たんだよ。」
リトが話をそらすためにレンに質問した。
「ルンの仕事だよ。俺は反対したのに・・・。」
「何でお前に変わったんだ?」
「この辺でもかなり知名度が高いからな。ゆっくりするためだと。」
アイドルの片割れも大変なものである。

「さあ、俺はもう出るわ。」
リトが立ち上がるとレンも立ち上がった。
春の雪が降っている。まだ肌寒い。レンの様子がおかしくなった。
「クシュン」
ボワッと煙が出て国民的アイドルのルンが姿を現した。
「ヤバイ、ルン、こっち来い。」
「え、リトくん?」
まさか変わってしまった瞬間に愛しの人がいるとは思わなかったルンは、リトに手を引っ張られてひとまず更衣室の陰に連れて行かれた。
「はあはあ、ルン。とりあえずこれ着てろ。」
リトはひとまず自分の浴衣をルンに着せた。
(リト君の匂いがする・・・。)
ルンはリトの匂いに酔い、リトに迫った。
「リト君、キスして。」
「へっ?」
あっけにとられたリトにキスを迫る。
「待てって、今それどころじゃないだろ。」
「え~、じゃあリト君に抱きついた写真を週刊誌の人にとって貰おうかな~。」
「うっ。」
そんなことをしたら芸能界での立場が危うくなるのにルンは平気で迫った。
「わ、わかったよ。」
待っているルンに軽く唇を添えるだけ、それだけでもルンは幸せの真っただ中にいた。
「じゃあうまくやれよ。」
「うん、ありがとうリト君。」
ルンは次の収録に向かった。

「遅かったじゃんリト。なんかやってたの?」
明らかに怒っている美柑、後ろにはモモにも見れる黒い瘴気が漂っていた。
「いや、なんかそこでレンと会って話してたから。」
「ふ~ん。」
ルンとキスしたことは隠せてリトはほっとした。
「ところでさ」
美柑が口を開いた。
「リトって結局誰が好きなの?」
リトは浴衣の端を踏んでこけてしまった。
「ちょっ、い、いきなり言われても・・・。」
「だってさ、ララさんと春菜さん以外ともいろいろあるんじゃない?モモさんとか古手川さんとか。ヤミさんとかにもさ。」
「い、いや・・・。」
「モモさんなんか夜中に何度かリトの部屋に行ってるけど夜中に何してたの?」
「いや、何もしてないって。」
久々の兄妹水入らずの時間、それは長い夜の始まりでもあった。

(何もしてないとか言ってるけど結局今朝もいたじゃない。ウソついてるのかな・・・。ちょっと待ってあたし、なんであたしが怒ってるの?怒るのはララさんじゃない。あたしがモモさんに怒らなくてもいいのに・・・。
リトもリトでモモさんには優しいくせに・・・。)
そんなことを考えている美柑も兄を取られたくない嫉妬心が湧いてくる。
それは兄としてではなく一人の男としてだということに美柑は気づき始めていた。
(今日はリトとあたし以外の誰もいないし・・・。)
時計は7時を指していた。

夕食を済ましてからもう一度大浴場に行った。
(せっかくの二人なんだから・・・。)
温泉の中でもリトのことを想う美柑。なぜか自然に体が疼いてくる。
(リト・・・。)
部屋に帰ると、先に帰っていたリトが窓から月を見ていた。雲が晴れてきれいな満月が浮かんでいる。
「リト、帰ったよ。」
美柑の声にリトは振り向いて
「美柑、月が奇麗だぞ。」
美柑も隣で月を見始めるが今、彼女にはリトしか見えていない。
リトはふいに一言漏らした。
「二人で旅行するのって初めてだよな。」
思い返せばそうだった。買い物程度になら二人で出掛けたこともあったがこんな遠くに、それに泊まりで出掛けるのは今回が初めてだ。そんなことも、美柑にはリトの声としか聞こえない。もう話の内容以前に2人で月を見ている行為に酔っていた。
(そうだ今、チャンスだ。)
美柑は突発にリトに訪ねた。
「ねえ、あたしのこと好き?」
突然の出来事にリトは少し戸惑ったが
「ああ、頼りにしてるよ。」
「そういう意味じゃない。家族としてじゃない。女としてあたしのこと好き?」
リトも驚いた。こんな話を自分に持ちかけてくると思わなかったからだ。
「な、何でそんなことを聞くんだ?」
リトもここは冷静に質問を返した。美柑はもう目に涙をためている。
「そんなの・・・、決まってるじゃない・・・。」
少し間をおいて美柑は言った。
「好きなの。そばにいてほしいの。どこにも行かないでほしいのっ。」
その頬を一筋の涙がつたって水滴となって床にシミを作った。


「み、美柑?」
リトも驚きを隠せない。自分の妹の愛しの人が自分だなんて実感がわかない。
いつしかの家庭訪問の時の話だと美柑は校内ではモテると思う。でもなぜ誰とも付き合わないのか。
この前自分の布団に入ってきたことを結びつければ答えは出てきた。
「・・・だめ・・・だよね。」
美柑も落ち着いてきた。
「ララさんもいるし春菜さんも・・・。あたしはまだ小学生だし・・・それに・・・。」
(・・・妹だから・・・)
声には出なかったがリトには感じ取れていた。リトはそっと美柑を抱きしめて優しくつぶやいた。
「うれしいよ・・・。」
美柑は涙でぐしょぐしょになった顔をあげた。
「そばにいてやるよ。」
2人はそっと、優しく、月明かりの下でキスをした。
「リト、お願い。」
美柑は自分で浴衣の帯をほどき自分の体を露にした。月明かりに照らされて少女の身体は白く輝いていた。

「お願い、最後まで。」
美柑の言葉にリトはうなずいた。仰向けに寝る美柑に少しずつ自分のモノを埋めていく。
ついに膜にあたった。美柑のシーツをにぎる力も強くなった。
リトは一度、美柑にキスをして一気に貫いた。
「ああああぁぁぁぁぁっっ。」
最初で最後の痛みに美柑は耐えていた。リトはそんな美柑が愛らしく思いもう一度ソフトなキスを落とした。
「も、もう大丈夫。」
そんな美柑の声と同時にリトはゆっくりと動き出す。
しかし美柑のかわいらしい喘ぎ声に妹との背徳的な行為が拍車をかける。
「ヤベ、イキそう。」
リトは自分のモノを抜こうとしたが美柑は足を絡めて来て離れない。
「イクッ。」
「あああぁぁぁぁぁっ」
自分の妹である美柑の膣内でリトは果てた。

「ほんとにこれでよかったのかな。」
「おまえがゆーな。」
次の日になると美柑は元に戻っていた。
2人は帰りの電車の中で寄り添って寝ていた。今回の旅行は二人が近づいた記念日になった。
2人は仲良く寄り添いながらまだ夢の中にいる。
「・・・リト・・・。」

 

 

おわり