葛西創

キャラデザイン:日暮

  • 名  前:葛西 創(かさい はじめ)
  • 身  長:173cm
  • 性  別:男
  • 血液型 :O
  • 誕生日 :3月31日
  • 所  属:夏雲高校2年2組 ※夏高編
  • 所  属:春里高校     ※春高編
  • 所  属:秋草工業高校   ※秋高編
  • 所  属:玄冬高校     ※冬高編
  • 出  身:四咲市市外 
  • 投・打 :右投右打
  • 守備位置:ピッチャー
  • 家族構成:両親、弟(今年中学に入る)、妹(小6)
  • 得意科目:文系教科、THE平均点をとる男
  • 苦手科目:強いていうなら家庭科
  • 趣味特技:とくになし、読書は平均よりする程度


性格

「やります。俺が投げたいです」
「部活でこんなに悔しいと思うとは思わなかった」
「俺にできることを探そう、俺ができることを」

 一人称は俺。二人称はお前。同級生は大体名字呼び。先輩には先輩呼び。後輩も名字呼び。若干他人行儀に感じる物言いをする。敬語はきちんとした敬語。
 父親は四咲市出身だが仕事の都合上もあり市外で暮らしていた。高校一年までは外部生徒であり2年になる前の春、3月に四咲市に引っ越すこととなる。戸惑いながらも四咲市の野球部員としての一歩を踏み出した。
 一見すればドライともいえるものいい。割と四咲市の野球部員があそこまで野球に執着し真剣なのかがよくわからない。所詮部活という考えが頭の中にあった。だが心うちは割と熱く負けず嫌いな部分もある。若干抜けている部分があるのはご愛嬌。だんだん四咲市に毒されてきた。
 責任感などはある方。口数は少なめだが冗談も言う。ただ周りの冗談を理解しきれない部分もあったり。よく頭の上にクエスチョンマークを浮かべる。
 考え事は多い方でよく自分の世界にトリップして考え事をする。時折考えすぎてる。割とマイナス思考な部分がある後ろ向き人間、強く生きろ。
 教室でも静かなタイプ。積極的な発言は見受けられない。全体的に受け身人間なのだ。ただしマウンド上では自己主張を時折見せるところからただ伝え下手な可能性大。人を動かす才は割合ある様子、活かされないだけで。得意教科は国語。というより五教科内だったらどれも悪くもなくよくもなく、努力によって結構左右されるタイプ。
 料理は未知の領域。
 器用貧乏だと言われるタイプ。「本気を出せよ」といわれるけど本人はわかっていない。
 喜ぶときは笑うし割とわかりやすく顔にでる。人前で泣くのはかっこ悪いとは思うらしい。気長ではあるがイラついてるときは物言いは強くなる。挑発にも少しのりやすいようだ。 中学、高校の野球部は至って『普通』。踏襲性がある感じであり、葛西も早めに体格が育ち始めていたのもあり特に苦労もなかった様子。

 葛西創が四咲市にくることで四咲は幕を開ける。―彼が来ること行動を起こすことでまた別の運命を見るだろう。また彼自身も変わっていくだろう。
+ 夏編
+ 春編
+ 秋編
+ 冬編


プレイスタイル等

  • ピッチャー
  • 右投右打

パラメーター

体力 機動 守備 投力 打力 技術 分析 精神 合計
6  3  5  7  3  4  5  5  38
球種(3)→ 合計 41
ストレート、平均球速130ほど。
●ストレート、カーブ、スプリット
 まだまだ伸びしろのある選手。お前の夏は短いぞ。
 平々凡々な投手。良くも悪くも癖がなく色がない。つまるところ個性が死んでる。

人間関係(夏)

 井立と呼んでいる。色々世話になりっているようだ。
 クソ苦手。もうなんていうかどうして俺につかっかるの。俺は普通に部活がしたい。……仲良くなりたくはあるけどもなんていうかなぁ…
 少しずつでも歩めればと思う。他ピッチャーたちとのお互い遠慮なしでぶつかれる関係に密かに憧れている。
 唐尾先輩と呼んでいる。別段マウンドを争うつもりはなくただ純粋に尊敬してる様子がうかがえる。 


メモ

  • 自分の中でも理解できていないやつなので度々更新すると思う