白鷹隼

キャラデザイン:日暮

  • 名  前:白鷹 隼(しらたか はやと)
  • 身  長:184cm
  • 性  別:男
  • 血液型 :AB
  • 誕生日 :3月5日
  • 所  属:秋里工業3年
  • 出  身:伊川中学(伊川)
  • 投・打 :右投右打
  • 守備位置:セカンド
  • 家族構成:両親、弟、犬
  • 得意科目:国語、数学、技術
  • 苦手科目:音楽
  • 趣味特技:人間観察、読書(純文学)、トランプ、タンバリン


性格

「はーい、切り替えるよっと」
「ほらほら下級生虐めないの」
「俺はね勝てばいいとは思うよ。皆喜ぶし嬉しいし。でも誰かが満足できないなら勝利に意味はない……なぁんてねぇ」
「うっわぁ、今更だけどうっわぁー……はい没収没収」
 一人称は俺、二人称は君、お前。同級生はほとんど名字呼び。下級生も名字呼び。特に年下に対しては柔らかい口調と言葉で話すが結構難しいいまわしも知っている。
 一見爽やか(?)で人当たりのいいお兄さん。弟の疾風よりも表情筋が柔らかくできている。ただ口元が隠れると本当に表情がわかりにくくなったり真顔になるとわかりづらい。
 底が見えづらいやり手。基本は見守るお兄さんスタイルな為、過関渉は望まれない限りしない。当事者が解決したほうがそののちの為になるという考えなだけで決して冷たいわけではない。むしろ後輩などは積極的に甘やかしたい方でうちの子可愛いを隠さない全面に出すタイプ。弟が可愛すぎてツライ、後輩が可愛いとか言っちゃう。小さいものはみなかわいい。故にマネージャーからショタコン疑惑をかけられたりしているがそっちの気は全くないためその時はハッキリという。隠し事やためごとは多く自分が言わないことで解決するなら言わない。チーム思いであり和を大切にする。察しがいいのでみなが知らないうちに解決したりすることも。
 小学校から中学校にかけてまではキャッチャー経験なども実はあるが高校ではほぼセカンドを守っている。特にポジションに執着はないが周りは把握しておきたいようだ。
 隠し事がうまいだけで割と子どもな面が多い。部長として回りをまとめる役目としてどん、としているが割と精いっぱいな部分もある。望まれない限り過干渉をしないというスタイルを一貫して貫いている。正当な評価を望むなら自分自身が変わることを望むなら主張しなければならない。主張しなかったやつに手を差し伸べるほどのお人よしではない。それなら俺は頑張って主張する人を助けるよ、とひそかにぼやく。
 多趣味であり知識も広い。また察しもよく許容範囲も広い。なのでお腐れたこともわかる。
 弟の隼に対してはブラコン。弟自慢に入るとキャラを忘れて語りだす。
 恋愛方面においてはまぁモテるのだが本人にその気はない(工業高校だし中での出会いは限られてるしなー)
 ちなみに歌に関しては壊滅的でほぼ唄わない。タンバリン芸がすごい。


プレイスタイル等

  • セカンド
 キャッチャー経験あり
  • 右投右打

パラメーター

体力 機動 守備 投力 打力 技術 分析 精神 合計
5  7  7  7  6  8  7  8  55
 白鷹家の命運なのか体力が低い。一試合もつけど延長とかマジ勘弁。顔には出さないけど



人間関係

 弟。疾風と呼んでいる。疾風がいないときは「うちの弟がさ~」って語りだすほどには可愛い弟。
 荒瀬と呼んでいる。なんだかんだで引っ張ってくれるイイヤツ。
 灰ノ木と呼んでいる。約二年の付き合いでほぼ遠慮なくつれまわすように(隼が)なってきた。自信もって
 七瀬やマネージャーやらなんやら呼んでいる。部員に話せないことをポツポツ話したり野球以外でもちょくちょく交流する。俺はショタコンじゃない
 早乙女、諒太のどちらかで呼んでいる。中学からの付き合いな為信頼している模様。ただ俺にそういう話は求めないで。

メモ

  • 名前の由来は新幹線から。