*E95−2 フェイク攻撃まとめ2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作戦

(地形)
高高度
  • 高空で雲の上の為視界を遮るものがない。
  • 地上に比べ空気が薄いので空気による揺らぎが少ない。

(陣形)
対空用I=D
1、一直線の縦隊で敵に対して攻撃を仕掛ける。
2、正面の敵からは1機しか視認できない状態で接近し、射程距離にはいると同時に横隊に変化。
3、方位角の変化に敵の照準が追い付かないうちに集中攻撃でしとめる。
4、仲間同士はある程度離れた位置に陣取り、爆撃に巻き込まれないように注意。

(装備)
  • 弾薬は榴弾を用いる。相手が高速で飛行しているため相対速度が大きく、破片によるちょっとした傷も致命傷になる。
  • FTC(雨雪抑制回路)解除、微細な反射波も検知測定。
  • MTI(移動目標指示器)を広域設定。
  • I=Dの通信回線やナショナルネットなどにより常に情報リンクできているため、敵情報を速やかに伝達することで命中率を高める。
  • 独立したセンサー系による自動迎撃
  • FCSによって随時弾道修正を行う事で命中率を上げる
  • 対空ミサイルは近接信管で破片をばら撒き、またミサイル自体の画像赤外線センサーで自動追尾出来る
  • 複数の方角から機関砲やミサイルを撃つことで互いにカバーしあう

《I=D》
フェイク2
  • 巡航用タービンジェット:巡航用エンジンを搭載し長々距離への進出能力を持つ。
  • 最終加速用収束ロケットブースター:優れた最高速度と加速性を機体に与える増槽の切り離しと多段式ロケット
  • 運動エネルギーミサイル(通称ジャベリン):ランスが使用する高速小弾頭弾に加速用固体ロケットモーターを取り付けたフェイクの主砲。ミサイル化されているため弾頭の誘導が行われ、ランスより命中性能が上がっている
  • 運用:本機は巡航用エンジンにより高高度を保ったまま長々距離へと進出し敵警戒網と対空火力を突破。攻撃目標を発見するとロケットブースターによって加速、急降下→急上昇によるヒット&アウェイにて目標を撃破する


《主砲》
  • 弾頭の誘導性能を最大限に利用。素早く照準を合わせ、攻撃を行う。
  • その際レーダーの情報と重ね、目標との誤差を最小限に抑える。
  • ただし作戦上、余裕をもって照準をあわせることはできないので、全てを素早く行う。
  • また、敵の移動も考慮する必要もある。それらをカバーするため、数機である程度重ねて撃つ。
  • 重ねて撃つ際、味方間で角度(方角)を変えての射撃を行う。角度・時間差を組み合わせて連携攻撃。
  • 射撃後は素早く移動できるように備えておく。全ての動きをつなげて行う。

≪白兵≫
  • 足場がないので、ふらつかないように姿勢制御は綿密におこなう。
  • バーニアを吹かして俊足で間合いを詰める。
  • 速度前回で上空から勢いをつけて相手に向かっていく。
  • 連続攻撃ではなく、一撃離脱を行う。打撃を与えたあとは全力で敵と距離をおく。
≪近距離≫
  • 常に相互支援体制を敷き、狙った敵を確実に撃破する。
  • センサー類の電子情報は、チーム内で共有できるようにする。
  • 敵の位置情報を共有する事によって、死角を無くす。
  • 死角を見せた敵を優先的に叩く。
  • 各機は役割を分担し、敵を追い込むようにして効率良く撃破する。
  • 頑強な敵に対しては、火力を集中させ、確実に撃破する。
  • 敵機より速度が速い場合はハイヨーヨー、敵機より速度が遅い場合はローヨーヨー、で敵機の背後より接近して攻撃を行う。
  • 単独で先行せず、2〜3の味方機とのコンビネーションを心がける。
  • ロックオンしている間、攻撃機はある程度拘束を余儀なくされるので、補助機で攻撃機を援護する。
  • 赤外線シーカーで目標を追尾するミサイルには、予め目標の形を認識させ、フレア対策とする。

≪中距離≫
  • 光学照準と電子照準による補正を組み合わせ、正確に攻撃する。
  • 複数の攻撃を組み合わせ、回避を困難にする。
  • ECMやジャマーで敵の索敵・回避行動を阻害、攻撃の正確性を向上させる。
  • 敵との距離を正確に把握し、有効射程距離内に収める。
  • 各機の連携を緊密に行い、確実に敵を撃破する。
  • 遠距離からの一斉発射の可能性が高いので、相互干渉をしないように打つ。
  • 光学照準が届かない距離でも、電子照準を合わせる。
  • オペレーターによって、電子照準用の情報は多く得られている。
  • 砲弾の破片効果が上手く望めるよう、敵の密集地を狙う。
  • 広帯域データパスによって、電子照準の補正を効率的に行う。
  • 発射タイミングに合わせて機体の軸を安定させ、主砲の軌道及び初速を効率よく保つ。
  • ロングレンジでデータリンクしつつロックオン

(体術)
  • 十分な照準をおこなっての集弾は見込めないので通過予測範囲に弾丸をばらまいて当てる事を第一とする
  • 予想目標到達時間から逆算して早めに射出。この際、レーダーサイト等からの情報フィードバックをリアルタイムで行い、射撃誤差を可能な限り軽減する。
  • 高速で飛行しているため敵は細かな空戦機動は取れず、機動予測が容易である。
  • 進行の妨害と本体の撃破とに役割を分担させ、効率を高める。
  • 射角は出来るだけ広範囲を確保する。
  • 撃ちっぱなしによって連射速度を高く保てる
  • 対象の危険度から優先順位を選定、順番に撃破する。


SS



イラスト


http://namelessworld.natsu.gs/sakura/sanbou_BBS/img/1755.jpg
秘書官パイロット 投稿者:阿部火深@FVB


http://namelessworld.natsu.gs/sakura/sanbou_BBS/img/1753.jpg
鍋 黒兎さん(秘書官機・一号機.) 投稿者:島鍋 玖日@鍋の国

http://namelessworld.natsu.gs/sakura/sanbou_BBS/img/1750.jpg
フェイクトモエ 飛翔 投稿者:イク@玄霧藩国

http://namelessworld.natsu.gs/sakura/sanbou_BBS/img/1752.jpg
鍋山雨花子さん(秘書官8号機 投稿者:鍋谷いわずみ子@鍋の国

http://namelessworld.natsu.gs/sakura/sanbou_BBS/img/1754.jpg
島鍋玖日さん(秘書官機・13号 投稿者:田鍋 とよたろう@鍋の国

http://namelessworld.natsu.gs/sakura/sanbou_BBS/img/1749.jpg
鍋 黒兎さん(秘書官機・一号機 投稿者:田鍋 とよたろう@鍋の国

フェイクトモエ 飛行 投稿者:イク@玄霧藩国

攻撃 フェイクトモエ 投稿者:イク@玄霧藩国


Re: 【フェイクトモエ】 投稿者:可銀@世界忍者藩国


フェイクトモエとパイロット 投稿者:アポロ@玄霧藩国


秘書官団機のつもり 投稿者:つきやま まつり@ヲチ藩国


フェイクトモエ 投稿者:イク@玄霧藩国

応援

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。