ルール > アイテム > アヌベス・ゼウヤーヴの香り貴き蜜

アヌベス・ゼウヤーヴの香り貴き蜜


 一般に”媚薬”と表現される。さらさらした薄黄色の蜜。かすかに青臭い香りがするが、味も匂いもうっすらとしたもので、特に気にとめるものではない。人間用。日常的に存在する数100種類の物質からつくられており、特殊な材料を必要とするわけではなく、魔力もない。
 これを一定量摂取したものは、1時間ぐらいでやんわりとした性衝動を感じるようになる。まず、発汗、喉の渇き、体の奥からの熱っぽさが起こる。MAXTHPでPOTに抵抗を行うこと。摂取した量にもよるが、適量ならばPOTは4D6程度である。
 抵抗に失敗すると、意識が混濁し始める。思考のほとんどを性的な妄想が占めるようになり、かなりの意志をもたなければ、近くの異性へのアプローチを押しとどめるのは難しい。1時間毎に、POW×5を行うこと。これに失敗すると、欲求にしたがった行動をとってしまう。
 意志で押しとどめるのに成功しても、集中できないことから、欲求を満たすことに関係しない行動には{耐えている時間×5%}のペナルティーを受ける。逆に、欲求を満たすための行動には恐ろしい集中力を発揮し、{耐えている時間×5%}がボーナスとして加えられる。
 この媚薬の恐ろしいところはその効果時間である。抵抗に失敗した場合、1週間ものあいだ犠牲者を悩ませる。欲求を処理すれば媚薬の効果が消えたように思われるが、2D6時間後に再び現れる。
 抵抗に成功すれば、肉体的に準備状態に入ってしまうものの、軽いペナルティーを受けるだけで(行動に-20)、1日で効果が消える。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る