※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレリー・クレストリア

性別:女 年齢:20歳
ジョブ:セイレーン
能力:幻・嵐・雷・水・歌
武器:コメットスター(←の名前はあくまで個別の呼称で、モノ自体はエレメントギターという楽器)
※グランドブレイカーで拾われてきたエレキギターがメンタルで動くように改造されたモノ。ついでにスピーカー一体型なので場所をとらない)
形見:-

所持能力(※歌に関する能力は同時に使用できない
炎・大地・轟雷・嵐属性のマージナル中級クラスまでの魔法は大体使える

スピークオーバー:拡声魔法。 声を広範囲まで響き渡らせる事が可能になる。
ハウリングシャウト:自身の声による大気の振動を極大化し、敵味方問わず轟音による聴覚麻痺を起こさせる
オーバーエレメントソング:歌っている間、声の届く範囲を理術系五種のうちどれかの属性のメンタルで満たし、敵味方問わずその属性の能力効果を上昇させる
アンチエレメントソング:歌っている間声の届く範囲の理術系五種と聖のうちどれかの属性スキルの効果を低下させる(※正確に言えば所持している属性と、属性優劣で優位に立てる属性を低下)
イリュージョンウィスパー:歌と幻能力による幻想結界。声の届く範囲に歌詞に応じた幻を映し出す
マニアカルソング:聞く者の気分をテンションを上げる楽しげな歌。歌能力で直接脳に訴えかけるために即効性が高い

協力スキル(パートナー:シア・セレナ)
セレスティアルコンチェルト:バード・セイレーン・ボエルジの合唱曲。メインボーカルによって効果が変わる
セレスティアルレイズ:セレスティアルコンチェルト自体が15分という長時間の詠唱となり発動する極大魔法。歌能力の特性により、術者の三人が『敵』と認識した相手にのみ極大ダメージを与える閃光が降り注ぐ。


詳細
歌って踊れる支援士、と言えばこの人! と言われる程度に有名な、歌手と支援士を兼任している女性。
歳のわりに背が低いが特に気にしておらず、むしろ可愛げで少女的な外見を武器にファンの注目を集めている。
『ロイヤルコメット』というバンドのボーカルを務めており、自らギターを掻き鳴らす様がカッコイイという評価もあったりする。
性格は明るく人懐っこいと子どもっぽい部分が強く、また”少年”的な一面もあるが、まぁ大人の分別もわきまえているので対外的には真面目。

実は元々孤児で、教会にいたころからシアと付き合いがあり、彼女を姉のように慕っている。




セレナ・リックレイン

性別:女 年齢:19歳
ジョブ:ボエルジ
能力:氷・嵐・魔・歌
武器:グラン・ディ・ヴァリエ(バイオリンの最高峰と言われている楽器)
形見:-

所持能力(※歌に関する能力は同時に使用できない
氷・風のウィッチクラスまでと、ネクロマンサの中級程度の魔法は大体使える

スピークオーバー:拡声魔法。 声を広範囲まで響き渡らせる事が可能になる。
ハウリングシャウト:自身の声による大気の振動を極大化し、敵味方問わず轟音による聴覚麻痺を起こさせる
オーバーエレメントソング:歌っている間、声の届く範囲を魔の属性のメンタルで満たし、敵味方問わず魔属性の能力効果を上昇させる
アンチエレメントソング:歌っている間声の届く範囲の魔または理術系の属性スキルの効果を低下させる
ネガティブステイト:声の届く範囲にいる敵の能力を低下させる歌
バインドウィスパー:声の届く範囲にいる敵の神経に呼びかけ身体を動けなくするが、対象の人数が多ければそれだけ効果も減退する
グルーミーソング:聞く者の気分を憂鬱にさせる暗い歌。歌能力で直接脳に訴えかけるために即効性が高い

協力スキル(パートナー:シア・セレナ)
セレスティアルコンチェルト:バード・セイレーン・ボエルジの合唱曲。メインボーカルによって効果が変わる
セレスティアルレイズ:セレスティアルコンチェルト自体が15分という長時間の詠唱となり発動する極大魔法。歌能力の特性により、術者の三人が『敵』と認識した相手にのみ極大ダメージを与える閃光が降り注ぐ。


詳細
ふらふらと大陸を歌いながら回っているボエルジの女性で、あちらこちらに固定ファンがちらほらといるらしい。
背が高くどこか落ち着いた静かな雰囲気をもち、歌のレパートリーもどこか静かで落ち着いたものが多い。
性格はクールで物静か、と思わせておいて実は照れ屋でもあり、歌を他人に聞かせるのは好きだが誉め言葉を貰うと嬉しいながらも恥ずかしい、というちょっと扱いに困る部分がある。……まぁそんな外見とのギャップが可愛いと言う連中もいるようだが。

シアとプレリーとは数年前にリックテールで行われていたのど自慢で上位3名を争ってからの仲。
歌好き、歌仲間として二人には親友として接している。


リーナ・フォルベレッツ

性別:女
年齢:22歳
ジョブ:カーディアル・・・ト・・・?
能力:聖・水・黒
武器:自筆本“相手を虐め倒す108の方法”(C・Iの印刷所を借りて作った自筆本。そこ!同人誌言わない!!)
形見:-

  • パッシブスキル
ドS(究極の加虐思考。特定能力の効果が上昇する。但し、治癒能力は著しく低下する)
鋭い視線(特定能力を指定対象へほぼ確実に命中させる)

  • 所持能力
リラ(傷を癒す)
ラリラ(傷を大きく癒す)
レ・リラ(傷を癒す方陣を作る)

 味 方 支 援 能 力 は 以 上 三 つ ! (ォィ

ダウン(攻撃力を下げる)
ダウナー(ダウン範囲)
スロウ(速さを下げる)
スロウリィ(スロウ範囲)
イレース(防御力を下げる)
イレーサー(イレース範囲)
ディクリエンス(魔法攻撃力を下げる)
ディリエンサー(ディクリエンス範囲)
ディクリン(魔法耐性能力を下げる)
ディクリナー(ディクリン範囲)
ブルーエ(命中率を下げる)
ブルーエリィ(ブルーエ範囲)
アンシェル(敵全体の防御・魔法防御を下げる)


詳細

北首都の教会に所属するカーディアルト。エルナと右肩を並べる程突拍子の無い人物。
親がアルティア教信者ということでカーディアルトになったが、
その加虐思考は留まる事は無かった。
因みに、スキルだけでなく毒舌で相手を罵る事も好む。
また、硬い思考のパラディンナイトを落とす事も(全く褒められたものではないが)趣味として持っており
愉しみといえば、パラディンナイトに減少スキルを掛けまくって無力化したのを弄ぶ事とか。
彼の北の聖騎士ヴァジル・リュークベルも大衆の前でカーディアルトに押し倒されるという痴態を晒した過去を持つ
味方に居れば心強いが、敵に居れば様々な意味で厄介な人物



テナ・ラースフォード

性別:女
年齢:48歳
ジョブ:ネクロマンサ
能力:魔(深淵)・地・轟雷
武器:アリアンロッド(「白銀の車輪」という意味を持つ。純潔を見極める能力を持ち、各教会にも管理されている錫杖)
形見:-

支援士ランク:A±(A中。48歳でのAランクステイ時期にしては標準よりややのんびり目か)

  • 所持能力
-雷-
ライトニング(雷の基本魔法)
ライトニングレイン(ライトニングの連続ボルト系魔法)
パララ(対象を麻痺にする)
パラライ(対象を強い麻痺状態にする)
パラリィ(一定範囲に電気を流し範囲対象を麻痺状態にする)
パラライズ(一定範囲に電気を流し範囲対象を強い麻痺状態にする)

-土-
グレイブ(土の基本魔法)
アースボルト(グレイブの連続ボルト系魔法)
ポイズン(対象を毒にする)
ポイズンミスト(毒の霧を発生させ、その範囲内に居た対象を毒状態にする)

-闇-
シャドウ(闇の基本魔法)
ウーンズ(闇の波動。攻撃と同時に精神を蝕む)
ブラックセイバー(黒き刃。敵に向かって飛ばす)
シャドウレライ(闇の雷を放つ黒い雲を呼び出す)
ミスト(対象を暗黒状態にする)
ダークセイバー(闇の刃。ブラックセイバーの刃で包囲して四方から切り裂く)
ヘルズレイ(死神の閃光。レイの闇属性)
シャドウピラー(地面より突き出る闇の刃)
シャドウボルト(闇属性の雷を呼び出す。シャドウレライの上位魔法)
シャドウグローブ(闇の力を内包した球体を放つ)
ダークブレイズ(自らを中心に包囲するような闇の波動を出す)
インフェナリィハグ(地面から呼び出された黒き触手は相手に絡みつき動きを封じる)
シャドウスクエア(一定範囲に闇を呼び出し、あたりを暗くする)
シャドウシェル(自分を守護する闇の盾。闇や色魔法の耐久性は在るが、物理・聖光には脆い)
バーサク(対象を狂化させる)
ブライン(一定範囲の対象を暗黒状態にする)
トライデントダーク(闇の三矛。闇矛が対象を貫き、矛が拡散した霧が精神を蝕む)
ブラックフレア(魔の炎。色魔法の炎とは違う執拗な黒炎が対象を焼く)
フォールオブアビス(闇の空間より深淵へと落下する幻覚を見せ、闇壁に打ち付ける)
ダークネスインパクト(魔の能力を点に向け。そこを爆発させる)
バーサクリィ(範囲内の対象を狂化させる)
エボニーウェーブ(相手に掛かっている補助効果を打ち消し。能力を下げる。仮にも聖光の支援能力に抗っている魔術なのでメンタルの消費は大きい)


詳細

授業用に超凡用ネクロが欲しかったので;; 機会があれば使います(汗
48歳の年齢を否定するかのような見た目16歳にしか見えないおばさん。
48歳にして支援士ランクA中は標準よりのんびり
曰く。「最近の若い子はお仕事頑張りすぎよね。身体を壊さなければ良いんだけれど~」
ある種。“闇”というものを理解した上でその能力を駆使する
また、状態異常系を巧みに使う事で戦略の幅を広げる事が出来る
性格はおっとりとしており、かなりののんびり屋



スウリ・ティコリチア

 名前:スウリ・ティコリチア
 性別:女
 年齢:16歳
 ジョブ:クリシュナ(※なりたて)
 能力:光・水・大地
 武器:テンプルソード(教会からクリシュナになる生徒に与えられる透き通るような剣。ただし性能はロングソードと同等)・白銀の刃エクレーゼ
 形見:-
 装飾品:白銀の刃エクレーゼ(※ペンダント)


所持特技

 散空斬(空破を飛ばす一撃)
 双葉(素早いニ連撃)
 ぐーぱん(ぐーでパンチ。の略。その威力は微妙に痛い)
 エレメンタルソード(武器に属性を付与する)
 キャンセルソード(印を入れた一撃により構成した術式を完全に崩壊させる剣技)

所持能力

 リラ(傷を癒す[小)
 ラリラ(傷を癒す[中)
 レ・リラ(味方範囲の傷を癒す[小)
 レ・ラリラ(味方範囲の傷を癒す[中)
 グロウ(攻撃力を上げる)
 クイック(速さを上げる)
 プロテクト(防御力を上げる)
 フォーカス(命中を上げる)
 リフレクト(魔法防御を上げる)
 ノーマライズ(状態以上回復)


奥義(※将来的に使用可能・・・・かもね[何)

 レ・ルーンティア(メンタルの流れを活性化し、味方術者のメンタル回復力を増加させ一定時間毎メンタルを癒す。消費メンタル減少・呪文の威力上昇)
 白銀の刃エクレーゼ(常にメンタルを消費し続け、天聖宝具“エクレーゼ”を稼動させる)
 レボリューション(エクレーゼを用いた一撃。敵範囲に攻撃。味方に与ダメージ分配吸収)


宝具効果:白銀の刃エクレーゼ(※効果発動中)

+武器自体が大以上の能力を受けない
+持ち主は大以上の能力を受ける時軽減される
+持ち主はエクレーゼで与えたダメージの三割ほど吸収(※天聖:半分吸収)
-エクレーゼ発動中は一定時間毎メンタルを消費し続ける(※天聖:マイナス特性除去)
-“天聖”の能力がなければ本来の能力の半分しか出せない

 とあるクリシュナ(※ルティア)との出会いをきっかけに、クリシュナに憧れた少女。
 リスティの同級生で、彼女より遅れて教会を卒業。つまりリスティと同年齢
 TOVの第一話にリスティをケルトの授業に誘った女の子(何
 エクレーゼとの出会いは幼い頃に教会を探検していた頃に見つけ、黙って持ち帰った物。
 しかし直ぐにバレるもただのペンダントの一つや二つに頓着する者も教会にはおらず、スウリの手元に残る。
 今まではただのペンダントだったが、事件をきっかけに聖天宝具として覚醒。
 エクレーゼの謎を追い。またエクレーゼを狙う者に追われながら旅立つ。
 また、孤児出の為、エルナとも認識があり、彼女をエルおねーちゃんと呼ぶ。


タキア・ノックス

 名前:タキア・ノックス
 性別:男
 年齢:16歳
 ジョブ:アポリオン
 能力:風・雷・精神
 武器:クロスボウ(十字弓という意味がある弓矢。矢を固定出来るがボウガンタイプではない)
 形見:-
 支援士ランク:C+~B-(ほぼBランクに昇格しても問題の無いCランク後期)


所持特技

 地走(地面スレスレに矢を這わせるように飛ばし、ターゲットの下から上に奇襲攻撃をしかける技)
 視殺(特殊な弾薬を矢につけて放ち、ターゲットの視界を奪う)
 袖殺(背後に物体があれば、それにターゲットの袖を縫いつける矢を放つ)
 裂破(対地這の相手に特攻ダメージの矢を放つ)
 燕落(対上空の相手に特攻ダメージの矢を放つ)
 エレメンタルアロー(属性を付加した矢をターゲットに放つ)
 符作成(符術弓技を使う為の符を作成するスキル)
 影結い(符を通し、矢を相手の影に突き刺す事でターゲットの動きを縫い付ける)
 魂縛殺(魂の大きい程より大きなダメージを与える符術弓技[※ここで言う「魂」とは戦闘能力と戦闘意志によって大きさが変動する為、ただ強いキャラに大ダメージを与えるという特技ではない])
 破魔呪浄(魂の黒さが大きければ大きいほどダメージを与える符術弓技)
 封魔対人(人に符術を立てる事で魔術・聖術の使用を禁じる符術弓技)
 封魔対陣(地面に符術を立てる事で一定円範囲の中で魔術・聖術の使用を禁じる符術弓技)

奥義

 呪怨浄念(地面に符術を立てる事でそこを聖域とし、不死・悪魔・怨霊などの相手の進入を阻み、高威力のダメージを与える)
 竜脈結い(地面に符術を立てる事で、一定円範囲の中で影が無くとも影結いの効果が発動する。ただし、その地面の豊かさが効果を左右する)
 守護方陣(地面に符術を立てる事で、対一人に絶対防御の安全域を作り出す)


 スウリと同じ孤児出の少年。こちらはハンターの時代から支援士活動をしている為にスウリよりは支援士として実績を持っている幼馴染。
 基本的に優しく面倒見が良い。暇な時は孤児院に赴きチビ達の遊び相手になることも。
 スウリからはターくんの愛称で慕われている。
 得意な仕事は、援護系。冒険者の冒険に仕事で赴いた事もしばしば



マリー・フェイティール

性別:女
年齢:18歳
ジョブ:ドールマスター(特殊召喚型ネクロマンサ)
能力:魔・海・風
武器:エレメントタクト(精霊が宿る宝石をいくつか埋め込んだ指揮棒型の杖)
形見:-

支援士ランク:B後期

  • 所持能力・理
カラーパレット:所持している色能力の『色』を投げつける魔法で、何の攻撃力も無い
マリンブルー:水の初歩魔法
アクアボルト:水の弾丸を三連射する
ウォーティランス:高圧力の水を槍のように飛ばす攻撃
クッションゼリー:弾力のある水の球体を作りだし、衝撃を吸収する
スプラッシュカーテン:自分を中心にした円状に水のカーテンを作りだす
エアスラッシュ:風の初歩魔法
ブラスト:風の塊を飛ばす
エアロボルト:風の弾丸を三連射する
エアロストライク:圧縮した空気を弾丸状にして飛ばす
サイクロン:竜巻を起こす
ウインドプリズン:風の檻を作り敵の動きを制限する
スリープ:対象を催眠状態にする

所持能力・闇
シャドウ:闇の基本魔法
ウーンズ:闇の波動。攻撃と同時に精神を蝕む
ブラックセイバー:黒き刃。敵に向かって飛ばす
ミスト:対象を暗黒状態にする
ダークブレイズ:自らを中心に包囲するような闇の波動を出す
インフェナリィハグ:地面から呼び出された黒き触手は相手に絡みつき動きを封じる
シャドウシェル:自分を守護する闇の盾。闇や色魔法の耐久性は在るが、物理・聖光には脆い
バーサーク:対象を狂化状態にする
ブライン:一定範囲内の対象を暗闇状態にする
メンタルドレイン:相手のメンタルを奪う。相手のレベルと魔法耐性、自分のレベルによって変動

ドールエフェクト
タクトの宝石の精霊・悪魔を人形に移し、基本的に一度使うとマリー自身が解除するまで悪魔・精霊の意思は人形に投影されたままになる。


詳細
人形を媒体とした魔術を使う一風変わった召喚型ネクロマンサ。
穏やかでありつつも、誰に対しても基本的にオープンな明るい性格。
どこに持ち歩いているのか大量の人形を使い魔として扱う。それが影響しているのかは定かではないが、大の人形好き。
自分自身の戦闘力は補助魔法中心と低いが、大量の人形を同時に扱うメンタルの総量は相当のもので、戦力としてはかなり高いレベル。
ただし、実際に意思を持って行動する人形はほんの一部で、他の人形はその一部の魔導人形を介して操作されている。

マリーの魔導人形

年齢:(身体となる人形が製作されてから)およそ4年
全長:20cm

  • ルーナ
所持能力:炎

主に高火力の単体攻撃魔法を得意とする精霊が宿る人形。
性格は好奇心旺盛で楽しい事が大好き、という一方でそれなりにわきまえている部分もある。
またリーダーシップがあるために他の人形達の統制に一役かっている

  • リフィア
所持能力:嵐

主に広範囲の攻撃魔法を得意とする精霊が宿る人形。
性格は強気で何に対してもどんどん進んでいくタイプ。
基本的にルーナと仲がいい。

  • サリア
所持能力:大地

主に樹木を操る魔法を得意とする精霊が宿る人形
性格は少しおとなしめで、花でも愛でている方が好きと言う。
直接的な攻撃力は低いが、相手にするとある意味一番厄介な魔法を使う人形かもしれない。

  • スノーウィ
所持能力:氷牙

攻撃、補助を問わず氷系魔法を得意とする精霊が宿る人形
性格は人懐っこい甘えん坊で、誰に対してもあまり警戒心を持たずに甘える傾向がある。
能力バランスが最も安定しているので、属性を考慮する必要が無い戦いでは起点に使われる事が多い

  • グリム
所持能力:刃

メンタルウェポンの形式で無数のナイフを召喚し、操る力を持つ人形。
性格は冷静にして冷徹。そして無口で何を考えているのかわからないが、主の命には絶対服従である。
【影より舞い出る刃】(ジャック・ザ・リッパー)の異名を持ち。物理的魔法攻撃というその異色な力は、マリーの秘密兵器クラスの威力を誇る。




ベティ・ベルレフォート

性別:女 年齢:14歳
ジョブ:ドミニオン
能力:火・嵐・黒・技
武器:鋼龍(純ミスリルで作られたハルバード。形状やデザインが飛龍と酷似している)
形見:-

支援士ランク:B初期

  • 所持能力
シルフブースト:風を纏い、速さを上昇させる

  • 所持技
チャージ:突っ込んでの攻撃
フロート:敵を上空に放り投げる技。地面に激突時にも追撃
フルスイング:吹き飛ばし効果
クロスブレイク:十字に斬り裂く技。一瞬で槍を縦と横に振り回すために、周囲にいる敵も若干巻き込むことが可能
ファーストチャージ:速攻型の突撃技。隙が少なく確実に先制を取れるが、ダメージは低い。のけぞり効果(小)
チャージストライク:力を溜め、全体重を槍に乗せて敵の懐に突撃する技。吹き飛ばし効果(中)
閃破走:直線に特攻し、その直線状に居る敵を捌いて行く技
襲破斬:旋風で敵を巻き上げ、最後に一撃を見舞う技


詳細
北側の貴族ベルレフォート伯爵の愛娘で、ティールのそっくりさん。
背丈から身体的特徴、果ては声までティールと瓜二つなため、二人が同じ格好で並ぶとどっちがどっちだかわからなくなる。
性格もどことなくティールに似ているが、流石にティールの味わったような地獄は味わっていないので達観はしておらず、性格は明るい。言うなれば『地獄を見る前のティール』と言ったところだろうか。

結構ドジなので、ティールと勘違いした人が彼女のドジっぷりを見て驚いてしまうこともあるとか。



ギン

※本名:神月(シンゲツ)
性別:女
年齢: ???
ジョブ: 夢幻剣士(魔術中心・剣・体術は無防備にならない程度)
称号:銀毛九尾(※但し、ほんの一握りの者だけが知っている呼び名)
   座敷わらし(※世間的にはこっちで通っている)
能力:幻・天水 (火・雷・風が中心)
武器1:天幻爪(※メンタルウェポン 対象の生気を奪う特性を持つ)
武器2:双刃・白陽炎(ソウジン・シロカゲロウ ※片刃剣の技術で作られた白い鉄爪、攻撃よりも相手の攻撃を捌くための作りになっている)
武器3:妖樹の草(※消耗品 彼女のキセルに入っている、炊くと魔術媒体になる煙が発生するタバコの草。
形見:―
支援士ランク:引退済(ランク不明)

備考
初代銀狐:かつて白狐の里の長『銀狐』の初代を務めていた

  • パッシブスキル
 神気功:大気よりメンタルを取り込む呼吸法、微弱だがメンタルが自然回復する
 狐爪:ツインエッジ特有の素早さは望めないが、無防備にはならない程度の『爪』の体術を扱える

  • 所持能力
 精霊剣:所持している属性魔法(主に炎・轟雷・嵐)を武器に纏わせる
 変幻:白狐族の持つ変身能力、ギンのレベルだとたいていのモノに化けることができる
 空歩:空中を足場があるかのように歩く術
 狐の嫁入り:周囲一帯に集中豪雨を降らせる
 狐火・白陽天照:ビャクヨウテンショウ。 狐火術の極意の一つ、太陽の如く強く輝く白く大きな火球を放つ
             ※他、大体の白狐族の妖術は使えるらしい

  • 所持技
 十字爪破:両の爪で十字を描くように斬り付ける
 受け流し:鉄爪で敵の物理攻撃をある程度受け流す。
 双月:上に切り上げ、下に切り下ろし、地面に叩きつける技
             ※他にもいくつか体術がある様子

 銀狐奥儀・白銀ノ陽ト月
 対象を白銀の月を思わせるような淡い光を放つ破壊球で包みこみ、同時に周囲に無数の小型の白陽天照を展開して、破壊球の解除と同時に殺到させる


詳細
白狐と呼ばれる一族の長をしていた女性。
気の遠くなるような昔に人間の男と恋に落ち、”隠れ里”を兄弟に任せて飛び出してきたという経歴を持つ。
しかし寿命の違いから死に別れ、それから一人でしばらくあちこちを転々としていた。
支援士という制度が始まってからは、興味がてら首を突っ込んでいたこともあったらしいが、とある時期に飽きてやめたという。

現在は十六夜のとあるお屋敷で座敷わらしという精霊の類ということにして居座っているが、盗人や危害を加えそうな何かからその家の者たちを裏でこっそり守っているので、あながち”住み着いた家庭から厄を退ける”という座敷わらしの立場も間違ってはいない。
……が、とある昔の彼女を知る鬼族が『物騒な座敷わらしもいたものだな』と笑いながら言っていたらしい
ちなみにそのお屋敷は、かの男と自分の子孫の家であり、座敷わらしなどと言っているのも寿命が長い自分が長く居座って見守り続けられるようにするための方便である。

外見は銀髪の小さな女の子の姿をとっていることが多いが、実際の姿はもはや不明。
寿命の長い、当時を知る鬼族ならば知っているかもしれない。

性格は結構お気楽。
一人称は”わらわ”でなんかえらそーに聞こえるが、他人との対話を見る限りではそうでもない。


ギン「……あの小童が鬼の大頭とは、長生きはしてみるものかな」
神龍丸「小童って、新月も俺と歳はそう変わらないと思うんだが……そっちも数百年ぶりに会ってみれば随分と縮んだようだな」
ギン「童の姿の方が幾分か都合がいいからな、人の集まるところなら、元の姿より居心地がいいぞ」
神龍丸「ふふ、乱菊が見たらどんな反応するか想像がつかんな」
ギン「……あの助平、かわっとらんのか。 まあ、女ならなんでもいい男だ、大人の姿だろーが子供の姿だろーが態度はかわらんだろう」
神龍丸「まったくだ。 だが俺も一人の男としては、以前の艶姿もいいと思うがなぁ」
ギン「ふん、男はみんな同じか。 そういう視線が今はうっとーしいと言ってるんだ」
神龍丸「憶えていないか、人と対立の時代には、色気で人間の生気を奪うなんてこともやってのけていた女が」
ギン「いつの話だ、いつの」

(ナンカ勝手に会話作ってゴメンナサイ by龍獅


葉月

性別:女
年齢:???
ジョブ:符術弓師(直接攻撃型)
称号:-
能力:嵐・海・雷
武器:緋吹(緋色の弓)
形見:―
支援士ランク:B-

備考:-

  • 所持能力
 属性矢(エレメンタルアロー):所持属性を付加した矢を放つ

  • 所持技
 地走:地面を這うような動きの矢がターゲットを下から上に突く
 視殺:特殊な薬弾を矢につけて放ち、ターゲットの視界を奪う。
 双矢:二本の矢を同時に放つ
 符作成:符術弓技を使う為の符を作成する
 月華:無属性単体ダメージの符術弓技
 閃:着弾点から、符に込めたメンタルを爆発させる無属性の範囲技
 水破:水属性単体ダメージの符術弓技
 水練陣:水のメンタルを込めた府を、着弾点で爆発させる属性付加の範囲技
 風波:風属性単体ダメージの符術弓技
 風華陣:風のメンタルを込めた府を、着弾点で爆発させる属性付加の範囲技
 雷迅:雷属性単体ダメージの符術弓技
 雷招陣:雷のメンタルを込めた府を、着弾点で爆発させる属性付加の範囲技
 影結い:符を通し、矢を相手の影に突き刺す事でターゲットの動きを縫い付ける
 治癒方陣:範囲HP自然回復(弱)
 精霊方陣:範囲MP自然回復(弱)


詳細
人の中で活動している白狐族の少女。
まだ若いため、強さはいたって平均的。
性格は真面目だが、ややイタズラ好きな一面も持ち、面食らう人もたまにいたりするらしい。


サガ・リンクス

性別:女
年齢:???
ジョブ:ネクロマンサ
称号:-
能力:海・風・魔
武器:サークルオブメビウス(メビウスの輪を模した飾りの魔法の杖、強力な力を感じさせる)
形見:-

支援士ランク:B

  • 備考
純種ティコ族:少女の姿から成長せず寿命が無いに等しい、また高い魔力を有する

  • パッシブスキル
魔力封印:一度の魔法で使えるメンタルが制限されている

  • 所持能力
※いくつか習得漏れはあるものの、闇系統はほぼすべて使える
異相空間:現実とやや異相のずれた空間を展開し、周囲からの影響を断つ。 範囲は狭く、その状態のままの移動はせいぜい10M
幻想の門:異界より何かを呼び出す。しかし生身のものは通れず、通常召喚されるのは精神的な悪魔や精霊などである

キャラ解説
砂漠の愚王より派遣された魔女狩りの軍隊がティコの里を襲撃した際に、所用で里を離れていたティコ族の一人。
基本的に大人のみが外に出ることを許されていたため、同族であるプリズムヒルズの魔女よりもいくつか年上である
なお、魔女とは面識はあるのだが件の事件以来、サガ自身が方々で隠れ住んでいたためと、魔女がプリズムヒルズの創造に長い時間現実と関係を絶っていたために顔を合わせてはいない。

単純な魔力の強さで言うのならAクラスなど問題にもならないレベルなのだが、表沙汰に動きすぎないためにBクラスにまで自ら力を封印している
それでも支援士をやっているのは、まぁ生きている以上生活はしなければならないからなのだが。

性格は穏やかでまじめで冷静、しかしいざという時の行動力も併せ持つ。



フィーユ・シャロルルレート

性別:女 年齢:15歳
ジョブ:ブレイザー
能力:赤・緑
武器:バスタード・ソード(両手でも片手でも使える柄の長い剣)
防具:バックラー(店で売っている初歩的な小型の盾)
形見:-

  • 所持技
自案・コメットスター:盾を回転させて飛ばす技。飛ばした盾は標的から外れると戻ってくる。フリスビー言うなっ
自棄・コメットスター:混乱した際に思わず使ってしまう。飛ばした盾が戻ってこない

詳細
まだ支援士登録して1年も経っていない新米支援士。ショートヘアのくすんだ金髪とフード付きの赤い外套が特徴。
性格は明るく活発的。日々ひたすら前進がモットーのやんちゃ娘。オツムはあまりよくないので難しい話を聞くと頭から煙がでる。
実力はレムリナム1体にはなんとか勝てるが、2体同時だとかなりきつく、3体同時だと逃げなきゃ不味い程度の力。
基本的に腕力もあまりないのに力任せに剣を振りまわしているので動きに無駄が多く、さらに戦闘中に混乱すると盾を投げつける悪癖がある。



ハロ・ラインロード

性別:女 年齢:15歳
ジョブ:ブレイブソード
能力:青・緑・黄
武器:ロングソード改
防具:リュスパ(直径1Mを超える大型の盾。普通の盾よりも高価)
形見:―
所属:プレスコット従騎士団

  • 所持技
前衛盾:全ての攻撃を自分で受ける

詳細
プレスコット従騎士団所属の見習い騎士。
盾や防具ばかりにお金を費やしたせいで未だ武器は始めた頃のまま。
趣味は読書。特に何もない時は本を読んでいるためかなりの物知りで、マージナルでもないのになぜか魔法の知識にも精通している。
怖がりで人見知りする性格の所為か周囲の異変に敏感で、危険を感じると直ぐ盾の後ろに隠れる癖がある。
幽霊やお化けの類が苦手なので、ぶっちゃけグノルや砂上墓所などには行きたがらない。
フィーユと友達でよく一緒にいる。
時折新聞などで話題になるティールに憧れていて、いつか自分もあんな風になりたいと思っているも、基本怖がりなのでちょっと無理かなぁとも思っている。


セラ

性別:女 年齢:??歳
種族:ハーフエンジェル
ジョブ:ブレイブマスター
称号:-
能力:聖・刃
武器:白刃リヴェオン(刃のない柄だけの剣、メンタルを消費して刃を形成する天壌の武器
形見:白刃リヴェオン
支援士ランク:A+

  • 種族固有能力(半天使)
翼展開:半天使ゆえに常時展開ができず、展開中メンタルを徐々に消耗する

  • 所持技
※ブレマス基本技はほぼマスター済
セラフィムブレイク:リヴェオンの刃を最大展開し、縦横無尽に周囲一帯を飛行しつつ殲滅する神聖剣技

ケル

性別:女 年齢:??歳
種族:ハーフエンジェル
ジョブ:ドミニオン
称号:-
能力:魔・速
武器:黒刃アシェリア(刃のない柄だけの両手剣、メンタルを消費して刃を形成する天壌(?)の武器
形見:黒刃アシェリア
支援士ランク:A+

  • 種族固有能力(半天使)
翼展開:半天使ゆえに常時展開ができず、展開中メンタルを徐々に消耗する

  • 所持技
※ドミニオン基本技はほぼマスター済
サタネスブレイク:アシェリアの刃を最大展開し、上空から下方に向けて叩きつける深淵の一閃

詳細(※セラ・ケル共通)
【神】に反して追放された堕天使と人間のハーフの双子。
天使の光を継いだセラと、ネクロマンサの人間の闇を継いだケル
パッと見セラは饒舌で明るく、ケルは無口で暗い――と思われがちだが、内面の感情はケルの方が振れ幅が大きく、セラはどこか冷静で冷めていたりする。
ただ姉妹の仲がよく、相手のためなら自分の命も惜しくない、という結束で結ばれている。

リヴェオンとアシェリアは堕天使により天壌から持ち出された武器。
なお、アシェリアは持ち出されたそれに興味をもったネクロマンサの研究の影響か闇の力に変質しており、その刃はリヴェオンと対極的に黒い。

リリーサレナ・ジエール

性別:女性
年齢:22歳
ジョブ:クリシュナ
称号:聖衣纏う死神(ホーリィヘル)
能力:精神・聖・生命
武器:儀礼弓"ジブリール" 天使の羽と白百合の花から作られた儀礼弓、攻撃性能はほぼ皆無。
形見:白百合小隊の旗(自分への戒めの為に持っているもの。)

パッシブスキル
   射撃聖術:聖術を矢状にして弓で飛ばす事が出来る。
        遠距離にいる仲間にリラ等を掛ける事ができ、
        上空に飛ばせば炸裂し、周囲に降り注ぐように効果が拡散する。
所持能力

聖術
※ サレナは能力の降昇、剣術、弓術が使えない、また剣を装備できない。
リラ(傷を癒す)
ラリラ(傷を大きく癒す)
レ・リラ(傷を癒す方陣を作る)
ノーマライズ(対象にかかっている状態異常、能力減少を回復する)
キュアポイズン(毒、猛毒状態を回復する)
キュアパラライ(麻痺、強麻痺状態を回復する)
リバイバル(ノイズ状態を回復する)
ラリラル(傷を完全に癒す)
レ・ラリラ(傷を大きく癒す方陣を作る)
スプラッシュ(味方全体にかかっている全ての補助効果を打ち消す)
レ・ラリラル(傷を完全に癒す方陣を作る)

ターンアンデット(自分よりレベルが低い不死系の魔物を昇天させる)
ヘブン(不死、悪魔系の敵を昇天させる。成功率は相手と自分のレベルに依存)
ヘブンリィ(悪しき者を浄化する聖なる光。一定範囲内の不死、悪魔系の敵を昇天させる)

生命魔法
リジェネーションサンクチュアリ(すべての瀕死の者をも癒す膨大な回復力)
レ・ルーンティア(メンタルの流れを活性化し、味方術者のメンタル回復力を増加させ一定時間毎メンタルを癒す。
         消費メンタル減少・呪文の威力上昇)

ライフリングツリー(癒しの光を放つ聖なる樹木を召喚する。
          木の周囲に癒しの力を持つ光球をまき散らし、
          近くにいる者の傷を癒やしていく。弱い魔物は近寄れない。
          一定時間後に消滅する。)

固有所持能力
エクゼスリラ(直訳して過剰なリラ、過剰な回復能力は対象を回復するどころか生命力を蝕む。当然メンタル消費は極大。
       元より存在はしていたが高度過ぎて現状彼女にしか使えない聖術の例、この手の魔法はほぼ単一特化型にしか使えない。)

エクステンドライフ(後述)

所持技
 クリシュナだが一切持っていない。


詳細
かつて不死身の小隊と謳われ、平和な世においてなお最強と名高かった白百合小隊の元隊長。
濃紫色の髪を後ろで束ね、薄紫色の瞳に眼鏡をかけた回復能力一点集中特化型弓クリシュナ。
ステータスの降昇不可、戦闘能力は牽制程度、更に剣は一切使えない。
リラを集束させ矢型にして弓で飛ばしたり(見た目はショッキングな回復魔法)、
ノーマライズを弓を使って上空に飛ばし拡散、範囲化させたりと非常に多芸。
回復能力という点だけでは本家のカーディアルトすら凌ぐプロフェッショナル。

元々クリシュナ志望のアリスキュアだったが、ある時出会ったカーディアルトに一目惚れ。
そのカーディアルトの影響で途中から必死で回復魔法の勉強をしたのでこんな変な形になったクリシュナ。
また、リジェネレーションサンクチュアリとレ・ルーンティアを両方使える稀少な人物。

更にリジェネレーションサンクチュアリとレ・ルーンティアを組み合わせる事で
エクステンドライフという固有聖術を持ったいたりする。

エクステンドライフ:そう名付けられているだけで実質、レ・ルーンティアと同時にリジェネレーションサンクチュアリを複合詠唱する事で起こる謎の現象。

効果:発動中だけ味方が死ななくなる空間を構築する。…というより回復が被ダメージを超えてしまう事によるノーダメージ現象が起こる。
   発動後、発動中に本来死ぬようなダメージを受けていた場合、肉体を残して魂だけが抜けて死ぬ。
   メンタルには限りがあるので延々と生かし続ける様な事は不可能。
   実質、死ぬことがわかってて無理やり戦わせるだけの聖術である。 当然、現在は教会側から禁術と認定されている。
   またこの魔法の危険性が判明したきっかけは白百合小隊の全滅が初出、使用した当の本人すらここまでの術とは知らずに使っていた。

この術から自分の事を"聖衣纏う死神(ホーリィヘル)"と自嘲する事があり、一度この術で自分の担った小隊を全滅させた事がある。


前述の通り回復能力への知識の深度はカーディアルト以上である為、特別臨時講師を務めたりもする。
尤もクリシュナとしての本来の能力が大きく削がれている為、現在は教壇に立つ時間の方が圧倒的に長い。
弓使いなのにとても視力が悪い眼鏡っ子、回復能力を延々と勉強していた時期に本の読み過ぎで目を悪くしたらしい。
眼鏡が無いとろくにものが見られない、というか眼鏡を外してる状態だと元よりものを見ること自体を諦める。
むしろ今ではクリシュナだと気付く生徒の方が少ないかも…

…ここまでいい事を言っていたが彼女はリックテール三大要注意人物の一人であり、ガチユリである。
(周囲にあまり認知されてはいない、周囲からの認識はすごく優しくて美人な先生?)
こっそり隠れてやっている為、彼女の毒牙にかかった女性は探せば結構いる。未遂を含めると余裕で三桁は行く
また、ロリコンでもあり幼い少女を見て興奮を隠せない淑女。(Yesロリータ・Noタッチ)
まあ美人ならどっちでもイケるクチらしくお姉様系も大好きらしい。
一応弁護の為に言っておくが百合じゃなければ凄くいい人である。
犯る時は犯るし、やる時はやる人。

今のところはエルナがお気に入りらしい。
何かと理由をつけてはリエステールに行き、教会に走りエルナを狙う。(性的な意味で)
満面の笑顔で追うサレナ(ただし目は笑っていない)、全速力で逃げるエルナ。(追いつかれたら犯られる)
サレナの本性を知っていない人間にとっては微笑ましく感じる光景である。(本人は必死だが)
また、南部では白百合小隊の元隊長である以上に、あのエルナが全力で避ける人物…という意味で一目置かれる存在でもある。