※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あの頃は

友達と遊んでいればよかった。

幼馴染の友達と毎日一緒に学校から帰って、

電話をかけて一緒に遊んだ。

これが永遠に続くものだと思っていた。





その時は。




小学校4年生の頃

夢のマイホームを目指し、父母はぎりぎり手の届く範囲の

小さな一軒家を持ち家にした。

「転校するよ。」

突然の事に 私は勿論戸惑った。

生まれてからずっと住んでいた場所は思い出に満ちていて

そこを離れるなんて 私の中では 想定外の出来事だった





「転校するの?どこに?」





「遠いところ。ここからは3時間くらいかかるよ。」




「学校、通えないの?私3時間なら大丈夫だよ。」




「馬鹿ね。無理よ。」




母は そう言い捨てた
















母は 綺麗な人だった

母には 幼いころから両親がいなくて 施設で育った






「あそこは悪夢の場所だったわ。あんなところ、人間の住むところじゃない。絶対に悠紀にはあんな思いはさせないからね。」





よく そう言って私の頭をゆっくり撫でた

私はそんな母が


































たまらなく 嫌いだった