変更点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは前年度までメインで使われていたH8-3694FとLPC1114で何が変わったのかをまとめています



・性能
・16ビットから32ビットへ
・最大クロックスピードが向上
・使えるタイマーが増えた

・開発環境
プログラムの作成に使用する統合開発環境(IDE)がGDL・HEWからLPCXpressoへと変更になります。

・書き込み方法

FT232RL(USBシリアル変換モジュール)を使う方法とLPCLINKを使う方法があります。

・プログラムの書き方が少し違う



・今までと変わらない点
AD変換(10bit),UART・SPI・I2C等の通信機能あり
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。